Workspace Environment Management

プリンター

このタブは、プリンタのマッピングを制御します。

ヒント:

動的トークンを使用すると 、Workspace Environment Management アクションを拡張して、アクションをより強力にすることができます。

ネットワークプリンタリスト

一意の ID を持つ既存のプリンタリソースのリスト。「検索」( Find ) を使用すると、 プリンタのリストを名前または ID でテキスト文字列に対してフィルタリングできます。リボンの [[ネットワークプリントサーバーのインポート]](/ja-jp/workspace-environment-management/2106/user-interface-description/ribbon.html) を使用して、プリンタをインポートできます。

プリンタを追加するには

  1. [ ネットワークプリンタリスト ] タブで、[ 追加 ] をクリックするか、空白の領域を右クリックして、コンテキストメニューから [ 追加 ] を選択します。
  2. 新しいネットワークプリンタ ]ウィンドウで、必要な情報を入力し、[ OK]をクリックします。

フィールドとコントロール

Name:プリンタ一覧に表示されるプリンタの表示名です。

[説明]。このフィールドは、編集/作成ウィザードでのみ表示され、リソースに関する追加情報を指定できます。

ターゲットパス。ユーザーの環境で解決されるプリンタへのパス。

プリンタの状態。プリンタを有効にするか無効にするかを切り替えます。無効にすると、ユーザーに割り当てられていてもエージェントによって処理されません。

外部認証情報。プリンタへの接続に使用する特定の資格情報を記述できます。

自己修復。エージェントが更新されるときに、ユーザーに対してプリンタを自動的に再作成するかどうかを切り替えます。

アクションタイプ。このリソースがどのようなアクションであるかを説明します。[ デバイスマッピングプリンタファイルを使用] で、XML プリンタリストファイルへの絶対パスとして [ターゲットパス] を指定します ( XML プリンタリストの構成を参照)。エージェントが更新されると、この XML ファイルが解析され、プリンタがアクションキューに追加されます。

プリンタを読み込むには

  1. リボンで、[ ネットワークプリントサーバーのインポート] をクリックします。
  2. ネットワークプリントサーバーからインポート ]ダイアログに詳細を入力し、[ OK]をクリックします。

フィールドとコントロール

プリントサーバー名。プリンターのインポート元となるプリントサーバーの名前を指定します。

代替資格情報を使用します。デフォルトでは、インポートでは、管理コンソールが現在実行されている ID を持つ Windows アカウントの資格情報が使用されます。プリントサーバーへの接続に別の資格情報を指定するには、このオプションを選択します。

プリンター