外部タスク

.vbs スクリプトや .cmd スクリプトの実行などの外部タスクの実行を制御します。

ヒント:

動的トークンを使用して、Workspace Environment Management アクションを拡張し、より強力にすることができます。

外部タスクリスト

既存の外部タスクのリスト。「検索」( Find ) を使用すると、テキスト文字列に対して名前または ID でリストをフィルターできます。

外部タスクを追加するには

  1. コンテキストメニューの [追加] コマンドを使用します。
  2. [ 新しい外部タスク ] ダイアログタブに詳細を入力し、[ OK ] をクリックします。

フィールドとコントロール

名前。外部タスクのリストに表示される外部タスクの表示名を指定できます。

説明。外部タスクに関する追加情報を指定できます。

パス。外部タスクへのパスを指定できます。パスはユーザー環境で解決されます。

引数。起動パラメーターまたは引数を指定できます。

外部タスクの状態。外部タスクを有効にするか無効にするかを制御します。無効にすると、タスクがユーザーに割り当てられている場合でも、エージェントはタスクを処理しません。

[ 更新]: ユーザーがエージェントを更新するときに外部タスクを実行するかどうかを制御します。デフォルトでは、このオプションが選択されています。

再接続。エージェントが実行されているマシンにユーザーが再接続するときに、外部タスクを実行するかどうかを制御します。デフォルトでは、このオプションが選択されています。WEM エージェントが物理的な Windows デバイスにインストールされている場合、このオプションは適用されません。

ログオン。ユーザーのログオン時に外部タスクを実行するかどうかを制御します。デフォルトでは、このオプションが選択されています。

ログオフ。ユーザーがログオフするときに外部タスクを実行するかどうかを制御します。このオプションは、Citrix ユーザーログオンサービスが実行中でない限り機能しません。デフォルトでは、このオプションは選択されていません。

[ 非表示に実行]: 選択すると、タスクはバックグラウンドで実行され、ユーザーには表示されません。

1 回だけ実行。WEM がタスクを一度だけ実行するかどうかを制御します。デフォルトでは、WEM は外部タスクを 1 回実行します。ユーザーに多数の外部タスクが割り当てられている場合は、このオプションを選択する必要があります。これにより、エージェントの更新時間が短縮されます。

実行順序。各タスクの実行順序を指定できます。このオプションは、複数のタスクがユーザーに割り当てられており、一部のタスクが他のタスクに依存して正常に実行されている場合に便利です。デフォルトでは、値は 0 です。

タスクの完了を待ちます。タスクが完了するまでエージェントが待機する時間を指定できます。デフォルトでは、 待機タイムアウト 値は 30 秒です。

アクションの種類。外部タスクがどのようなアクションであるかを説明します。

トラブルシューティング

この機能を有効にすると、WEM エージェントは、ユーザーが初めてログオフしたときにCitrix WEM Agent Logoff.logという名前のログファイルを作成します。ログファイルは、ユーザーのプロファイルルートフォルダにあります。WEM エージェントは、ユーザーがログオフするたびに情報をログファイルに書き込みます。この情報は、外部タスクに関連する問題の監視とトラブルシューティングに役立ちます。

外部タスク