リファレンスアーキテクチャ:Citrix Service Provider のContent Collaboration ワークスペース統合

オーディエンス

このドキュメントは、IT の意思決定者、コンサルタント、ソリューションインテグレータ、クラウドエンジニア、および CSP パートナーを対象としています。Citrix Workspaceと統合された CSP Content Collaboration 環境を展開しようとしているのは誰です。

概要と範囲

この記事では、CitrixService Provider (CSP)がContent Collaboration サービスを顧客および購読者に再販したいというアーキテクチャに関するガイダンスを提供します。リファレンス・アーキテクチャは、Service Provider が小規模なサブスクライバベースから広範なユーザーベースへの拡張を支援することを目的としています。

Citrix CSPリファレンスアーキテクチャは、柔軟性を考慮して設計されており、実装のどの段階でも、事実上あらゆるインフラストラクチャ内にホスティング環境を実装するために使用できます。

このドキュメントでは、Content Collaboration インフラストラクチャの設計と実装について説明します。ベンダーにとらわれないことを意図し、使用中の特定のテクノロジーについて共通の文言を使用しています。

このバージョンのリファレンスアーキテクチャは、CitrixService Provider 向けContent Collaboration のワークスペース統合に重点を置いており、原則として新しいContent Collaboration 再販業者向けに設計されています。

今後のバージョンでは、CSP のWorkspace Service全体をカバーするために、リファレンスアーキテクチャの範囲を継続的に拡大しています。

Content Collaboration とワークスペースの統合

CSP Content Collaboration リセラーサービスは、プラットフォームを提供し、お客様のコラボレーションの管理と展開を簡素化します。 CSP Content Collaboration により、Service Provider 、顧客、およびユーザーに対して、真のビジネスクラスのデータセキュリティが実現します。お客様は、完全な制御を維持しながら、どこからでも、あらゆるデバイスでファイルにアクセスし、同期し、安全に共有することができます。自動化されたフィードバックと承認ワークフローを含めて、生産性を合理化および最大化します。

Content Collaboration 制御サブシステム

Citrixは、Citrix Onlineデータセンターで管理および制御機能を維持し、提供します。制御サブシステムは、ファイルの内容に関連しないさまざまな操作を処理し、ストレージゾーンのヘルスチェックを実行します。

ストレージゾーンコントローラ

StorageZone

データストレージを提供するシングルテナントまたはマルチテナントの場所です。CitrixService Provider が顧客データをオンプレミスまたはパブリッククラウドに保存できる場所。

ストレージゾーン

ストレージ ゾーン コネクタ

SharePoint サイト、サイトコレクション、ドキュメントライブラリなど、ドキュメントまたは指定されたネットワークファイル共有への安全なアクセスをユーザーに提供する

ストレージゾーン

Citrix Service Providerのアーキテクチャモデル

Content Collaboration を使用するには、CitrixService Provider がリセラーアカウントを持っている必要があります。お客様、ユーザー、ストレージ・ゾーンの管理を可能にします。

CitrixService Provider で使用できるストレージオプションは2つあります。

-オンプレミスまたはCitrix Cloudシングルテナント -オンプレミスマルチテナント

サービス・プロバイダは、複数のストレージ・ゾーンを使用して顧客をホストできます。ただし、構成を設定した後でストレージ・ゾーンを切り替えることは容易ではありません。ストレージ・ゾーン間でのデータの移行が必要

シングルテナントのストレージゾーン

第1の選択肢は、サービス・プロバイダが各自のストレージ・ゾーンで個々の顧客を管理することです。このモデルの利点は、他の顧客からの完全な分離です。通常、専用のリソースロケーション内に配置されます。これらのストレージゾーンは、CSPまたはお客様のデータセンター内に配置することも、Citrix Cloudのストレージを使用することもできます。

リソースの場所

このモデルにより、顧客と CSP が最大の柔軟性を得られます。ただし、お客様ごとに専用のコンポーネントとリソースが必要です。

CSP-Image-001

マルチテナントストレージゾーン

2 番目のオプションは、Service Provider が共有コントロールプレーンとストレージゾーンで複数のカスタマーを管理することです。共有リソースの場所と連携することで、構成を簡素化し、ワンタイムプロセスを削減できます。CSPは、お客様の迅速な追加を可能にし、複雑さとコストを軽減します。

CSP-Image-002

管理

Content Collaboration のための CSP リセラーアカウントの設計。お客様のアカウントとストレージ・ゾーンを一元的に制御および管理するため、お客様のアカウントの下でも追加の制御が可能です。組織のユーザー設定を柔軟に管理できる

ストレージゾーンの管理

ストレージゾーンを管理するには、CSP パートナークラウドアカウントに接続し、[管理]

CSP-Image-003

次に、[詳細設定] と [テナント管理] を選択します。

CSP-Image-004

管理された顧客の一覧が、[テナント管理] の下に、ストレージゾーンの場所とライセンスの使用状況とともに表示されます。

CSP-Image-005

顧客を管理するには、アカウント名のハイパーリンクを選択すると、ShareFile.com の下の [顧客Content Collaboration] 設定ページにリダイレクトされます。Citrix Cloudで管理するには、[顧客の管理]ページのリンクを使用します。

