Workspace Environment Management

INIファイル

.ini ファイルの操作の作成を制御し、 .ini ファイルを変更できます。

ヒント:

動的トークンを使用して 、Workspace Environment Management アクションを拡張し、より強力にすることができます。

ini ファイルの操作リスト

既存の ini ファイル操作のリスト。[ 検索 ] を使用すると、テキスト文字列に対して名前または ID でリストをフィルタリングできます。

.ini ファイル操作を追加するには

  1. コンテキストメニューの [追加] コマンドを使用します。
  2. 新規 INI ファイル操作 」ダイアログのタブに詳細を入力し、 「OK」をクリックします。

フィールドとコントロール

Name:[INI ファイル操作] リストに表示される.ini ファイル操作の表示名です

[説明]。このフィールドは、編集/作成ウィザードでのみ表示され、リソースに関する追加情報を指定できます。

.ini ファイル操作の状態。.ini ファイルの操作を有効にするか無効にするかを切り替えます。無効にすると、ユーザーに割り当てられていてもエージェントによって処理されません。

ターゲットパス。これは、ユーザーの環境で解決されると同時に変更される.ini ファイルの場所を指定します。

ターゲットセクション。この操作の対象となる.ini ファイルのセクションを指定します。存在しないセクションを指定すると、そのセクションが作成されます。

ターゲット値名。これは、追加される値の名前を指定します。

ターゲット値。これは、値自体を指定します。

1 回実行してください。デフォルトでは、Workspace Environment Managementは、エージェントが更新されるたびに.iniファイル操作を実行します。Workspace Environment Management は、更新のたびにではなく、一度だけ操作を実行するようにするには、このボックスをチェックします。これにより、エージェントの更新プロセスが高速化されます。特に、多数の.iniファイル操作をユーザーに割り当てている場合は特にそうです。

アクションタイプ。このリソースがどのようなアクションであるかを説明します。

INIファイル