図とポスター:Citrix ADC-高可用性のトラブルシューティングに関するチートシート

概要

2台のCitrix ADCアプライアンスを高可用性(HA)で展開すると、どのトランザクションでも中断のない操作を実現できます。一方のアプライアンスがプライマリノードとして構成され、もう一方はセカンダリノードとして構成されています。プライマリノードは、接続を受け入れ、サーバーを管理します。セカンダリノードはプライマリを監視します。何らかの理由でプライマリノードが接続を受け付けられない場合は、セカンダリノードが引き継ぎます。

デフォルトでは、Citrix ADCは200ミリ秒ごとにハートビートを送信します。デッドインターバルは 3 秒ごとに送信されます。3 秒後に、ピアノードからハートビートメッセージが受信されない場合、ピアノードは DOWN とマークされます。

Citrix ADCの高可用性と同期チートシートには、Citrix ADCの高可用性と同期に関する問題のトラブルシューティングに最もよく使用されるリソースが表示されます。

次のリンクを使用して、 Citrix ADC 高可用性チートシートのトラブルシューティングをダウンロードしてください

チートシート

図とポスター:Citrix ADC-高可用性のトラブルシューティングに関するチートシート

この記事の概要