外部タスク

.vbs スクリプトや .cmd スクリプトの実行などの外部タスクの実行を制御します。

ヒント:

動的トークン/en-us/workspace-environment-management/service/reference/dynamic-tokens.html[()]を使用して、Workspace Environment Management アクションを拡張し、より強力にすることができます。

外部タスクリスト

既存の外部タスクのリスト。「検索」( Find ) を使用すると、テキスト文字列に対して名前または ID でリストをフィルタできます。

外部タスクを追加するには

  1. コンテキストメニューの [ 追加] コマンドを使用します。
  2. [ 新しい外部タスク ] ダイアログタブに詳細を入力し、[ OK ] をクリックします。

フィールドとコントロール

名前。外部タスクリストに表示される外部タスクの表示名。

説明。このフィールドは、エディション/作成ウィザードでのみ表示され、リソースに関する追加情報を指定できます。

[ ターゲットパス]: ユーザーの環境で解決される外部タスクスクリプトへのパス。

ターゲット引数。任意の起動パラメータまたは引数を指定できます。

外部タスクの状態。外部タスクを有効にするか無効にするかを切り替えます。無効にすると、ユーザーに割り当てられていてもエージェントによって処理されません。

[ 非表示に実行]: 選択すると、外部タスクはバックグラウンドで実行され、ユーザーには表示されません。

1 回だけ実行。デフォルトでは、Workspace Environment Management は、エージェントが更新されるたびに外部タスクを実行します。Workspace Environment Management で、更新のたびにではなく、外部タスクを 1 回だけ実行するようにするには、このボックスを選択します。これにより、特に多くの外部タスクがユーザーに割り当てられている場合に、エージェントの更新プロセスが高速化されます。

タスクの完了を待ちます。これにより、エージェントが外部タスクの完了を待機するかどうかが切り替わります。タイムアウト値は、最大待機時間を制御します。

ログオン時にのみ実行。オンにすると、外部タスクは 1 回の更新時ではなく、ログオン時にのみ実行されます。

外部タスク実行順序。これにより、複数のタスクが 1 人のユーザーに割り当てられ、一部のタスクが他のタスクの結果に依存して正常に実行される場合に備えて、個々の外部タスクに優先度を指定できます。

[ アクションタイプ]。このリソースのアクションの種類について説明します。