設計上の決定:VDI モデルの比較

概要

最適なVDIモデルの選択は、まずユーザー・グループを適切に定義し、VDIモデルの機能と要件を一致させることから始まります。ユーザグループの定義には複数のアプローチがありますが、多くの場合、ユーザグループを部門に合わせるのが最も簡単です。通常、同じ部門または組織単位内のほとんどのユーザーは、同じアプリケーションのセットを使用します。

ユーザーのセグメント化

部門の規模によっては、固有の要件を伴うユーザーのサブグループがあります。定義された各ユーザグループは、次の基準に基づいて評価され、部門ユーザグループをさらに特殊なユーザグループに分割する必要があるかどうかを判断します。

  • プライマリデータセンター — 各ユーザーには、仮想デスクトップ、データ、アプリケーションサーバーをホストするプライマリデータセンターまたはクラウドリソースの場所が割り当てられています。現在使用しているデータセンターではなく、ユーザーが割り当てられているデータセンターを特定します。ユーザーは、プライマリデータセンターに基づいてグループ化されるため、各データセンターごとに独自のデザインを作成できます。
  • パーソナライズ – パーソナライズの要件は、ユーザーグループごとに最適なVDIモデルを判断するために使用できます。たとえば、ユーザーグループで完全なパーソナライゼーションが必要な場合は、最適なソリューションとして個人用デスクトップをお勧めします。次の3種類の分類があります:
個人設定 条件
なし ユーザーは、キオスクなど、ユーザーまたはアプリケーションの設定を変更できません。
基本 ユーザーはデスクトップおよびアプリケーションのユーザーレベル設定を変更できます。
完全 ユーザーは、アプリケーションのインストールなど、すべての変更を加えることができます。
  • セキュリティ - セキュリティ要件は、ユーザーグループごとに最適なデスクトップおよびポリシー(または複数ポリシー)を判断するために使用できます。たとえば、ユーザーグループに高いセキュリティが必要な場合は、ホストされたプールデスクトップまたはローカル仮想マシンデスクトップを最適なソリューションとして推奨します。次の3種類の分類があります:
セキュリティレベル 説明
ユーザーは、仮想環境の内外で、データを移動できます。
すべての認証トラフィックとセッショントラフィックはセキュリティで保護されるため、ユーザーは仮想環境をインストールまたは変更できません。
高速 トラフィックの暗号化に加えて、(印刷やコピー/ペーストなど)のデータはデータセンターから出ることはありません。環境へのすべてのユーザーアクセスが監査されます。
  • モビリティ - モビリティの要件は、ユーザーグループごとに最適なデスクトップモデルを判断するのに使用できます。たとえば、ユーザーグループが断続的なネットワーク接続を経験している場合、アクティブなネットワーク接続を必要とするVDIモデルはすべて適用できません。次の4種類の分類があります:
モビリティ 条件
ローカル 常時同じデバイスを使用し、内部の、高速で安全なネットワークに接続されています。
ローミングローカル 内部の、高速で安全なネットワークで、さまざまな場所から接続します。
リモート 外部の、速度が一定ではなく、安全ではないネットワークから接続します。
  • デスクトップ損失の重要度 — デスクトップ損失の重要度を使用して、必要な高可用性、負荷バランシング、フォールトトレランス対策のレベルを決定します。たとえば、ユーザーのリソースが使用できない場合にビジネスに高いリスクがある場合、そのユーザーにはローカルデスクトップが割り当てられません。そのローカルデスクトップに障害が発生した場合、ユーザーは自分のリソースにアクセスできません。次の3種類の分類があります:
デスクトップ損失の重大度 条件
製品、プロジェクトまたは収益に重大なリスクはありません。
製品、プロジェクトまたは収益にリスクの可能性があります。
高速 製品、プロジェクトまたは収益に重大なリスクがあります。
  • ワークロード:ユーザーがアクセスするアプリケーションの種類と数は、全体的な密度と適切なVDIモデルに影響します。 高品質のグラフィックスを必要とするユーザーは、ローカルデスクトップ実装またはプロ仕様のグラフィックスデスクトップを使用する必要があります。次の3種類の分類があります:
ユーザーの種類 特性
1~2個の業務アプリまたはキオスク。
マルチメディアの使用が少ない2~10個の業務アプリ。
高度なマルチメディア、データ処理、またはアプリケーション開発

注: パフォーマンスのしきい値は、プロセッサ、メモリ、またはディスクの使用率に基づいて識別されません。これらの特性はアプリケーションの合理化とデスクトップ最適化プロセスによって大幅に変化します。ユーザーの管理ツールとオペレーティングシステムは、移行プロセス中に変更される可能性があります。代わりに、ワークロードは、ユーザーが実行するアプリケーションの数や種類に基づいて評価されます。

