Google Cloud Platform(GCP)Windows 10 ソールのテナント(オプションの共有 VPC カタログ作成)

概要

Citrix Virtual Apps and Desktops サービスによるGoogle共有VPCおよびゾーン選択のサポートは、早期アクセスリリース(EAR)として利用できます。Citrixでは、企業全体で共有されている仮想ネットワークを使用して、Windows 10ベースのカタログをGoogle Cloudにプロビジョニングする方法に関するお客様の要求に応じて、このサポートを提供します。このドキュメントでは、Windows 10 VDA、Google クラウド共有 VPC、および Google クラウドソールテナントノードを使用して MCSマシンカタログを作成するために必要な手順について説明します。

前提条件

  • Citrix Virtual Apps and Desktops サービスおよびGoogleクラウド。詳しくは、製品ドキュメントを参照してください。

  • Citrix Virtual Apps and Desktops でのGCPゾーン選択のサポート

  • GCP Windows 10 VDA とCitrix Virtual Apps and Desktops。

次の前提条件は、Sole Tenancy を使用するだけでなく、共有 VPC を使用するユーザーを対象としています。

  • Citrix Virtual Apps and Desktops でのGCP共有VPCサポート

すべての前提条件を満たしたら、次の環境と技術項目を設定および構成する必要があります。

  • 共有 VPC を使用する権限を持つ Google クラウドサービスプロジェクト

  • サービスプロジェクトに存在する唯一のテナントノードグループの予約

  • Windows 10 VDA

  • (オプション)共有 VPC と必須ファイアウォールルールを使用する Google クラウドホストプロジェクト

環境の例

Google クラウドで目的のWindows 10ベースのMCSマシンカタログを作成することは、他のカタログの作成に似ています。前のセクションで説明したように、前提条件をすべて完了したら、より高度な作業を行うことができます。次に、適切なVDAとネットワークリソースを選択します。

この例では、次の要素が配置されています。

ホスト接続

この例のホスト接続では、Google クラウド共有 VPC リソースを使用します。これは、標準のローカル VPC ベースのホスト接続であるゾーン選択を使用できる場合は必須ではありません

接続名 共有 VPC リソース接続
リソース ShareDvpcSubnet
仮想共有 VPC ネットワーク gcp-test-vpc
ShareDvpcSubnet subnet-good

唯一のテナントノードの予約

ゾーンUS-east1-bにある**mh-windows10-ノードグループという名前の唯一のテナントノードグループ

唯一のテナントノードグループ

Windows 10 VDAイメージ

Windows 10ベースのVDA。 ‘windows10-1909-vda-base’という名前のローカルプロジェクトにあり、 またゾーンUS-east1-bにあります。

Windows 10ベースのVDA

カタログの作成

次の手順では、Google クラウド共有 VPC とゾーン選択を使用する Windows 10 ベースのマシンカタログの作成について説明します。最後の手順では、結果のマシンが目的のリソースを使用していることを検証する方法について説明します。

  1. Citrix Studio oから始めます。

    Citrix Studio

  2. マシンカタログ]を選択します。

  3. マシンカタログ ]画面が開きます。共有 VPC カタログという名前のマルチセッション (Windows Server ベース) カタログが 1 つ既に存在します。

    マシンカタログ画面

  4. マシンカタログの作成]をクリックします。

    標準の [カタログ作成の概要 ] 画面が表示される場合があります。

    紹介画面

  5. [次へ] をクリックします。

    表示される画面で、カタログの基になるオペレーティングシステムの種類を指定します。

    • マルチセッションOS。Windows Server ベースのカタログを示します。

    • シングルセッションOS(Windows クライアントベースのカタログを示す)

    • リモートPCアクセス:物理マシンを含むカタログを示します

    リモート PC アクセス

    これは、 シングルセッションOSが使用されているWindows 10ベースのカタログになります。

  6. [ シングルセッション OS ] を選択し、[ 次へ] をクリックします。

    次の画面は、マシンが電源管理されているかどうかを示すために使用されます。この例では、マシンは電源管理されています。画面には、マシンの展開に使用されたテクノロジも表示されます。MCS が使用されているため、マシンを展開するときに使用するネットワークリソースを指定する必要があります。以下のケースでは、共有 VPC 環境の例に記載されているSharedvpcSubnetは 、使用するリソースとして選択されています。

