参照アーキテクチャ:SD-WAN マルチリージョン

オーディエンス

このドキュメントでは、Citrix SD-WAN マルチリージョン展開のフレームワーク、設計、およびアーキテクチャについて説明します。このドキュメントでは、SD-WAN オーケストレータを使用した Citrix SD-WAN ソリューションの提供についても説明します。

このドキュメントは、IT 意思決定者、ネットワーク管理者、ソリューションインテグレータ、パートナー、クラウドService Provider 、Managed Service Providerを対象としています。

Citrix SD-WAN の概念と用語に関する十分な知識を得るには、「Citrix SD-WAN 単一リージョンリファレンスアーキテクチャ 」を参照してください。

Citrix SD-WAN マルチリージョンアーキテクチャ

Citrix SD-WAN マルチリージョンアーキテクチャは、複数のリージョンに大規模なメッシュネットワークを持つ複数のブランチオフィスを持つ組織に適しています。このような大規模な組織では、Citrix SD-WAN マルチリージョンアーキテクチャを展開できます。各リージョンの最大クライアントノードサポートは、選択したデバイスモデルによって制約されます。サポートされるリージョンの数は、6000 サイトに分散しているネットワーク設計と展開に基づいています。サポートされるサイト数は、以前のリリースの 2500 から 11 でした。

マルチリージョン SD-WAN ネットワークは、複数のリージョナルコントロールノード (RCN) を制御するマスターコントロールノード (MCN) を備えた分散ネットワークアーキテクチャをサポートします。各 RCN は、それぞれのリージョン内の複数のクライアントサイトを制御します。MCN は、オプションで、デフォルトリージョンとして示される一部のクライアントサイトを直接制御するために使用することもできます。この階層型の分散型アーキテクチャにより、地域管理のより大規模で効果的な委任が可能になります。マルチリージョンアーキテクチャで動作する場合、MCN はオーバーレイ内のすべてのクライアントノードへの直接静的仮想パス接続を行う必要がなくなります。MCN として選択されたデバイスモデルで、サポートされる最大スタティック仮想パスの制限を超えてオーバーレイを拡張できるようにする。

サポートされる静的仮想パスの最大数は、プラットフォームごとに決定されます。Citrix SD-WAN のデータシートを参照してください。マルチリージョン展開のスケール機能は、オーバーレイ内の MCN および RCN として動作する選択したプラットフォームによって制限されます。初期設計にはさまざまなバリエーションがありますが、各展開では、必要な総数のサイトをサポートするという最終目標と、拡張する余地を考慮する必要があります。マルチリージョン展開では、最大 128 のリージョンがサポートされます。以前のリリースでは、サポートされるリージョンの数は 64 でした。

Citrix SD-WAN マルチリージョン概念アーキテクチャ

大規模なお客様向けの SD-WAN マルチリージョン展開の高レベルのアーキテクチャは次のとおりです。

SDWAN_RCN-RA-Image-1

マスターコントロールノード(MCN)

マスターコントロールノード(MCN)は、時刻同期、ルーティング更新、およびブランチデバイスのハブを担当する中央の SD-WAN デバイスです。MCN 展開は、SD-WAN Orchestrator を介して実現できます。配置には、冗長性を提供するプライマリ MCN とセカンダリ MCN を設定できます。また、MCN は、サイトに 2 つの SD-WAN デバイスがある HA 構成で構成できます。MCN はネットワークのコントローラとして機能するため、1 つのアクティブデバイスだけが MCN として指定され、その他のデバイスはすべて RCN またはクライアントノードとして指定する必要があります。

地域制御ノード(RCN)

地域制御ノード(RCN)は、階層型ネットワークアーキテクチャをサポートし、マルチリージョンのネットワーク展開を可能にします。MCN は複数の RCN を直接接続して制御します。各RCNは、複数のクライアント・ノードを直接接続して制御します。機能と責任が似ているため、リージョン制御ノードは、リージョンの MCN としても考慮されます。

クライアントノード

MCN または RCN または SD-WAN Orchestrator から設定を受信し、他のブランチオフィスへのオーバーレイ機能の確立に関与する、ブランチサイトのアプライアンス。リージョンには複数のブランチサイトが存在できますが、ネットワーク内のクライアントノードの最大数は、RCN または MCN として選択されたデバイスプラットフォームによって制限されます。

