環境のアップグレード

新しいバージョンのマシンやサイトをセットアップする前に、一部の環境をアップグレードすることができます。これをインプレースアップグレードと呼びます。次のアップグレードが可能です。

  • XenDesktop Version 5.6(以降)から最新バージョンの7.6 LTSRへのアップグレード
  • XenApp Version 7.5から最新バージョンの7.6 LTSRへのアップグレード

最新のXenApp 7.6 LTSRのインストーラーでは、XenApp 6.5ワーカーのサーバーを、最新のXenApp 7.6 LTSRのVDA for Windows Server OSにアップグレードすることもできます。これは、XenApp 6.5からの移行時に補足的に行います。詳しくは、「XenApp 6.5ワーカーのVDA for Windows Server OSへのアップグレード」を参照してください。

アップグレードを開始するには、新しいバージョンのインストーラーを実行して、既存のコアコンポーネント(Delivery Controller、Citrix Studio、Citrix Director、Citrixライセンスサーバー)とVDAをアップグレードします。アップグレードが必要なコンポーネントが自動的に特定され、それらがアップグレードされます。各コンポーネントをアップグレードしたら、アップグレードしたStudioを使ってサイトデータベースとサイトをアップグレードします。

アップグレードを開始する前に、この記事の情報をすべて確認するようにしてください。

アップグレードの順序

次の図に、アップグレードの順序の概要を示します。詳細については、下記「アップグレード手順」で説明します。サーバーに複数のコアコンポーネントがインストールされている場合、このサーバーマシンでインストーラーを実行すると、新しいバージョンが存在するすべてのコンポーネントがアップグレードされます。マスターイメージで使用されているVDAをアップグレードしてから、このマスターイメージを更新することもできます。その後、このマスターイメージを使用するカタログと、このカタログを使用するデリバリーグループを更新します。手順の詳細では、サイトデータベースとサイトを自動または手動でアップグレードする方法についても説明します。

ローカライズされた画像

アップグレードできる製品コンポーネントのバージョン

製品のインストーラーとStudioを使って、以下のコンポーネントをアップグレードできます。

  • Citrixライセンスサーバー、Studio、StoreFront
  • Delivery Controller 5.6以降
  • VDA 5.6以降
    • 以前のVDAリリースとは異なり、VDAをアップグレードするには製品のインストーラーを使用する必要があります。MSIは使用できません。
    • マシンでReceiver for Windows(Receiver.exe)が検出された場合は、製品のインストールメディアに含まれているバージョンにアップグレードされます。
  • Director 1.0以降
  • データベース: スキーマがアップグレードされ、サイトデータベースのデータが移行されます(Version 7.xからのアップグレードでは、構成ログデータベースと監視データベースのデータも移行されます)

適切なドキュメントの指示に従って、次の機能または製品を必要に応じてアップグレードします。

  • Provisioning Services(XenApp 7.xおよびXenDesktop 7.xでは最新リリースのバージョンを使用することをお勧めします。Provisioning Services 7.0以降がサポートされます)。
    • ローリングアップグレードを使用してProvisioning Servicesサーバーをアップグレードし、vDiskのバージョン管理機能を使用してクライアントをアップグレードします。
    • Provisioning Services 7.xはXenDesktop 5でのデスクトップの作成をサポートしていません。既存のデスクトップは引き続き使用できますが、XenDesktopをアップグレードするまではProvisioning Services 7.xで新しいデスクトップを作成することはできません。このため、XenDesktop 7.xとXenDesktop 5.6のサイトを同時に運用する場合は、Provisioning Services 7にアップグレードしないでください。
  • Microsoft System Center Virtual Machine Manager(SCVMM)。現在の製品はSCVMM 2012およびSCVMM 2012 SP1をサポートします。XenDesktop 5.xはそれより前のバージョンをサポートします。ダウンタイムの発生を避けるには、次の順序でアップグレードします。
    1. XenDesktop 5.6 FP1より前のバージョンを実行しているControllerがある場合は、それらをXenDesktop 5.6 FP1にアップグレードします(そのバージョンのXenDesktopのドキュメントを参照してください)。
    2. SCVMMサーバーをSCVMM 2012にアップグレードします。手順については、Microsoft社のドキュメントを参照してください。
    3. XenDesktopコンポーネントを最新バージョンにアップグレードします。
    4. 必要に応じて、SCVMMサーバーをSCVMM 2012 SP1にアップグレードします。
  • StoreFront。

