構成

このトピックで説明するオプションを変更するには、歯のアイコンを選択します。

ユーザーを無効にする

デフォルトでは、ユーザー管理ツールでは、現在のルールで作成されていないShareFile/Citrix Content Collaborationユーザーアカウントが保持されます。これにより、ユーザー管理ツールの外部で作成されたユーザーアカウントが自動的に削除されなくなります。アカウント作成の現在のルールを満たしていないユーザーアカウントを削除する場合のみ、[ドメイン規則の一部ではないユーザーを自動的に無効にする ] オプションを選択します。

エラー発生後にスケジュールされたジョブを続行または停止する

Active Directory(AD)レコードに姓やメールアドレスがないなどの問題により、ユーザー管理ツールがルールを処理できない場合に、スケジュールされたジョブを継続するかどうかを選択できます。既定では、スケジュールされたジョブは、エラーが発生した後に次のルールに進みます。

ユーザー管理ツールは、エラーのためにルールをスキップした後、同じ AD オブジェクトに基づく後続のルールもスキップします。たとえば、特定の AD グループのユーザーを作成するアクションが失敗した場合、ツールは、同じ AD グループの配布グループを作成するアクションもスキップします。これにより、ShareFile/Citrix Content Collaborationユーザーとしてまだ作成されていないメンバーを含む配布グループを作成する必要がなくなります。

ユーザー管理ツールの [ルール] タブから直接実行されるルールの場合、ユーザー管理ツールは常にエラーの原因となるルールをスキップし、次のルールに進みます。

Active Directory 操作のログを記録する

ドメイン規則の一部ではないユーザーを自動的に無効にする: このオプションは、次の条件に該当するまれな場合にのみ使用されます。

  • ShareFile/Citrix Content Collaborationのすべてのメンバーシップは、すべてを網羅する単一のルールセットによって厳密に管理されます。
  • これらのルールに含まれるすべてのグループとユーザーは、同じドメインのメンバーです。

有効にすると、ユーザー管理ツール は実行中のアクティブなルールに含まれていないすべてのユーザーを検索し、そのユーザーを無効にします。セキュリティ上の理由から、このオプションを選択してもマスター管理者は無効になりません。ベストプラクティスは、この項目をクリアしておくことです。

プロキシサーバーの構成

ユーザー管理ツールのプロキシサーバーを指定するには、管理ユーザーとしてサインインする必要があります。その結果、Windows サービスアカウントで実行されるスケジュールされたジョブは、プロキシ設定を使用するようにジョブを構成するまで、プロキシサーバーを使用できません。次の手順では、プロキシサーバーを指定し、設定をエクスポートし、それらの設定を使用するようにスケジュールされたジョブを構成する方法について説明します。

  1. 管理者ユーザーとして Windows にログオンします。

  2. 歯歯アイコンをクリックして [ オプション ] ページを開き、[ プロキシの構成] をクリックし、プロキシ設定を指定します。スケジュール設定されたジョブを管理者として実行した場合は、プロキシの設定が完了しています。

  3. スケジュールされたジョブを Windows サービスアカウントなどの別のユーザーとして実行する場合は、プロキシ設定をエクスポートします。[ オプション ] ページで、[ プロキシ設定のエクスポート] をクリックします。

    プロキシ設定がC:\\ProgramData\\Citrix\\ShareFile\\User Management Tool\\proxy.configに書き出されます。ファイルは、Windows Data Protect API (DPAPI) コンピューターレベルの暗号化と、ユーザー管理ツールのインストールに固有のキーを使用して暗号化されます。このファイルは、ログオンしているコンピュータからスケジュールされたすべてのジョブに使用します。

エクスポートされたプロキシ設定を使用するように、スケジュールされた各ジョブを構成します。

  1. Windows スケジュールされたタスク管理コンソールを開き、プロキシ設定で構成する必要があるジョブを右クリックし、[ プロパティ] を選択します。

  2. [ 操作 ] タブをクリックし、[ プログラムの開始 ] アクションを選択し、[ 編集] をクリックします。

  3. [ 引数を追加 ] エントリの末尾に、スペースの後に /importproxy が続きます。

    引数は、既存のエントリの後にスペースを入力するようにしてください。

  4. [ OK] をクリックすると、タスクスケジューラで C:\Program を引数を指定して実行するかどうかを確認するメッセージが表示されることがあります。[ いいえ] をクリックします。

    スケジュールされたジョブが正常にプロキシ設定を使用した後、umt.log ファイルには、次のエントリが含まれます。

ImportedProxy_Get
Found exported proxy settings at:  C:\ProgramData\Citrix\ShareFile\User Management Tool\proxy.config
Retrieved proxy settings from file.