SD-WAN Orchestrator

MCN、RCN、およびクライアントノードアプライアンスは、デバイスの管理インターフェイスを使用してインターネット経由でクラウドベースの SD-WAN Orchestrator に接続するように構成されています。SD-WAN Orchestrator は、構成とソフトウェアをすべての SD-WAN デバイスに並行して配布するために使用されます。また、監視およびレポート作成のために、すべての SD-WAN デバイスからデータをポーリングします。

SD-WAN マルチリージョンアーキテクチャのユースケースの例を見てみましょう。

ユースケース例:金融顧客ネットワークの設計

複数の支社を持つ大規模な金融機関。さまざまな国や地域に広がっています。各ブランチのネットワーク設計は、ブランチのサイズと WAN およびインターネットリンクの要件によって異なります。各地域の支店は、ユーザ数、WAN またはインターネットリンク、および帯域幅要件に基づいて、小、中、および大規模に分類されます。

この組織は、アメリカ地域に400サイト、EMEA地域に300サイト、APJリージョンに500サイトがあります。これらの地域サイトはすべて、利用可能なプライベートおよびパブリック WAN リンクを介して接続されます。この組織のSD-WANテクノロジーを必要とするサイトの総数は 1200 です。各リージョンには、そのリージョンのブランチサイトのローカルセットをサポートするデータセンターとして示されるサイトがあります。

ペイン・ポイント(SD-WANなし)

この大規模なネットワークを管理し、安定性とスケーラビリティを確保することは、組織にとって重要なポイントです。ネットワークは異なるリージョンに分散しており、これらのネットワークデバイスは、各サイトで個別に監視および管理されます。

地域ブランチの 1 つでネットワーク障害が発生し、ダウンタイムや生産性の損失を引き起こす場合に、複数の地域で発生した大きな停止。IT マネージャは、ブランチオフィスのネットワークを地域全体のネットワークに分離し、管理を容易にし、地域レベルでネットワークを監視することを熱望しています。この分離は、複数の地域でダウンタイムを回避するのに役立ちます。

新しいアプリケーションが頻繁に追加されるにつれて、帯域幅の要件は急速に増大します。追加の予算が必要なため、ITチームはWANリンクまたは帯域幅をアップグレードすることは困難になります。これらの問題は、ビジネス目標にマッピングされる、一貫性のないアプリケーション配信とパフォーマンスの原因となります。

帯域幅の量、特定のアプリケーションの消費量、およびそれらの性能の可視性の欠如は、もう1つの大きな課題です。

最後に、既存のネットワークアーキテクチャでは、企業の帯域幅、コスト、パフォーマンスを最適化するために、リンク間のトラフィックを効率的にルーティングできません。

お客様の既存のネットワーク設計は、次のとおりです。

SDWAN_RCN-RA-Image-2

この企業のCTO(CTO)では、課題を克服し、管理の簡素化、拡張性の向上を実現するために、次のような機能を備えたソフトウェア・デファインドWANソリューションを求めています。

  • クラウドベースの集中管理ツールを使用して、リージョン内およびリージョン全体にわたるすべての支店ネットワークを接続し、ネットワーク全体を管理、監視します
  • リージョンレベルおよびグローバルレベルでのコントロールプレーンとブランチネットワークデバイスの健全性、リンクステータスの管理
  • ダイナミックパス選択によるオーバーレイネットワークの作成を許可する
  • 使用可能な帯域幅を集約するためのリンクの負荷分散と有効利用
  • 支社の 1 つまたは複数のリンクで、障害またはパフォーマンスの低下時のダウンタイムを回避する
  • IT部門は、技術更新を通じてルータとファイアウォールを排除することにより、ブランチサイトのネットワークフットプリントを統合可能
  • 支店間またはブランチからデータセンター間の特定のアプリケーションプロトコルについて、サービス品質を向上させ、アプリケーションアクセラレーションを向上
  • 繰り返されるWANリンクのコストを削減し、すべてのリンクを効果的に活用
  • 低コストのブロードバンドと4G LTE接続 WAN リンクを活用して、低帯域幅の MPLS を補強
  • ブランチレベルでローカルインターネットブレイクアウトを有効にして、ブランチから直接クラウドベースのアプリケーションやソーシャルメディアにアクセス可能
  • ゲスト Wi-Fi と社内ネットワークトラフィックを分離して、ネットワークのセキュリティを強化する
  • SD-WAN ブランチと非 SD-WAN ブランチとのシームレスな接続を可能にする
  • マルチレベルのセキュリティでクラウド移行をサポートし、ブランチオフィスのインターネットクラウドへの直接接続を実現
  • 強力な暗号化、アプリケーションレベルのセキュリティポリシー、およびデータセグメンテーションにより、WAN 全体およびクラウドへのデータの保護
  • WAN 最適化とクラウド接続のサポート

