技術概要:Citrix Workspace

概要

Citrix Workspace kspaceは、組織内のエンドユーザーの役割に関連する情報、アプリ、およびその他のコンテンツへの安全なアクセスを提供する完全なデジタルワークスペースソリューションです。ユーザーは、利用可能なサービスをサブスクライブし、場所とデバイスを選ばずにアクセスできます。Citrix Workspace を使用すると、アプリケーションとデスクトップをより迅速に展開でき、ユーザーが共同作業を行い、より適切な意思決定を行い、作業に集中するために必要な最も重要な詳細を整理および自動化できます。

Citrix Workspace には、ユーザーがデジタルワークスペースにアクセスできるようにする多くの機能が含まれています。

[Citrix Workspace のユーザーエクスペリエンス](/en-us/tech-zone/learn/media/tech-briefs_citrix-workspace_user-experience-overview.png)

リソースアグリゲーション

Citrix Workspace は、ユーザーが利用できるすべてのデスクトップ、アプリケーション、およびコンテンツにアクセスできるようにするCitrix Cloud Servicesを統合しています。Citrix Workspace は、複数のリソースまたはコンテンツの場所から、あらゆるデバイスのどこからでもユーザーにアクセスを提供します。

[Citrix Workspace 統合リソースフィー](/en-us/tech-zone/learn/media/tech-briefs_citrix-workspace_workspaces-unified-resource-feed.png)

仮想アプリケーションとデスクトップの集約

Citrix Workspace は、Citrix DaaSリソースの場所とともにCitrix Virtual Apps and Desktopsの現在のオンプレミス展開を集約します

Content Collaboration アグリゲーション

Citrix Workspace は、 オンプレミスまたはShareFileやOneDriveなどのクラウドホスト型ソリューション内にあるファイルへのアクセスを提供するCitrix Content Collaboration サービスを集約します

ウェブと SaaS の集約

WebアプリケーションとSaaSアプリケーションはCitrix Workspace に統合され、 セキュアプライベートアクセスサービスによって保護されます

マイクロアプリ集約

Citrix Workspace は、 Citrixマイクロアプリサービスを介して配信されるマイクロアプリの通知、アクション、およびインテリジェントフィードをCitrix Workspaceに集約します。

セキュアブラウザサービスアグリゲーション

Citrix Workspace は、 Citrix Secure Browser サービスを統合して 、Webブラウジングを分離し、企業ネットワークをブラウザベースの攻撃から保護します。

Citrix Analytics

すべてのCitrix Citrix Workspace ユーザー向けのCitrix Analytics サービスを使用して 、環境に関する洞察を得ることができます。

ユーザーインターフェイス

Citrix Workspace は、ユーザーインターフェイスを中心としたいくつかの機能を提供します。これにより、Citrix Workspace はデバイスに依存せず、複数のデバイス間で一貫性を維持できます。

クロスプラットフォームのクライアントサポート

Citrix Workspace アプリを使用すると、Citrix Workspace は、Web、デスクトップ、モバイルデバイス全体で統一された一貫したユーザーエクスペリエンスをエンドユーザーに提供します。

お気に入りとおすすめ

Citrix Workspace 内で、 エンドユーザーはお気に入り機能を使用して 、アプリケーションまたはデスクトップをお気に入りとしてマークできます。

最近アクセスしたファイルとアプリケーション

最近アクセスしたファイル、アプリケーション、デスクトップを強調表示し 、ユーザーやチームのアクティビティに基づいて推奨されるファイルを表示します。

アプリカテゴリとフォルダ

アプリケーションのアプリケーションカテゴリとフォルダを表示します

検索

提供されているすべてのリソースにわたってCitrix Workspace に検索機能を提供します

すべてのリソースへのシングルサインオン

多くのリソースには別の形式の認証が必要で、多くの場合、ユーザーのプライマリワークスペースの ID とは異なる ID を使用します。Citrix Workspace は、 セカンダリリソースへのシングルサインオンによるシームレスなエクスペリエンスをユーザーに提供します

カスタマイズ

Citrix Workspaceでは、管理者はエンドユーザーのワークスペースの外観をカスタマイズできます。

基本的なカスタマイズ

Citrix 管理者はデジタルワークスペースの色とロゴをカスタマイズできます

ポリシー主導のテーマ (プレビュー)

Citrix 管理者は 、組織の多くのビジネスユニットに対して複数のテーマを作成、カスタマイズ、優先順位付けできます 。Citrix 管理者は、各従業員にワークスペース内でよりパーソナライズされたワークスペースエクスペリエンスを提供できます。

ログインの EULA (プレビュー)

Citrix Workspace を使用すると、Citrix Cloud 管理者は、エンドユーザー向けの独自のログイン前カスタムメッセージまたはライセンス契約を使用してCitrix アプリケーションをパーソナライズできます。

リソースフィルタリング

仮想デスクトップとアプリケーションは、Citrix ADCがプライマリIDプロバイダーとして使用されるコンテキストアクセスを使用して、クライアントのプロパティ、リソースタイプ、またはキーワードに基づいてフィルタリングできます。

