Citrix GSLB MEP チートシートのトラブルシューティング

概要

グローバルサーバー負荷分散(GSLB)用に構成されたCitrix ADCは、障害復旧を実現し、WANの障害点から保護することにより、アプリケーションの継続的な可用性を確保します。GSLB は、クライアント要求を最も近いデータセンターまたは最もパフォーマンスの高いデータセンターに送信することで、データセンター間で負荷を分散できます。システム停止が発生した場合、クライアントを存続しているデータセンターに誘導できます。

  • GSLBメトリック交換プロトコル(MEP)は、Citrix ADCで使用されるCitrix独自のプロトコルです。GSLBに参加している他のサイトにサイトやネットワークのメトリック、永続性データ、およびその他の情報を交換するために使用されます。
  • 通信プロセスは、TCP ポート 3011(セキュリティで保護された通信の場合は 3009)の各GSLBサイト間で実行されます。
  • MEP 通信は、サイトメトリックの交換では、下位サイト IP アドレスから上位のサイトアドレスに、ネットワークメトリックの場合は、上位から低いサイトアドレスへの通信が開始されます。

Citrix ADC GSLBと同期チートシートには、Citrix ADC GSLBと同期に関する問題のトラブルシューティングに最もよく使用されるリソースが表示されます。

次のリンクを使用して、Citrix GSLB MEPチートシートのトラブルシューティングをダウンロード

チートシート

Citrix GSLB MEP チートシートのトラブルシューティング