設計上の決定:画像のレイヤリング

オンプレミスのデータセンターで使用するのと同じユースケースに、Azure 内で App Layering を使用します。

  • 大量のマシン作成サービス (MCS) イメージを管理する
  • MCSで非永続VDAホストを使用するユーザーに永続デスクトップを提供する
  • Virtual Delivery Agent (VDA) ホストの再起動を制限する

注: AApp Layering には第1世代の仮想マシンが必要で、Provisioning Services(PVS)には第2世代の仮想マシンが必要なため、2つのサービスは現在互換性がありません。

App Layering は、Azure でもオンプレミスとほぼ同じように機能します。ここでは、App Layering に関する質問をいくつか紹介します。

Citrix App Layering をオンプレミスで使用することと、Azureクラウドで使用することの違いは何ですか?

各アプリケーションとその関連ソフトウェアは、それぞれのレイヤーにインストールする必要があります。これらのガイドラインは、レイヤーを計画するのに役立ちます。

基本オペレーティングシステム (OS) レイヤー

新しい OS イメージから開始し、単一の OS レイヤーのみを使用し、リストされているデプロイモデルから [ Resource Manager ] を選択します。

  • [ 管理対象ディスクを使用する] オプションは選択しないでください。Azure では、Layering にはストレージアカウントが必要です。

  • OS が IP アドレス指定に DHCP を使用するように設定されていることを確認します。

  • D: ドライブにページファイルがある Azure VM を使用している場合は、OS レイヤーをキャプチャする前に C: ドライブに戻します。この変更により、イメージは引き続き本番環境に正しくデプロイされます。この要件は、単一ディスク OS イメージキャプチャプロセス中の一時的なものです。

  • UNATTEND.TXT ファイルはレイヤー処理によって自動的に削除されるため、使用したり含めたりしないでください。

  • ngen.exe を使用して .NET 実行可能ファイルを事前にコンパイルします。

  • ビルトイン管理者を 「パスワードは無効」に設定します。

  • サーバーOSビルドの場合、PowerShell 実行ポリシーを制限なしに設定し、PSRemotingを有効にします。

  • OS レイヤーに App Layering サービスをインストールします。

  • KMS ライセンスを使用している場合は、App Layer OS Machine Tools をインストールし、KMS スクリプトの指示に従います。Citrix App Layering OSマシンツールには、Microsoftライセンスの複雑さを自動的に処理し、構成ミスを防ぐための特別なスクリプトが含まれています。

プラットフォーム層

プラットフォーム層は主に、他のインフラストラクチャに接続する基本 OS 層に含まれていないソフトウェアで構成されています。

  • Active Directory ドメインに参加し、ユーザー名が DOMAIN\ Username の形式であることを確認します。ユーザー名だけのデフォルトのリクエストは無視してください。

  • プロビジョニングソフトウェア、Citrix VDA、およびCitrix Workspace 環境マネージャーをこのレイヤーにインストールします。

イメージを公開する

イメージテンプレートを作成し、それを使用して MCS のイメージを公開します。

  • 新しいイメージは、ストレージアカウントのコンテナ citrix-al-imagesに VHD として表示されます。

  • App Layeringのバージョンが4.15より前の場合は、イメージをAzure仮想マシンに接続して仮想マシンを起動し、 Sysprepがそのタスクを完了できるようにします

  • App Layering のバージョンが 4.15 以降の場合は、イメージを Sysprep しないため、MCS 用 Azure コネクタを使用します。

  • マシンカタログを作成または更新するときに、ストレージアカウント内のディスクファイルをゴールデンイメージとして選択します。

Azure で App Layering を使用するにはどのような権限が必要ですか?

  • Enterprise Layer Manager(ELM)仮想アプライアンスにアクセラレーテッドネットワーキングを使用して、パフォーマンスを向上させます。

  • ELM アプライアンスは、Azure サービスプリンシパルを使用して Azure リソースにアクセスします。サービスプリンシパルと ELM をインストールするユーザーの両方が、少なくとも App Layering が使用するリソースグループに対するコントリビューター権限を持っている必要があります。

  • パッケージングマシンとイメージレイヤーに Azure Premium Storage を使用して、パッケージング時間を短縮します

AzureクラウドでAApp Layering を使用してMicrosoft 365とKMSのライセンスをサポートするにはどうすればよいですか?

  • Microsoft OfficeをすべてのOfficeアドオンを含む独自のレイヤーに配置する
    • Office を既定の場所にインストールします。
    • インストールおよびパッケージングプロセス中は、Office アプリケーションを開かないでください。
    • 最適化スクリプトで 、必ず 「KMS 経由で MS Office のライセンス認証」 を有効にし、インストールされている Office 製品のバージョンのみを選択してください。 このスクリプトは、Microsoft Office が既定の場所にインストールされている場合にのみ正常に実行されます。
    • Office 2013以降のすべてのバージョンのMicrosoft オフィスでOffice2013Windows81_Prep.cmdを実行します 。これにはMicrosoft 365が含まれます。
  • ユーザーがアプリケーションレイヤーに大きなファイルを保存できる場合は、より大きなレイヤーサイズを使用します。後でレイヤーサイズを大きくして大きな PST ファイルや OST ファイルをサポートするのは困難です。

Elastic Layersはクラウドのどこに保存されていますか?

  • Elastic Layer は、ユーザーがログオンしてアプリケーションへのアクセスを提供すると動的にマウントされます。Elastic Layer は通常、ネットワークファイル共有に保存されます。

  • エラスティックレイヤーは 100% 利用可能でなければなりません。Elastic Layerが短時間でも利用できない場合、すべての接続レイヤーが失敗し、問題を解決するにはVDAホストを再起動する必要があります。エラスティックレイヤーファイルを常時利用可能なストレージに保存するオプションは次のとおりです。

    • アプリケーションデータ用のスケールアウトファイルサーバー
    • Azure Files (プレミアムストレージを推奨)

他のリソースへのリンク

Citrix Cloud が管理するAzureでのApp Layering 化

App Layering で Office をセットアップする方法 (レシピ)

Azure でレイヤー化するための OS イメージの準備

設計上の決定:画像のレイヤリング