可用性と耐障害性

Citrix Cloud サービスは、業界をリードする慣行に基づいて設計されており、高度なサービスの可用性と耐障害性を実現するためのいくつかの機能を提供します。サービスは、世界中の複数のパブリッククラウドプロバイダーの複数のリージョンおよびデータセンターで動作するように構築されています。

オフラインレジリエンス

サービス継続性は 、接続プロセスに関連するコンポーネントの可用性への依存を排除または最小限に抑えます。この機能により、ユーザーはCitrix Cloud サービスの可用性に関係なく、仮想アプリケーションとデスクトップを継続して起動できます。

サービスモニタリング

Citrix には、24時間365日のサービス監視を提供する専任のサイト信頼性チームがあります。このチームは、ビジネスクリティカルな運用を維持するとともに、サービスの迅速な復旧とタイムリーな復旧を提供します。

自動アップグレード

Citrix Workspace は常緑のサービスです。Citrix 管理者は、機能やセキュリティアップデートを含むCitrix 管理コンポーネントをアップグレードする必要はありません。

構成

Workspace アプリデプロイオプション

管理者は、ネイティブアプリケーションまたはブラウザで開くか、ユーザーが方法を選択できるかにかかわらず、ユーザーがアプリケーションとデスクトップを開く方法にプリファレンスを設定できます。

[表示] を選択します

Citrix Workspace ビューはデフォルトでホーム画面ですが、管理者はユーザーのワークスペースをアプリケーションまたはデスクトップのいずれかで開くように設定できます

ワークスペースアプリをデプロイ

Citrix Workspace は、ログオン時にネイティブのCitrix Workspace アプリインストーラーをエンドユーザーに配信

[スタート] メニューの統合

Citrix管理者は、Windows向けCitrix Workspaceアプリを使用しているときに、スタートメニューで、またはデスクトップショートカットとして、アプリケーション、SaaSアプリケーション、およびデスクトップを公開できます。

StoreFrontをワークスペースに移行 (プレビュー)

Citrix StoreFrontからワークスペースへのURL移行機能は、Citrix StoreFrontを現在展開してCitrix Virtual Apps and Desktops を配信しているお客様が利用できます。Citrix管理者は、 Citrix Workspace向けCitrix itrixグローバルアプリ構成サービスを使用してStoreFront URLからワークスペースURLへのマッピングを構成するオプションを提供する集中管理サービスを通じて、WorkspaceサービスのURLとWorkspaceアプリの設定を提供できます

認証とアクセス

長期間有効なトークンとパスワード (プレビュー)

Citrix Workspace では、エンドユーザーのデバイスに保持されている安全なトークンを使用して、ログオンプロンプトの頻度を減らすことができます。デフォルトでは、トークンの有効期限は30日間に設定されています。

SAML認証

Citrix Workspace は、 SAMLを使用してエンドユーザー認証を管理することをサポートしているため 、SAML 2.0をサポートしていれば、任意のプロバイダーを選択できます。

サードパーティ IDP

Citrix Workspace では、 Azure Active DirectoryとOktaの両方を使用して 、ワークスペースへのエンドユーザー認証を管理できます。

スマートカード認証

Citrix Workspace は、エンドユーザー認証にスマートカードの使用をサポートしています。Citrix Workspace のスマートカード認証には、要件をサポートするIdPを使用したSAML構成が必要です。

ドメインパススルー認証

ドメインに参加しているWindowsクライアントからアプリケーションまたはデスクトップを起動する場合、ユーザーはCitrix Workspace から起動したパスワードの入力を求められません。

デフォルトドメイン

Citrix Workspace は、Citrix Workspace ログオンフォーム内のWindowsドメインを事前に入力します。

二要素認証 OTP

Citrix Workspace は、Windows Active Directory をプライマリIDとして使用している組織向けに、 クラウドホスト型の時間ベースのワンタイムパスワード (TOTP)オプションを提供します。TOTPマイクロサービスは、Workspaceエクスペリエンスに多要素認証を追加します。

内部および外部検出

Citrix Workspace は、起動時に、ユーザーが内部接続または外部接続を介してワークスペースにアクセスしているかどうかを検出し、適切にルーティングできます。

IdPとしてのオンプレミスCitrix ADC

Citrix Workspace は、 オンプレミスのCitrix Gateway をIDプロバイダーとして使用して、 nFactor認証を可能にするエンドユーザーのワークスペースに対するユーザー認証を管理できます

フェデレーション認証サービス(FAS)

FASを有効にすると 、ユーザーはフェデレーションIDを介してCitrix Workspace にサインインできます(Okta、Azure AD、Google IdPなど)。ユーザーは、Citrix DaaSがホストするリソースにアクセスするために資格情報を1回だけ入力します。

ログオン時に期限切れパスワードを変更

Citrix Workspace 内では、ユーザーはログオン時に期限切れのパスワードを変更するように求められます。

いつでもパスワードを変更

Citrix Workspace には、ユーザーがログオン後にCitrix Workspace アプリのインターフェイスからパスワードをリセットする機能があります。

コンテキストアクセス (プレビュー)

Citrix Workspace は、高度なポリシーインフラストラクチャを介して、エンドユーザーのネットワークの場所に基づくエンタープライズWebおよびSaaSアプリケーションへのCitrix Gateway Serviceを介したコンテキストアクセスを提供します

技術概要:Citrix Workspace

この記事の概要