障害回復についての注意事項

Service Provider がContent Collaboration サービスを追加するには、まずクラウドアカウントでサービスをアクティブ化する必要があります。次に、ディストリビュータから提供されたストッキングSKUを使用して、サービスをCitrixService Provider リセラーアカウントに変換します。関連するCitrixリージョンにContent Collaboration サブドメインを作成する。クラウドアカウントのマッチング。米国以外のパートナーは、Content Collaboration サービスを追加する前に、サービスの地域と場所を確認する必要があります。

Workspace の統合

Citrix Service ProviderのContent Collaboration サービスの優れた機能の1つ。ワークスペースに顧客とユーザーを簡単に追加し、アプリケーション、デスクトップ、およびファイルサービス間の統合を可能にする機能を備えているか

ストレージゾーンの準備

リセラーアカウントの設定後、Service Provider は、シングルまたはマルチテナントのストレージゾーンをアカウントに追加できます。お客様を追加する前に、ストレージ・ゾーン・コントローラの準備とインストールが必要です。

ストレージゾーンコントローラをインストールし、ストレージゾーンを作成する

展開プロセス

Citrix Service ProviderのContent Collaboration リセラーアカウント

Content Collaboration サービスを展開するために、CitrixService Provider は新しいアカウントを要求できます。CSP チームは現在、既存のリセラーとテナントをリンクする手順に取り組んでいます。

CSP-Image-006

リセラーアカウントが使用可能になると、CitrixService Provider は、新規または既存の顧客にContent Collaborationを追加できます。

Citrix Service ProviderのカスタマーContent Collaboration アカウント

Service Provider リセラーアカウントを使用すると、Content Collaboration サービスを既存の顧客に追加できます。

新しい顧客をオンボードするには、クラウドポータルの [顧客] セクションに移動します。顧客を選択し、[サービスの追加] を選択し、[Content Collaboration サービス] を選択します。

CSP-Image-007

サービスを追加すると、リセラープロセスが開始されます。

お客様のユースケースを選択します。この情報は、カスタマーサービスの識別とレポート作成に役立ちますが、サービスの構成には影響しません。

CSP-Image-008

お客様に固有のContent Collaboration サブドメインを選択し、[可用性の確認]

CSP-Image-009

アカウントの種類 (エンタイトルメント) を選択します

CSP-Image-010

必要なプランを選択してください

プラン機能のリストはここにあります:

Citrix Content Collaboration 機能マトリックス

CSP-Image-011

Content Collaboration サービスのマスター管理者とサポートの詳細を設定する

CSP-Image-012

お客様のストレージゾーンを選択します (続行する前に、パートナーがホストするシングルおよびマルチテナントのストレージゾーンを構成する必要があります)。

CSP-Image-013

マルチテナントが選択されている場合は、関連する StorageZone

CSP-Image-014

StorageZone プロセスが完了すると、サービスはお客様に追加され、すぐに使用できるようになります。

顧客管理

お客様のContent Collaborationサービスの管理者およびユーザーの管理は、お客様のContent Collaboration サービスの下で管理されます。カスタマークラウドアカウントにあります。これは、管理がService Provider クラウドアカウントの下にあるCitrix Virtual Apps and Desktops サービスとは異なります。

ロールベースのアクセス制御

CSP がContent Collaboration サービスを管理できるようにする。[ID とアクセス管理] フォームで管理者に追加する必要があります。Content Collaboration 管理者ロールを選択します。

CSP-Image-015

Workspace の統合

ワークスペースの統合を有効にするには、[Customers Cloud] アカウントで、[ワークスペースの構成]、[サービスの統合] の順に選択し、[有効にする]

CSP-Image-016

作業領域使用可能ユーザーの追加

ワークスペース統合でユーザーを追加するには。Content Collaboration ユーザーと Active Directory 内の対応するユーザーとの間には、接続が必要です。したがって、電子メールアドレスは連続する必要があります。たとえば、

Content Collaboration のメールアドレス

CSP-Image-017

Active Directory 電子メールアドレス

CSP-Image-018

ユーザーが Active Directory の samAccountName または UPN を使用して、ワークスペースにログオンしたとき。アプリケーションまたはデスクトップが割り当てられていない場合でも、Content Collaboration が統合されます。

ソース

このリファレンスアーキテクチャの目的は、お客様独自の実装計画を支援することです。この作業を簡単にするために、お客様独自の詳細な設計と実装ガイドに適応できるソース図を提供したいと考えています。 ソース図

参照ドキュメント

CSP CVAD RA

CSPとCitrix Content Collaboration

Citrix Service Provider — ShareFileサービスを数分で提供!

オンプレミスのストレージゾーンとのContent Collaboration

Azure IaaS 上のストレージゾーンContent Collaboration

Citrix Virtual Apps and Desktops サービスによるCitrix Files展開ガイド