設計上の決定:移行に関する考慮事項

Citrix サーバーは、Hyper-V、VMware vSphere、物理サーバーなど、さまざまなプラットフォームでホストできます。Citrix クラウドに移行する上で最も時間のかかる部分は、計画プロセスです。計画プロセスでは、移行の最適なパスを決定するために、検出と分析の両方が必要です。分析の最終結果は、移行計画を提供する文書です。Citrix Workload Migrationsについて回答する必要がある質問は次のとおりです。

Citrix VDAホストをAzureに移行するにはどうすればよいですか?

  • Azure Migrate は Azure サービスと統合し、他のサードパーティツールをサポートします。Azure Migrate は、オンプレミスのデータセンターから Azure への移行プロセスを完了するのに役立ちます。

アプリケーションとアプリケーションデータを Azure に移行するのに役立つユーティリティはありますか?

  • Azure Migrate には、現在の環境を検出して評価し、アプリケーション、サーバー、データの Azure への移行を計画するのに役立つツールが含まれています。

キャパシティプランニングに Azure を使用するにはどうすればよいですか?

  • 可能な場合は、Azure Migrate Server 評価を使用して移行を計画します。

  • Movere (Microsoft SaaS オファリング) は、移行評価を支援するもう 1 つのMicrosoft ツールです。Movere は、Microsoft ソリューション評価および Microsoft クラウドエコノミクスプログラムを通じてのみ利用できます。

アプリケーションデータを Azure に移動するにはどうすればよいですか?

  • Azure Migrate は、Citrix ワークロードを含むすべてのサーバーの移行を支援する Azure VMware ソリューションツールをプレビューで提供します。

  • Azure VMwareソリューション (AVS) 統合を使用して、オンプレミスデータセンター内の他のvSphereワークロードと同様に、Citrix VDAワークロードをプロビジョニングします

Azure VMware ソリューション

オンプレミスのデータセンターで現在 VMware 仮想化を使用している場合、Azure VMware Solution (AVS) を使用すると、次の利点があります。

  • クラウド移行サポート:最大500台の仮想マシンを同時に複製するなど、VMware環境間でデスクトップとアプリケーションを簡単に移行できます。

  • 使い慣れた管理:管理者は VMware のインターフェイスに精通しており、管理ツールとインターフェイスに慣れています。

  • データセンター拡張:データセンター拡張を使用して、バースト可能な容量を提供し、リモートロケーションをサポートします。データセンターの拡張は、AVS内で提供される迅速な弾力性を利用することにより、需要の高い時期、災害復旧、またはビジネス継続性の際に役立ちます。

他のリソースへのリンク

Azure VMware ソリューションとは何ですか?

Azure 移行

Microsoft Azure Resource Manager仮想化環境

VMware VM を Azure に移行する

ワークスペース環境マネージャーの移行

Citrix Virtual Apps and DesktopsのオンプレミスからCitrix Cloudへの移行

Citrix Virtual Apps and Desktops をVMware vSphereからMicrosoft Azureに移行する

リファレンスアーキテクチャ:Virtual Apps and Desktops サービス-Azure

VMware の移行方法を選択する

評価ツールと移行ツールの選択

Windows 10 展開ガイド

設計上の決定:移行に関する考慮事項