種類 フィールドからの経験
公益事業会社 ある大手電力会社が、組織内のすべてのユーザーに関するデータを収集しました。ユーザーのセグメント化処理中、組織の既存の役割の定義は、十分適切に定義され、同じ役割のすべてのユーザーが同じ要件を共有していることが判明しました。これによって、グループごとに特定の数のユーザーをレビューするための時間を大幅に削減できました。
自治体 政府機関は、各役割におけるユーザー要件、特にセキュリティとデスクトップロスの重要度について、大きな違いがあることを発見しました。そのため、各ユーザーは慎重にレビューして、適切にグループ化されていることを確認する必要がありました。

VDIモデルを割り当てる

物理デスクトップのように、1つの種類のVDIですべてのユーザー要件を満たすことはできません。異なる種類のユーザーは、異なる種類のデスクトップを必要とします。単純さと標準化が必要な場合もあれば、高いレベルの性能とパーソナライズが求められる場合もあります。組織全体に単一のVDIモデルを実装すると、必然的にユーザーの不満と生産性の低下につながります。 シトリックスは、VDIテクノロジの完全なセットを1つのソリューションに統合して提供します。各モデルには異なる利点があるため、重要なのは、組織のユーザーグループごとに適切なモデルを選択することです。 次の一覧では、各VDIモデルの概要を説明します。

  • ホストされるアプリ - ホストされるアプリモデルは、ユーザーにアプリケーションインターフェイスのみを提供します。このアプローチは、集中管理され、ホストされたアプリケーションをユーザーのローカルPCにシームレスに配信します。ホストされるアプリモデルは、少ない業務アプリケーションの管理をシンプルにする必要がある組織で活用されることが多いモデルです。ホストされるアプリには、次の種類があります:
    • Windowsアプリ - Windowsアプリモデルは、サーバーベースのWindowsオペレーティングシステムを活用し、多くのユーザーが単一の仮想マシンモデルにアクセスします。
    • VM Hosted Apps - VM Hosted Appsモデルは、デスクトップベースのWindowsオペレーティングシステムを活用し、単一のユーザーが単一の仮想マシンモデルにアクセスします。このモデルは、多くの場合、Windows 2008、Windows 2012、Windows 2016などのマルチユーザーオペレーティングシステムで発生するアプリケーションの互換性の問題を解決するために使用されます。
    • Linux アプリ — Linux アプリモデルは、サーバーベースの Linux オペレーティングシステムを使用するため、多数のユーザーが単一の仮想マシンモデルにアクセスすることになります。
    • ブラウザーアプリ – ブラウザーアプリモデルは、サーバーベースのWindowsオペレーティングシステムを活用し、ローカルの優先ブラウザーのタブでアプリを配信します。この方法は、ユーザーが好みのブラウザ(Internet Explorer、Microsoft Edge、Google Chrome、Mozilla Firefoxなど)を使用したいが、Webアプリケーションは特定のブラウザにのみ互換性がある場合に、組織がブラウザの互換性の課題を克服するためのシームレスな方法を提供します。
  • 共有デスクトップ – 共有デスクトップモデルでは、複数のユーザーデスクトップが単一のサーバーベースのオペレーティングシステム(Windows 2008、2012、2016、Red Hat、SUSE、CentOS、Ubuntu)からホストされます。共有デスクトップモデルは、低コストで密度の高いソリューションを提供しますが、アプリケーションにはサーバーベースのマルチユーザーオペレーティングシステムとの互換性が必要です。さらに、複数のユーザーが 1 つのオペレーティングシステムインスタンスを共有するため、アプリケーションのインストール、システム設定の変更、およびオペレーティングシステムの再起動など、他のユーザーに悪影響を与えるアクションの実行がユーザーによって制限されます。
  • プールデスクトップ — プールされたデスクトップモデルでは、各ユーザーにランダムな一時的なデスクトップオペレーティングシステム (Windows 7、Windows 8、および Windows 10) が提供されます。ユーザーごとにオペレーティングシステムのインスタンスを受け取るため、総合的なハイパーバイザーの密度は、共有デスクトップモデルに比べて低くなります。ただし、プールされたデスクトップでは、アプリケーションがマルチユーザーに対応し、サーバーベースのオペレーティングシステムをサポートするという要件が必要ありません。
  • 個人用デスクトップ – 個人用デスクトップモデルは、静的に割り当てられた、カスタマイズ可能な、永続的デスクトップオペレーティングシステム(Windows 7、Windows 8、Windows 10、Red Hat、SUSE、CentOS、Ubuntu)を各ユーザーに提供します。ユーザーごとにオペレーティングシステムのインスタンスを受け取るため、総合的なハイパーバイザーの密度は、共有デスクトップモデルに比べて低くなります。ただし、個人用デスクトップでは、アプリケーションがマルチユーザーに対応し、サーバーベースのオペレーティングシステムをサポートするという要件が必要ありません。
  • Proグラフィックデスクトップ – Proグラフィックデスクトップモデルは、各ユーザーにハードウェアベースのGPU(Graphics Processing Unit)を提供し、より高品位のグラフィックコンテンツを可能にします。
  • ローカルストリームデスクトップ — ローカルストリームデスクトップモデルでは、ローカルPCハードウェア上で実行される、一元管理されたデスクトップを各ユーザーに提供します
  • ローカル仮想マシンデスクトップ – ローカル仮想マシンデスクトップモデルは、ネットワーク接続がなくても機能する、ローカルPCハードウェアで実行される集中管理されたデスクトップを各ユーザーに提供します。
  • リモートPCアクセス - リモートPCアクセスデスクトップモデルは、静的に割り当てられた、従来のPCへの安全なリモートアクセスを提供します。リモートPCアクセスデスクトップモデルは、すでに展開されているデスクトップ PC を利用するため、多くの場合、展開が最も速く、最も簡単な VDI モデルです。