Citrix SD-WAN の実装

単一のマスターコントロールノード(MCN)のサイトサポートを超えて拡張するには、マルチリージョンアーキテクチャを使用します。マルチリージョン展開では、ネットワークはリージョンに分割され、各リージョンはリージョンコントロールノード (RCN) によって管理されます。その後、MCN は複数の RCN ノードを管理して、必要に応じてネットワークを拡張できます。Citrix SD-WAN は、このお客様に関する前述の課題と課題をすべて解決し、マルチリージョンアーキテクチャにより、1200サイトをサポートする必要性を直接解決します。もっと詳しく議論しましょう:

SD-WAN Orchestrator を使用すると、大規模ネットワークをより効率的に管理し、環境をインテリジェントに拡張できます。リージョナルコントロールノード(RCN)は、MCN スタティック仮想パスの制限をオフロードし、リージョナルグループ構造を使用してネットワークを管理するために導入されます。

SD-WAN Orchestrator は、その後の構成およびソフトウェアの配布用の配布ポイントです。SD-WAN Orchestrator がない場合(つまり、代わりに SD-WAN センターを使用)、その責任は MCN および RCN で示されたデバイスに対して提供されます。SD-WAN Orchestrator を使用すると、大規模ネットワークの監視と管理が簡単になり、これらのデバイス上のリソースは、ネットワーク管理ではなくオーバーレイ配信に利用されます。

ディザスタリカバリ用の Secondary Geo MCN および RCN の概念は、マルチリージョン展開で展開できます。WAN-to-WAN 転送ノードと中間ノードの概念により、マルチリージョン展開に付加価値が追加されます。

統合されたCitrix SD-WAN マルチリージョンアーキテクチャを採用した金融顧客向けのハイレベルな設計は次のとおりです。

SDWAN_RCN-RA-Image-3

リージョン

SD-WAN アーキテクチャのリージョンは、顧客が定義する地理的管理ドメインまたは管理用ドメインです。通常、大規模なネットワークを 2 つ以上の論理セグメントに分割します。リージョン内の MCN ノード、RCN ノード、および Client ノードは、インターネットトラフィックおよびブランチ通信用の MCN または RCN を介したプロキシのバックホール要件の可能性があるため、近接遅延にすることをお勧めします。

マルチリージョン展開の場合、デフォルトリージョンはマスターコントロールノード(MCN)に関連付けられます。MCN は、複数の地域制御ノード(RCN)と一部のクライアントサイトを直接管理します。各 RCN は、複数のクライアントサイトを管理します。

SDWAN_RCN-RA-Image-4

MCN および RCN 冗長性

マスターコントロールノード(MCN)は、オーバーレイネットワークのヘッドエンドアプライアンスです。これは、オーバーレイのマスターコントローラとして機能し、クライアントノードの中央管理ポイントとして機能するため、MCN の可用性が非常に重要です。MCN の最大可用性を確保するには、高可用性ペアで展開し、別のペアをセカンダリ Geo MCN として追加して、冗長性のレベルを高めることを推奨します。

セカンダリ Geo MCN または RCN 構成では、プライマリサイトとは異なる地理的場所(プライマリデータセンターなど)にあるサイトが、ディザスタリカバリを有効にするように構成されます。これは、MCN の最大可用性を確保するためであり、セカンダリジオMCNと呼ばれています。

セカンダリ Geo MCN は、プライマリ MCN の健全性を継続的に監視します。プライマリ MCN に障害が発生すると、セカンダリ Geo MCN がアクティブ MCN の役割を引き継ぎます。セカンダリ Geo MCN アプライアンスは、プライマリ MCN と同じプラットフォームモデルではない場合があります。アプライアンスモデルは、使用状況、帯域幅要件、およびサポートするサイト数に基づいて選択できます。プライマリ MCN への仮想パスを確立しているサイトの数は、セカンダリ Geo MCN サイトへの 2 番目の静的仮想パスを持つ必要があります。このため、プライマリ MCN とセカンダリ Geo MCN の両方の責任で使用するように選択したモデルは、必要な数のスタティック仮想パスをサポートする必要があります。

