設計上の決定:コスト最適化

オンプレミスとクラウドの両方のワークロードでCitrix Autoscale を使用するにはどうすればよいですか?

  • デリバリーグループのクラウドワークロードにタグを付けることで、クラウドワークロードをバーストキャパシティまたはビジネス継続性のために使用します。これらのタグ付けされたワークロードを電源管理するようにAutoscale を設定します。選択的電源管理機能を使用して、オンプレミスのワークロードを優先するようにゾーン設定とフェイルオーバーを設定します。

  • Autoscale 動的プロビジョニング機能を、ウォーターマークの少ないマシン数と高いマシン数で使用します。このアプローチはコストを削減し、高負荷下での需要をサポートします。この機能は、月額料金が高いインスタンスタイプに特に役立ちます。

  • 使用量と容量のパターンを一貫して予測できる場合は、スケジュールベースのスケーリング機能を使用して使用可能な容量を管理します。30 分以内に開始するように設定を構成します。キャパシティバッファと組み合わせると、スケジューラは、キャパシティがオンラインになるのをユーザーが待つことを防ぎます。

  • Autoscale を有効にするときは、大きいインスタンスよりも小さいインスタンスを優先します。小さいインスタンスはより速く消耗し、より早くオフラインになります。

Windows 10マルチセッションとWindows Server OSのどちらを使うべきですか?

  • Windows 10マルチセッションは、Windows Server オペレーティングシステムよりも約 10% 低い密度です

  • Windows 10 マルチセッションでは、サーバーオペレーティングシステムでは利用できない Windows ストアにユーザーがアクセスできます。

  • Azure Virtual Desktops (AVD) エンタイトルメントでは、基本の VM 価格 (Linux 価格) が付与され、通常の Windows VM 価格よりも大幅に節約できます。

他のリソースへのリンク

Autoscale設計

設計上の決定:コスト最適化

この記事の概要