制限

アップグレードには以下の制限があります。

選択的なコンポーネントインストール

新しいバージョンのコンポーネントをインストールしたりアップグレードしたりする場合、別のマシン上のほかのコンポーネントをアップグレードしないと、Studioにメッセージが表示されます。たとえば、アップグレードにControllerとStudioの新しいバージョンが含まれるとします。Controllerをアップグレードしますが、Studioがインストールされているマシン上でインストーラーを実行しません。Studioをアップグレードするまではサイトを管理できません。

VDAをアップグレードする必要はありませんが、利用できる機能をすべて使用できるようにするために、すべてのVDAをアップグレードすることをお勧めします。一部のVDAを最新バージョンにアップグレードしない場合は、「VDAの混在環境のサポート」を確認してください。

7.5よりも前のバージョンのXenApp

7.5より前のバージョンのXenAppからアップグレードすることはできません。XenApp 6.xの環境を移行することはできます。「XenApp 6.xからの移行」を参照してください。

XenApp 6.5ファームはアップグレードできませんが、Windows Server 2008 R2マシン上のXenApp 6.5ソフトウェアを、最新のVDA for Server OSに交換できます。「XenApp 6.5ワーカーから新しいVDAへのアップグレード」を参照してください。

5.6よりも前のバージョンのXenDesktop

5.6より前のバージョンのXenDesktopからアップグレードすることはできません。

XenDesktop Express Edition

XenDesktop Express Editionをアップグレードすることはできません。現在サポートされているエディションのライセンスを入手してインストールしてからアップグレードしてください。

Early Release版またはTechnology Preview版

XenAppまたはXenDesktopのEarly Release版やTechnology Preview版からアップグレードすることはできません。

Windows XPまたはWindows Vista

VDAがWindows XPまたはWindows Vistaのマシンにインストールされている場合は、「Windows XPまたはWindows Vista上のVDA」を参照してください。

製品の選択

7.x以前のバージョンからアップグレードする場合は、製品(XenAppまたはXenDesktop)の選択も指定もしません(初回インストール時に設定されています)。

混在環境/サイト

以前のバージョンのサイトと現行バージョンのサイトの実行を継続する必要がある場合は、「混在環境に関する考慮事項」を参照してください。

準備

アップグレードを始める前に:

使用するインターフェイスを決定する

インストーラーのグラフィカルインターフェイスまたはコマンドラインインターフェイスを使用して、コアコンポーネントとVDAをアップグレードします。以前のバージョンからデータをインポートまたは移行することはできません。

サイトのヘルスをチェックする

アップグレードを開始する前に、サイトが安定して機能している状態であることを確認してください。サイトに問題がある場合、アップグレードでは解決されず、サイトが複雑で修復が困難な状態になる可能性があります。サイトをテストするには、Studioのナビゲーションペインの [サイト] エントリをクリックします。中央ペインのサイト構成の部分で、[サイトのテスト] をクリックします。

サイトデータベース、監視データベース、構成ログデータベースのバックアップ

CTX135207の手順に従ってください。アップグレード後に問題を検出した場合は、バックアップを回復できます。

必要な場合は、テンプレートをバックアップしてハイパーバイザーをアップグレードします。

他の準備タスクが事業継続計画に記載されていれば、それも完了します。

高可用性環境では、サイトデータベース、監視データベース、構成ログデータベースがプライマリデータベースサーバーで実行中であることを確認してから、アップグレードを開始してください。

Citrixライセンスが最新であることを確認する

Citrixライセンスサーバーをアップグレードする前に、Subscription Advantage日が新しい製品バージョンに対して有効であることを確認してください。製品のVersion 7.xからのアップグレードでは、この日付が2016.0420以降である必要があります。

