設計上の決定:アプリケーションに関する考慮事項

Microsoft OfficeとMicrosoft 365は、現在Citrix が提供している最も人気のあるワークロードの1つです。Microsoft とシトリックスの両社は、Azure の Citrix セッションから Microsoft 365 を実行する際に、最高のユーザーエクスペリエンスを開発するために協力してきました。彼らのコラボレーションにより、最高のソリューションを提供するのに役立つアプリケーション、プロセス、ガイダンスが作成されました。Citrix サーバーでホストされている他のアプリケーションがあり、分析してAzureに移行する必要がある可能性があります。これらのアプリケーションには、アプリケーションが存在する場所に関係なくアクセス可能でなければならないアプリケーションデータがあります。アプリケーションとアプリケーションデータについて答える必要がある質問は次のとおりです。

VDAがホストするアプリケーションをMicrosoft 365と統合するにはどうすればよいですか?

  • オフィスをインストールするときは Office 365 ProPlus を使用してください

  • Microsoft 365では、共有コンピューターのライセンス認証をサポートするプランが必要です。これは、すべてのマルチユーザーセッションホストに必要です。

  • ゴールデンイメージに Office をインストールした後は、Office アプリケーションを開かないでください。1 つの Office アプリケーションを開く場合は、イメージをリセットして一時キーを削除する必要があります。これにより、ユーザーレベルのライセンス認証が妨げられます。イメージをリセットするには、Office をアンインストールし、再起動してから Office を再インストールします。

  • Office 2010 や 2013 など、KMS ライセンスを使用する以前のバージョンの Office では、KMS サーバーが Azure クラウドからアクセス可能であることを確認する必要があります。次の方法のいずれかを使用して、KMSサーバをCitrix ワークロードにアクセス可能にすることができます。
    • KMS サーバーを Azure クラウドに移行する
    • ExpressRoute またはサイト 2 サイト (S2S) 仮想プライベートネットワーク (VPN) のいずれかを使用して、オンプレミスのデータセンターを Azure に接続する
  • FSLogix および Office 365 コンテナーを使用する場合は、次の手順に従って Windows Search と統合し、各ステップの間に再起動します。
    • Windows Search サービスの自動スタートアップ (遅延なし) を構成します。この構成は Office をインストールする前に完了し、Office が必要なフックを設定するようにする必要があります。
    • Microsoft オフィスをインストールします。
    • FSLogix エージェントをインストールします。
    • Windows Search が必要ない場合は、サービスを無効にできます。サービスを無効にする前に、インストール手順を完了してコンピュートリソースを節約し、サービスを無効にします。この方法では、後で必要になった場合、サービスを簡単に有効にすることができます。

Citrix ワークロードでFSLogixを使うべきですか?

  • Microsoft GPO を使用して Microsoft 365 Office のすべての設定を管理する

  • Microsoft FSLogixは、Microsoft365統合を処理するための推奨されるアプローチです。Outlook検索、OutlookPST、およびOfficeのライセンス認証をシームレスに処理します。

  • Microsoft は、Microsoft 365アプリ1704以降でSSO (ADFS) を使用することを推奨しています。

    • ADFS が使用可能な場合は、 「フェデレーション組織の資格情報を使用して Office を自動的にアクティブ化する」 GPO を有効にし、GPO セキュリティログオンで自動ログオンを構成します。
    • ADFSが利用できない場合は、FSLogixまたはCitrix プロファイルマネージャーを使用して、次のレジストリキー %localappdata%\ Microsoft\ Office\ 16.0\ Licensing を同期し、Microsoft 365トークンをユーザーとローミングします

Outlook はどのように設定すればよいですか? (キャッシュモードかオンラインモード)?

  • 次の条件に当てはまる場合は、Exchange キャッシュモードを使用します。
    • FSLogixやCitrix Profile Managerなどのプロファイル管理ソリューションを使用して、OSTファイルと検索インデックスを管理できます。
    • ユーザーは応答性の高いメールシステムを必要としている
    • Outlook クライアントとメールサーバー間の接続に遅延が長いか、頻繁に中断される
  • 次の条件に当てはまる場合は、オンラインモードを使用します。
    • 低レイテンシーのネットワーク接続が利用可能
  • Active Directory グループポリシーを使用して Outlook Exchange モードを構成します。推奨される設定には次のものがあります。
    • ファイル > Exchange キャッシュモード
    • 同期設定
    • 高速アクセスを無効にする
    • Exchange キャッシュモードを使用する
    • キャッシュファイル

Citrix Profile Management を使用する場合、Microsoft 365にはどの設定を使用すべきですか?

