ライセンス

StudioとDirectorでCitrixライセンスサーバーVPXがサポートされません。CitrixライセンスサーバーVPXについて詳しくは、Citrixライセンスのドキュメントを参照してください。

管理者は、Studioを使用してライセンスを管理したり監視したりできます(ライセンスサーバーがStudioと同じドメインまたは信頼されたドメインで動作する場合)。そのほかのライセンス関連のタスクについては、Citrix eDocsの「製品ライセンスの有効化」を参照してください。

以下で説明するタスクを実行するには、すべての管理作業を実行できるライセンス管理者である必要があります。Studioでライセンス情報を表示するには、[ライセンスの表示]以上の管理者権限が必要です。組み込みのすべての管理権限を実行できる管理者と読み取り専用管理者の役割には、この権限が含まれています。

以下の表に、サポートされるエディションとライセンスモデルを示します。

製品 エディション ライセンスモデル
XenApp Platinum、Enterprise、Advanced 同時使用
XenDesktop Platinum、Enterprise、App、VDI ユーザー/デバイス、同時使用

重要:

Citrix License Server for Windowsのサポートおよび推奨される最新のバージョンは、11.15.0.0ビルド26000(MSIインストーラーバージョン15.6.0.26000)です。

バージョン11.14.0.1ビルド22103(MSIインストーラーバージョン14.2.0.22103)より古いLicense Server for Windowsはサポートされなくなりました。

以下の表に、XenAppおよびXenDesktopでサポートされる最小ライセンスバージョンを示します。

長期サービスリリース サポートされる最小License Serverのバージョン MSIインストーラーのバージョン
7.6 LTSR 11.14.0.1ビルド22103 14.2.0.22103

ライセンス情報を表示するには:

Studioのナビゲーションペインで[構成]、[ライセンス]の順に選択し、指定したライセンスサーバーにインストールされているすべてのライセンスの一覧と、それらのライセンスの使用状況およびサイトのライセンス設定の概要が表示されます。

ライセンスを管理するには:

Studioのナビゲーションペインで [構成]、 [ライセンス]の順に選択し、以下の操作を行います。

  • Citrixからライセンスをダウンロードするには、次の手順に従います。
    1. [操作]ペインの[ライセンスの割り当て]を選択します。
    2. ライセンスアクセスコードを入力します。このコードは、Citrixからメールで送信されます。
    3. 製品を選択して、[ライセンスの割り当て]をクリックします。その製品について使用できるすべてのライセンスが割り当てられダウンロードされます。ライセンスアクセスコードを入力してすべてのライセンスを割り当ておよびダウンロードすると、そのライセンスアクセスコードは使用できなくなります。そのコードで追加のライセンス処理が必要な場合は、My Accountにログオンしてください。
  • ローカルコンピューターまたはネットワークに保存されているライセンスファイルを追加するには、次の手順に従います。
    1. [操作]ペインの[ライセンスの追加]を選択します。
    2. ライセンスファイルを参照して、ライセンスサーバーに追加します。
  • ライセンスサーバーを変更するには、次の手順に従います。
    1. [操作]ペインの[ライセンスサーバーの変更]を選択します。
    2. ライセンスサーバーのアドレスを「name:port」形式で入力します。nameはライセンスサーバーのDNS、NetBIOS、またはIPアドレスです。ポート番号(<port>)を指定しない場合、デフォルトのポート(27000)が使用されます。
  • 使用するライセンスの種類を選択するには、次の手順に従います。
    • サイトを構成するときに、ライセンスサーバーを指定した後で、使用するライセンスの種類を選択します。サーバーにライセンスがない場合は、30日間製品を試用できるオプションが自動的に選択されます。
    • サーバーに複数のライセンスがある場合はその詳細が表示されます。いずれかのライセンスを選択します。または、サーバーにライセンスファイルを追加してそれを選択します。
  • 製品エディションおよびライセンスモデルを変更するには、次の手順に従います。
    1. [操作]ペインの[製品エディションの変更]を選択します。
    2. 適切なオプションを更新します。
  • ライセンス管理コンソールnアクセスするには、[操作]ペインで [ライセンス管理コンソール] を選択します。ライセンス管理コンソールが自動的に開くか、パスワードによる保護が構成済みの場合は資格情報を入力するための画面が開きます。この管理コンソールの使用方法については、「製品ライセンスの有効化」を参照してください。
  • ライセンス管理者を追加するには、次の手順に従います。
    1. 中央ペインで、[ライセンス管理者]タブを選択します。
    2. [操作]ペインの[ライセンス管理者の追加]を選択します。
    3. 管理者として追加するユーザーを参照して、権限を選択します。
  • ライセンス管理者を編集または削除するには、管理者を選択して[操作]ペインの[ライセンス管理者の編集]または[ライセンス管理者の削除]を選択します。
    1. 中央ペインで[ライセンス管理者]タブを選択し、編集または削除する管理者を選択します。
    2. [操作]ペインの[ライセンス管理者の編集]または[ライセンス管理者の削除]を選択します。
  • ライセンス管理者グループを追加するには、次の手順に従います。
    1. 中央ペインで、[ライセンス管理者]タブを選択します。
    2. [操作]ペインの[ライセンス管理者グループの追加]を選択します。
    3. ライセンス管理者として追加するグループを参照して、権限を選択します。Active Directoryグループを追加すると、ライセンス管理者権限がそのグループのすべてのユーザーに設定されます。
  • ライセンス管理者グループを編集または削除するには、次の手順に従います。
    1. 中央ペインで[ライセンス管理者]タブを選択し、削除または編集する管理者グループを選択します。ライセンス管理者グループを選択すると、[操作]ペインに[ライセンス管理者グループの編集]および[ライセンス管理者グループの削除]が表示されます。
    2. [操作]ペインの[ライセンス管理者グループの編集]または[ライセンス管理者グループの削除]を選択します。