セカンダリ Geo MCN を設定する最良の方法は、既存の MCN のクローンを作成することです。MCN 構成の大部分を保持しています。サイトのクローンが作成されると、そのサイトの構成設定のセット全体がコピーされ、 セカンダリ Geo MCN 設定に従って変更されます。

MCN と同様に、RCN の動作は同じです。プライマリ RCN とセカンダリ Geo RCN を設定でき、上記のすべての機能は RCN にも適用されます。

SDWAN_RCN-RA-Image-5

MCN/RCN高可用性

Citrix SD-WAN アプライアンスは、アクティブまたはスタンバイの高可用性(HA)ロールのアプライアンスのペアとして、高可用性構成に展開できます。高可用性構成では、フォールトトレランスを保証するために、同じサブネットまたは同じサイト内に2つのアプライアンスが構成されます。

ネットワーク内の MCN、RCN、およびクライアントノードに対して、高可用性を設定できます。サイト間の HA の依存関係はありません。つまり、プライマリ MCN サイトが HA に展開されている場合、セカンダリ Geo MCN サイトも HA に展開されている必要はありません。

高可用性の設定については、 製品ドキュメントとFAQを参照してください。

SDWAN_RCN-RA-Image-6

SD-WAN スケーラビリティ

Citrix SD-WAN を使用すると、ITはピアサイトで使用可能なWANリンク間の各WANパスでオーバーレイトンネルを作成できます。各 WAN パスは仮想 IP アドレスを使用して、トンネルのエンドポイントを表します。ピア SD-WAN サイト間のすべての WAN パスの集約は、単一の仮想パスを提供するために集約され、静的仮想パスまたは動的仮想パスと呼ばれます。ピア SD-WAN サイト間で使用できる仮想パスにより、既存のアンダーレイの代わりにパケットが SD-WAN オーバーレイネットワークを使用して WAN を通過できるようになります。ただし、このアンダーレイはインテリジェントではなく、コスト効率が低くなります。

単一リージョン展開では、MCN はネットワーク内のすべてのノードへの仮想パスを持つ必要があります。ただし、マルチリージョン展開では、MCN に必要なのは、リージョナルコントロールノードへの仮想パスのみです。RCN が示すデバイスには、ネットワーク内の MCN およびその他の RCN とともに、リージョン内のクライアントノードへの仮想パスだけが必要です。この仮想パスは、ブランチがリージョン間で通信するために必要です。ネットワーク内のすべてのノードについて、MCN を動的仮想パス作成の中間ノード(またはメディエータ)にする必要がなくなりました。ロールは各リージョンの RCN にオフロードされます。

仮想パス

Citrix SD-WAN を使用すると、ITは仮想IPを使用して各WANリンクにまたがるWANパストンネルを作成し、各WANリンクのエンドポイントを表すことができます。SD-WAN は、すべての WAN パスを 1 つの仮想パスに集約します。これにより、パケットが既存のアンダーレイではなく、SD-WAN オーバーレイネットワークを使用して WAN を通過できます。このアンダーレイは、最もインテリジェントでコスト効率が悪くなります。

MCN は、RCN ノードへの仮想パスを持つだけで済みます。RCN ノードは、リージョン内のクライアントノードのみへの仮想パスを持つ必要があります。MCN は、デフォルトで RCN を使用して仮想パスを確立し、RCN は接続されたブランチを持つ仮想パスを確立します。この仮想パスは、ブランチがリージョン間で通信するために必要です。MCN は、動的仮想パス作成の中間ノード(またはメディエータ)である必要がなくなり、ロールは RCN にオフロードされます。

WAN-To-WAN転送

WAN-to-WAN 転送(W2WF)グループは、クライアントサイトが中継サイトを介して相互に通信できるようにするために使用されます。有効にすると、WAN ツーWAN 転送が有効なサイトと、特定の WAN から WAN グループ内のすべてのクライアントサイト間でルーティングテーブルが共有されます。また、動的仮想パスを使用する場合は、WAN 間転送を有効にする必要があります。デフォルトでは、すべてのサイトがデフォルトの WAN ツーWAN 転送グループに属します。