アプリケーションとコンソールを閉じる

アップグレードを開始する前に、管理コンソールやPowerShellセッションなど、ファイルのロックの原因になりうるすべてのプログラムを終了してください。(マシンを再起動すると、ロックされているファイルや保留中のWindows更新プログラムがない状態になります。)

重要:アップグレードの開始前に、サードパーティの監視エージェントサービスを停止し、無効にしてください。

適切な権限があることを確認する

製品コンポーネントをアップグレードするには、ドメインユーザーであることに加えて、そのマシンのローカル管理者である必要があります。

サイトデータベースとサイトは、自動でも手動でもアップグレードできます。データベースの自動アップグレードでは、SQL Serverデータベーススキーマを更新できる権限(db_securityadminまたはdb_ownerデータベースロールなど)がStudioユーザーに必要です。Studioユーザーにこれらの権限がない場合は、データベースの手動アップグレードで生成されるスクリプトを使用します。生成されるスクリプトの一部をStudioユーザーがStudioから実行して、ほかスクリプトをデータベース管理者がSQL Server Management Studioなどのツールを使って実行します。

StoreFrontを使用する

Web Interfaceを使用していた環境では、StoreFrontを使用することをお勧めします。

混在環境に関する考慮事項

環境内に異なる製品バージョンのSites/farmsがある場合(混在環境)、StoreFrontを使って異なる製品バージョンのアプリケーションやデスクトップ(XenDesktop 7.1サイトとXenDesktop 7.5サイトがある場合など)を集約することをお勧めします。詳しくは、StoreFrontのドキュメントを参照してください。

  • 混在環境では、異なるバージョンのStudioやDirectorを同一マシン上にインストールすることはできません。
  • Provisioning Servicesを使用するXenDesktop 7.xおよびXenDesktop 5.6のサイトを同時に運用する場合は、XenDesktop 7.xサイト用に新しいProvisioning Servicesを展開するか、Provisioning Servicesを最新バージョンにアップグレードし、XenDesktop 5.6サイトでのワークロードのプロビジョニングを無効にしてください。

各サイト内ですべてのコンポーネントをアップグレードすることをお勧めします。コンポーネントによっては以前のバージョンを使用できますが、最新バージョンの機能を一部使用できない場合があります。たとえば、以前のバージョンのControllerを含む環境で最新のVDAを使用できますが、最新リリースの新機能を使用できない場合があります。最新でないバージョンを使用すると、VDA登録で問題が発生する可能性もあります。

  • Version 5.xのControllerとVersion 7.xのVDAとの混在環境は、アップグレードに伴う一時的な構成としてのみ運用してください。可能な限り、環境内のすべてのコンポーネントのアップグレードを早急に完了してください。
  • スタンドアロンのStudioは、新しいバージョンを使用する準備ができるまでアップグレードしないでください。

Windows XPまたはWindows Vista上のVDA

Windows XPまたはWindows Vistaが動作するマシンにインストールされているVDAをVersion 7.xにアップグレードすることはできません。特定のHotfixが適用されたVDA 5.6 FP1を使用する必要があります。手順については、CTX140941を参照してください。以前のバージョンのVDAをVersion 7.xのサイトで実行することは可能ですが、次のような多くの機能を使用できません。

  • 新しいバージョンのVDAを必要とするStudioの機能。
  • Studioを使ったApp-Vアプリケーションの構成。
  • Studioを使ったReceiver StoreFrontのアドレスの構成。
  • Machine Creation Servicesを使用する場合のMicrosoft Windows KMSライセンスの自動サポート。「CTX128580」を参照してください。
  • Directorでの情報の表示:
    • [ダッシュボード]、[傾向]、および[ユーザーの詳細]ビューでログオン処理時間を算出するためのログオン時間およびログオン終了イベント。
    • HDX接続時間および認証時間のログオン処理時間ブレークダウンの詳細と、プロファイルロード、GPOロード、ログオンスクリプト、および対話型セッション確立の期間の詳細。
    • マシンおよび接続の障害率のいくつかのカテゴリ。
    • [ヘルプデスク]ビューおよび[ユーザーの詳細]ビューのアクティビティマネージャー。

