Citrix Virtual Apps and Desktops の使用を開始する

概要

Citrix Virtual Apps and Desktopsの基本的な理解があれば、次のステップは、概念とビジネスへの適用性を検証するための小規模な非本番環境を作成することです。 小さな概念実証を作成することで、管理者はソリューションを直接体験することができます。

仮想デスクトップの提供

Citrix Virtual Apps and Desktopsの一般的な展開例は、ベースラインイメージを取得し、それを仮想デスクトップとしてユーザーに展開することです。この概念実証ガイドでは、最初の仮想リソースをユーザーに正常に展開できるように、プロセス全体を説明します。

  リンク
PoC ガイドに従う: 概念実証ガイド:ユーザーへの仮想デスクトップの提供

Azure Virtual Desktopsの提供

Azure Virtual Desktop (AVD) ベースのデスクトップとアプリ、およびオンプレミスリソースを 1 か所でユーザーに提供する方法について説明します。Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスを使用して、AzureのAVD環境とオンプレミス環境の両方をCitrix Cloud の1か所から管理します。

  リンク
PoC ガイドに従う: Azure Virtual Desktop のクイックスタートガイド
PoC ガイドに従う: Azure Virtual Desktopsの概念実証ガイド

リモートPCアクセスをユーザーに提供する

自宅からオフィスの物理PCに作業しているユーザーをリモートで接続する方法について説明します。オンプレミスの物理マシンをCitrix Virtual Apps and Desktopsサービスにすばやく接続し、どこからでも、どのデバイスからでもリモートアクセスを可能にします。

  リンク
PoC ガイドに従う: リモートPCアクセス入門
Citrix Virtual Apps and Desktops の使用を開始する