Workspace Environment Management

フィルター

フィルタには、ユーザーがアクションを使用可能にする (アクションを割り当てる) ためのルールと条件が含まれています。ユーザーにアクションを割り当てる前に、ルールと条件を設定します。


規則

ルールは複数の条件で構成されます。ルールを使用して、アクションがユーザーに割り当てられるタイミングを定義します。

フィルタ規則リスト

既存のルールのリスト。[ 検索 ] を使用すると、テキスト文字列に対して名前または ID でリストをフィルタリングできます。

フィルタルールを追加するには

  1. コンテキストメニューの [追加] コマンドを使用します。
  2. [ 新しいフィルタルール ] ダイアログに詳細を入力します。
  3. このルールで構成する条件を [ 使用可能 ] リストから [ 構成済み ] リストに移動します。
  4. OK」をクリックします。

フィールドとコントロール

Name:ルールリストに表示されるルールの表示名。

[説明]。このフィールドはエディション/作成ウィザードにのみ表示され、ルールに関する追加情報を指定できます。

フィルタルールの状態。ルールが有効か無効かを切り替えます。無効にすると、エージェントは、割り当てられている場合でも、このルールを使用してアクションを処理しません。

使用可能な条件。これらは、ルールに追加できるフィルタ条件です。注。 DateTime フィルタは、次の形式で結果を期待します。 YYYY/MM/DD HH:mm

複数の値はセミコロン (;) で区切ることができ、範囲はハイフンで区切ることができます。同じ日付に 2 回の範囲を指定する場合、日付は範囲の両端に含める必要があります。たとえば、1969/12/31 09:00-1969/12/31 17:00

設定済みの条件。これらは、すでにルールに追加されている条件です。

注:

これらの条件は AND ステートメントであり、 OR ステートメントではありません。複数の条件を追加する場合、フィルタがトリガーされたと見なされるためには、それらの条件がすべてトリガーされる必要があります。


条件

条件は、エージェントがユーザーにリソースを割り当てる状況を設定できる特定のトリガーです。

フィルタ条件リスト

既存の条件のリスト。[ 検索 ] を使用すると、テキスト文字列に対して名前または ID でリストをフィルタリングできます。

フィルタ条件を追加するには

  1. コンテキストメニューの [追加] コマンドを使用します。
  2. 新規フィルタ条件 」ダイアログのタブに詳細を入力し、 「OK」をクリックします。

フィールドとコントロール

Name:条件リストおよびルールの作成/編集ウィザードに表示される条件の表示名。

[説明]。このフィールドはエディション/作成ウィザードにのみ表示され、条件に関する追加情報を指定できます。

フィルタ条件状態。フィルタを有効にするか無効にするかを切り替えます。無効にすると、ルール作成/編集ウィザードに表示されません。

フィルタ条件タイプ。使用するフィルタ条件タイプのタイプ。「フィルタ条件」を参照してください。注:[常に真] 条件を使用するルールは、常にトリガーされます。

設定。これらは、個々の条件の特定の設定です。 フィルター条件を参照してください

注:

IP アドレスを入力するときは、個々のアドレスまたは範囲を指定できます。

範囲を指定する場合は、両方の境界をフルで指定する必要があります。IP 範囲境界を区切るには、ダッシュ文字(-)を使用します(たとえば、 192.168.10.1-192.168.10.5)。セミコロン (;) を使用して、複数の範囲またはアドレスを区切ります。たとえば、 192.168.10.1-192.168.10.5; 192.168.10.8; 192.168.10.17 は、 .1-.5 および .8-.10の範囲と個々のアドレス **.17**を含む有効な値です。

フィルター