MCN で WAN-to-WAN を有効にすると、リモートサイトルートは MCN によってアドバタイズされ、ブランチネットワーク間のプロキシとして機能します。クライアントモードで実行されている SD-WAN アプライアンスは、MCN で WAN への転送が有効になるまで、他のブランチサブネットを認識しません。このオプションを有効にすると、ブランチオフィスの SD-WAN ノードは他のブランチサブネットを認識し、他のブランチ宛てのトラフィックはすべて MCN に転送されます。

SD-WAN Orchestrator を展開したネットワークでは、WAN から WAN への転送がデフォルトで有効になっています。宛先ルートはネットワーク内のクライアントノードにアドバタイズされ、トラフィックがそれらのノードによって宛先サブネットに受信されると、MCN は、そのサブネットをホストしている SD-WAN への仮想パスを使用して正しい宛先にルーティングします。ネットワークには、複数の WAN-to-WAN フォワーディンググループを含めることができます。MCN で WAN 間転送が有効になっていない場合、クライアントノードのルーティングテーブルにルートがないためにブランチ間通信が失敗します。通常、ローカル SD-WAN ルートテーブル内にないルートは、デフォルトでパススルーまたはルートを破棄します。

仮想パスルーティング

地域ブランチ間の動的仮想パスはサポートされていません。例として、米州リージョンのブランチ-1は、それぞれのRCNを介してのみ、EMEAリージョンのブランチ902と通信できます。MCN を介したバックホールを回避するために、RCN 間の静的仮想パスが作成されます。RCN に接続されたブランチは、インターネットトラフィックをバックホールするように設定できます。WAN 間転送は、両方の RCN で有効にする必要があります。ルーティングのベストプラクティスについては、 Citrix のドキュメントページを参照してください

SDWAN_RCN-RA-Image-7

動的仮想パス

企業ネットワークにおける VoIP、スクリーン共有、およびビデオ会議アプリケーションの需要が高まるにつれ、トラフィックはオフィス間でますます移動しています。ネットワーク管理者は、メッシュネットワークトポロジを構成する必要があります。これにより、すべてのブランチ間の接続が可能になり、非効率的で時間がかかり、管理が困難になります。

Citrix SD-WANを使用すると、すべてのオフィス間のパスを構成する必要はありません。このソリューションでは、必要に応じてオフィス間のパスを自動的に作成する動的仮想パス(DVP)機能が有効になります。

動的仮想パスは、設定されたしきい値に基づいて、サイト間で直接確立されます。しきい値は、通常、これらのサイト間で発生するトラフィックの量に基づきます。ダイナミック仮想パスは、パケット/秒カウントまたはバイトカウントのいずれかを使用して、指定されたしきい値に達した後にだけ動作します。

ブランチ間通信では、最初に MCN を介した既存の静的仮想パスをプロキシサイトとして使用します。

DVP 作成の帯域幅と時間のしきい値が満たされると、MCN(中間ノード)によってダイナミック仮想パスが作成され、MCN を介さずにブランチ間直接通信が可能になります。仮想パスは必要な場合にのみ存在し、データセンターとの間で送受信されるトラフィックの量を削減します。これにより、リソースの使用が効率的になります。これは、牧場からブランチへの通信が治まると気付いたときに、DVP に割り当てられた帯域幅がデータセンターへの静的仮想パスに再割り当てされるためです。

動的仮想パスは、次の間でのみ形成できます。

  • 同じ地域の支店
  • RCN 間
  • RCN とデフォルトリージョンのブランチ間

マルチホップルーティングのサポート

Citrix SD-WAN は動的ルーティングプロトコルをサポートしています。これにより、トラフィックが複数のSD-WANトンネルを通過する必要がある2つのリージョンからのブランチ間のルートを簡単に管理できます。ブランチ401(APJリージョン)がブランチ902(EMEAリージョン)と通信する場合、マルチリージョンのルーティングにより、ブランチ401-> APJ RCN-> EMEA RCN からブランチ902への通信が可能になります。

ルート集約

マルチリージョンアーキテクチャに数千のサイトがある可能性があるため、SD-WAN はルーティングテーブル内に多数のルートを維持する必要があります。そのため、SD-WAN では、大規模なルーティングテーブルを検索するために、CPU、メモリ、帯域幅のリソースを増やす必要があります。

SD-WAN のルート集約機能は、SD-WAN が維持する必要があるルートの数を減らします。サマリールートは、複数のルートを表す単一のルートとして使用されます。これは、単一のルートアドバタイズメントを送信することで帯域幅を節約します。これにより、複数のルートアドレスではなく 1 つのルートアドレスだけが維持されるため、メモリを節約できます。CPU リソースは、再帰的なルックアップを避けることによって、より効率的に使用されます。