  • Citrix Profile Management を使用する場合は、これらの項目を使用して堅牢なユーザーエクスペリエンスを提供し、OST/PSTストレージの場所と検索インデックスの場所をサポートします。

    • Citrix プロファイルマネージャーの最新バージョンを使用します。最新バージョンには、Outlookのネイティブ検索や大容量ファイル処理などの機能があり、Outlookを最適化します。
    • 大容量ファイル処理を有効にして、OST/PST ファイルを Azure Files に保存できるようにします。
    • Citrix Profile Management の構成には、次のフォルダーとレジストリを含めます。
      • %localappdata%\Microsoft\Office\16.0\Licensing
      • %localappdata%\Microsoft\Credential
      • AppData\Local\Microsoft\Credentials
      • AppData\Local\Microsoft\Windows\WebCache
      • AppData\LocalLow\Microsoft\CryptnetUrlCache
      • AppData\Local\Microsoft\Outlook
      • AppData\Local\Microsoft\Vault
      • AppData\Local\Microsoft\Office
      • AppData\Local\Microsoft\Office\*.qat
      • AppData\Local\Microsoft\Office\*.officeUI
      • AppData\Local\Microsoft\Windows\UsrClass.*
      • HKCU\Software\Microsoft\Office\16.0\Common\Identity\DisableADALatopWAMOverride

アプリケーションデータはどこに保存すべきですか?

  • Azure Migrate または Movere を使用して、アプリケーションの移行を評価および計画する

  • ソフトウェアが Azure でサポートされているかどうかを確認するには、アプリケーションベンダーに問い合わせてください。ストリーミングにPVSを使用する予定の場合は、ベンダーが第2世代のVMをサポートしていることも確認します。

私のデータは私のアプリケーションに対してどこにあるべきですか?

  • Azure から送信されるデータには、下り料金が発生します。アプリケーションとそのデータをできるだけ近くに保つようにしてください。理想的ではありますが、この構成は常に可能というわけではありません。データをアプリケーションの近くに保つことができない場合は、データ間のレイテンシーを最小限に抑えることに集中してください。

データの場所を決定する際に考慮すべきコストは何ですか?

  • アプリケーションとそのデータの両方が一緒に Azure に移動できないハイブリッドクラウド環境で作業する場合は、まずアプリケーションを移動してから、アプリケーションデータを移動します。このアプローチでは、データ送信料金が削減されます。

Citrix Workspace をMicrosoft 365およびMicrosoft Teams と統合するにはどうすればよいですか?

  • マルチセッションホストの場合は、VDAがゴールデンイメージにインストールされた後にMicrosoft Teamsをインストールし、ALLUSER=1フラグを使用してc:\program ファイルの下にインストールします

  • Microsoft Teams エージェントの更新では、新しいバージョンをインストールする前に以前のバージョンをアンインストールする必要があります。

  • Citrix Microsoft Teamsのリダイレクトポリシーを[許可]に設定します

  • Microsoft Teams は Azure Transport Relay に依存しており、次のポートと IP アドレス範囲にアクセスできる必要があります。
    • UDP 3478-3481
    • TCP 443
    • 137.106.64.0/18
    • 52.112.0.0/14
    • 52.120.0.0/14
  • Citrix Directorのアクティビティマネージャーを使用して、WebSocketAgent.exe、WebSocketService.exe、CtxSvcHost.exe などのMicrosoft Teams アプリケーションを監視します

他のリソースへのリンク

macOS上のMicrosoft Teams 向けCitrix 最適化

Microsoft 365アプリをオペレーティングシステムイメージの一部として展開する

Citrix Profile Management レイヤーとCitrixユーザー個人設定レイヤー用のAzure Files

FSLogix Office 365コンテナがCitrix Ready になりました

Microsoft 365ネットワーク接続の原則

CitrixenAppおよびXenDesktop 7.x向けのMicrosoft オフィス365

Citrix Virtual Apps and Desktops 環境におけるMicrosoft Teams の最適化

Microsoft Teamsの監視、トラブルシューティング、およびサポート

設計上の決定:アプリケーションに関する考慮事項

この記事の概要