  7. 次の画面で共有 VPC に関連付けられているリソースを選択し、[ Next] をクリックします。

    リソースを選択

    ユーザーがログインするたびにランダムなデスクトップに接続するか、同じ(静的)デスクトップに接続するかを検討してください。ここでは、 ランダムデスクトップの種類を選択します 。このオプションは、ユーザーがマシンに加えたすべての変更が破棄されることを意味します。

    ランダムデスクトップタイプ

  8. [次へ] をクリックします。

  9. カタログでベースディスクとして使用するイメージを選択します。ここでは、 環境の例に示すようにwindows10-1909-vda-baseを選択します。

    ![ベースディスクのイメージの選択] (/en-us/tech-zone/learn/media/poc-guides_gcp-win10-catalog-creation_009.png)

  10. [ 次へ] をクリックします

    仮想マシンは 、もう 1 つの重要な画面です。ゾーン選択は、プロビジョニングされた Windows 10 仮想マシンの配置に MCS が予約済みソールテナントノードを使用できるようにするためのものです。環境の例セクションでは、両方のソールテナントノードがゾーン us-east1-bに存在することを指摘しました。単一の Sole テナントノードが予約されているため、選択する必要があるのはこのゾーンだけです。マシンをゾーン間で分散するには、使用する各ゾーンで Soleテナントを予約します。

    各ゾーンでのソールテナントの予約

  11. [ 次へ] をクリックします

    [ Active Directory コンピュータアカウント ] 画面で確認すべき重要な点は、選択した AD ドメインが、共有 VPC ネットワークでマシンをプロビジョニングするための正しいドメインであることです。

    正しい AD ドメインの選択

  12. 目的の AD ドメインを選択し、「 アカウントの名前付けスキーム 」と入力し、[ 次へ] をクリックします。

    [ ドメイン資格情報 ] 画面で、ドメイン内のコンピュータアカウントを作成および削除するための十分な権限を持つ資格情報を入力します。

    資格情報の入力

  13. 資格情報を入力し 、[ 次へ] をクリックします。

    [ カタログの概要と名前 ] 画面に、作成するカタログの概要が表示されます。カタログの名前を指定することもできます。この場合、カタログ名は Windows 10 共有 VPC とソールテナントです

    結果

  14. [ 完了] をクリックします

カタログの作成が完了するまで数分かかる場合があります。次に、ツリーの[ 検索 ]ノードを使用して、カタログ内のマシンを表示できます。

予想される 3 台のマシンが、予想された Connection を使用して作成されたことがわかります。

3つのマシンが作成されました

注:

Google クラウドは、作成プロセスの一環としてインスタンスを起動します。その結果、前述のように、 新しくプロビジョニングされたマシンは最初にパワーオンされます

リソース使用率の検証

リソース使用率を検証し、新しくプロビジョニングされたマシンが予想されるリソースを使用していることを確認するには、次の点を確認してください。

  • マシンはリザーブド SoLE テナントノードで実行されていますか。

  • マシンは目的の共有 VPC サブネットにありますか?

    共有 VPC の使用は任意であるため、この検証ステップは設定に適用できない場合があります。

Sole テナントノードで実行されているマシン

次の図は、新しくプロビジョニングされた 3 台のマシンがリザーブドソールテナントノードで実行されていることを示しています。

新たにプロビジョニングされた 3 台のマシン

インスタンスの詳細

最初のインスタンスの詳細により、次のことが確認されます。

  • 適切なノードアフィニティラベルタグが配置されています

  • 正しいネットワークgcp-test-vpcが使用されている。

  • 正しいサブネットsubnet-goodが使用されています。

インスタンスの詳細

Google Cloud Platform(GCP)Windows 10 ソールのテナント(オプションの共有 VPC カタログ作成)