リージョナルコントロールノード(RCN)は、すべてのリージョナルネットワークサブネットを要約し、サマリールートだけを MCN に送信できます。

たとえば、サブネット 172.16.0.0/16 をリージョン 1 の一部として定義し、そのリージョン 1 に属するすべてのブランチが、リージョン定義の一部として定義されたサブネット内のネットワーク(172.16.1.0/24、172.16.2.0/24 など)を使用します。リージョン 1 の RCN は、サマリールートー(172.16.0.0/16)をネットワーク内の MCN およびピア RCN に送信します。

SD-WAN 管理者は、サマリールートを Local および Discard サービスタイプで設定できます。このサマリールートは、ネクストホップデバイスにアドバタイズされます。サマリールートタイプの詳細については、 製品ドキュメントを参照してください

SD-WAN センターのサポート

SD-WAN センター(SDWC)10.0 は、SD-WAN センターヘッドエンドと SD-WAN センターコレクタの 2 つの機能コンポーネントを使用して、マルチリージョン展開をサポートします。マルチリージョン展開では、各リージョンに SD-WAN センターコレクタが必要です。SD-WAN センターコレクタは、そのリージョンのすべてのサイトとインターフェイスし、そのリージョンの統計データを収集および格納します。

SD-WAN センターヘッドエンドは、RCN に関連付けられたすべてのリージョナルコレクタとインターフェイスし、デフォルトリージョンのコレクタとして機能します。SD-WAN センターヘッドエンドは、ネットワーク全体にわたる監視と管理を目的とする単一のアクセスポイントを提供します。複数のリージョンにまたがる可能性があります。

利点は、SDWC コレクタには、そのリージョンのデータのみが含まれることです。SDWC は、データの可視性をリージョン間でセグメント化する必要があるマルチリージョン展開に役立ちます。SDWC ヘッドエンドは、すべての領域からのすべてのデータを含む中心点になります。

SDWAN_RCN-RA-Image-8

SD-WAN Orchestrator

SD-WAN Orchestrator をマルチリージョン展開の管理ツールとして使用する場合、単一の SD-WAN Orchestrator を使用して、既定のリージョンを含むすべてのリージョンを集中管理します。利点は、オンデマンドでリソースをスケーリングするための伸縮自在性を備えたシンプルなネットワークです。

SDWAN_RCN-RA-Image-9

サイトの一部アップグレード

大規模な展開では、数百のサイトを一致するソフトウェアバージョンにアップグレードすると、不安になる可能性があります。ここでは、マルチリージョン展開に部分的なサイト更新機能が導入されました。これにより、管理者は、SD-WAN 環境全体でネットワーク全体でステージングされたソフトウェアをネットワーク全体でアクティブ化する前に、小規模なサイト(ラボサイトまたはテストサイト)に新しいソフトウェアリリースをステージングして、安定性を検証できます。ソフトウェアの安定性が確認されたら、変更管理の「ステージの有効化」ステップを完了することで、ステージングされたソフトウェアをアクティブ化できます。更新されたソフトウェアの新機能は、新しいソフトウェアが安定していることを安心して完全にテストすることができます。いくつかの要件は次のとおりです。

  • アクティブなソフトウェアと同じメジャーバージョン番号を使用する必要があります(たとえば、R10.1.2はステージR10.2.0でアクティブであり、ステージングされたR11.0ではアクティブR10.1.1ではなく)
  • アクティブサイトと部分的にアップグレードされたサイトの構成バージョンは、ネットワークの残りの部分と同じである必要があります
  • プライマリ HA ユニットのローカル変更管理を実行する前に、高可用性サイトでスタンバイ HA ユニットサービスを無効にする必要があります。

ソース

このリファレンスアーキテクチャの目的は、お客様独自の実装計画を支援することです。この作業を簡単にするために、独自の詳細な設計と実装ガイドに適応できるソース図を提供します。 ソース図です

参照ドキュメント

Citrix SD-WAN 単一リージョンリファレンスアーキテクチャ

高可用性展開モード

高可用性構成に関するよくある質問

ルーティングのベストプラクティス

サマリールートタイプ

参照アーキテクチャ:SD-WAN マルチリージョン