各ユーザーグループを次の表と比較し、ユーザーグループ全体の要件に最も合う VDI モデルを判断します。多くの環境で、1ユーザーがデスクトップVDIモデルとアプリVDIモデルを同時に活用することがあります。

| ユーザーセグメンテーションカテゴリ | ユーザーセグメンテーションの特性 | ホストされたアプリ | ホストされた共有デスクトップ | ホストされたプールデスクトップ | ホストされた個人用デスクトップ | ホストされたProグラフィックデスクトップ | リモートPCアクセス | | — | — | — | — | — | — | — | — | | Workload | | Light | Best | Good | Good | Good | Bad | Good | | | Medium | Good | Best | Best | Good | Good | Good | | | Heavy | Bad | Bad | Bad | Good | Best | Good | | Mobility | | Local | Best | Best | Best | Good | Good | Good | | | Roaming Local | Best | Best | Best | Good | Good | Good | | | Remote | Best | Best | Best | Good | Good | Best | | Personalization | | | None | Best | Best | Best | Bad | Good | Good | | | Basic | Best | Best | Best | Bad | Good | Good | | | Complete | Bad | Bad | Bad | Best | | Best | | Security | | | Low | Good | Good | Good | Good | Good | Good | | | Medium | Best | Best | Best | Good | Good | Good | | | High | Good | Good | Best | Bad | Good | Bad | | Criticality | | | Low | Good | Good | Good | Good | Good | Good | | | Medium | Best | Best | Best | Good | Good | Bad | | | High | Best | Best | Best | Bad | Good | Bad |

以下は、Citrix Consultingが長年の経験に基づく主な推奨事項です。これらに従っていることを確認してください:

Citrix Consultingからの成功のヒント

  1. Windows アプリ、共有デスクトップ、およびプールされたデスクトップから開始する — VDI 機能の表に示されているように、Windows アプリ、ホストされた共有デスクトップ、およびプールされたデスクトップモデルは、ほとんどの状況で使用できます。必要なVDIモデルの数を減らすことで、導入時間を短縮し、管理を簡素化できます。
  2. 完全一致 — ユーザーグループに完全に一致する VDI モデルを選択できない場合があります。たとえば、安全性が高いと同時に完全なパーソナライズ機能を提供するデスクトップをユーザーに提供することはできません。このような場合は、ユーザーグループに対する組織の最優先事項に最も近いVDIモデルを選択してください。
  3. デスクトップの損失の重大度 - デスクトップの損失の重大度が高いユーザーグループのニーズを満たすVDIモデルは3つしかありませんが(バックアップデスクトップを利用可能)、完全なパーソナライズが可能なモデルはありません。デスクトップ損失の重要度が高いのユーザーグループで、デスクトップをカスタマイズする機能も必要な場合は、プライマリデスクトップに加えて、バックアップデスクトップのプール(ホスト共有、プール)が提供されます。これらのデスクトップにはプライマリデスクトップに対するカスタマイズは含まれませんが、ユーザーはメール、インターネット、Microsoft Officeなどのコアアプリケーションにアクセスできるようになります。
  4. 操作およびメンテナンスを考慮する - VDIモデルを決定する場合、各VDIモデルの継続的なサポートを考慮する必要があります。たとえば、プールデスクトップは既知の良好な状態に再起動できるため、各デスクトップが一意の個人用デスクトップに比べてメンテナンスの手間が省けます。
設計上の決定:VDI モデルの比較