Windows XPとWindows Vistaのマシンは、サポートされているオペレーティングシステムで再イメージ化して最新のVDAをインストールすることをお勧めします。

Windows 8.xおよびWindows 7上のVDA

Windows 8.xまたはWindow 7を実行しているマシン上にインストールされたVDAをWindows 10にアップグレードするには、XenAppおよびXenDesktop 7.6 FP3と共に配信されたスタンドアロンVDAインストールパッケージを使って、Windows 7およびWindows 8.xマシンをWindows 10に再イメージ化して、Windows 10用にサポートされているVDAをインストールすることを推奨します。再イメージ化がオプションではない場合は、オペレーティングシステムをアップグレードする前にVDAをアンインストールします。これを実行しない場合、VDAは未サポート状態となります。

VDAの混在環境のサポート

製品バージョンをアップグレードするときには、すべてのコアコンポーネントおよびVDAをアップグレードすることをお勧めします。これにより、そのエディションで追加されたり強化されたりした機能をすべて使用できるようになります。

環境のすべてのVDAを同時にアップグレードできない場合は、マシンカタログを作成するときに、マシンにインストールされているVDAのバージョンを指定できます。デフォルトでは、この設定は推奨される最新のVDAバージョンを指定します。マシンカタログに以前のVDAがあるマシンが含まれる場合のみ、この設定を変更してください。マシンカタログで複数のバージョンのVDAを混在させることは推奨されていません。

マシンカタログを作成するときにVDAのバージョンとして推奨バージョンを指定する場合、そのカタログに以前のバージョンのVDAが含まれていると、それらのマシンはControllerに登録されず、機能しなくなります。

たとえば、VDAのバージョンとしてデフォルトの[7.6(推奨。最新機能を使用できます)]を指定してマシンカタログを作成し、VDA 7.6の2つのマシンとVDA 7.1の1つのマシンを追加したとします。この場合、VDA 7.1のマシンはControllerに登録されません。そのVDAをアップグレードできない場合は、VDAのバージョンとして[7.0(またはそれ以降)]を指定した別のマシンカタログを作成してそのマシンを追加します。これにより、Version 7.6の新機能は使用できませんが、そのマシンをControllerに登録できるようになります。

アップグレード手順

製品インストーラーのグラフィカルインターフェイスを実行するには、マシンにログオンし、インストールメディアまたはISOファイルのAutoSelectをダブルクリックします。コマンドラインインターフェイスを使用する場合は、「コマンドラインを使ったインストール」を参照してください。

手順1. アップグレード可能な複数のコアコンポーネント(Controller、Studio、ライセンスサーバーなど)が同じサーバーにインストールされている場合、インストーラーによりそれらがすべてアップグレードされます。

コアコンポーネントがController以外のマシンにインストールされている場合は、各マシン上でインストーラーを実行します。推奨される順番は次のとおりです。License Server、StoreFront、Director。

手順2. Provisioning Servicesを使用する場合、Provisioning Servicesのドキュメントの手順に従って、PVSサーバーとクライアントをアップグレードします。

手順3. アップグレードするVDAのマシン上で製品インストーラーを実行します。(マスターイメージおよびMachine Creation Servicesを使用する場合は、手順12を参照してください)。

物理マシン(リモートPCアクセス用のマシンも含まれます)上にインストールされているVDA 7.xからアップグレードする場合、コマンドラインインターフェイスでオプション「/exclude “Personal vDisk”,”Machine Identity Service”」を使用します。次に例を示します:

C:\x64\XenDesktop Setup\XenDesktopVdaSetup.exe /exclude “Personal vDisk”,”Machine Identity Service”

手順4. 半数のController上で製品のインストーラーを実行します(これにより、これらのサーバー上にインストールされたほかのコアコンポーネントもアップグレードされます)。たとえば、サイトにControllerが4つある場合は2つのControllerを先にアップグレードします。

  • 半分のControllerをそのまま残すことで、ユーザーはそのサイトを引き続き使用できます。VDAはこれらの残りのControllerに登録されます。動作するControllerの数が減少するため、サイトの処理能力が低下する場合があります。データベースのアップグレードの最終段階で新しいクライアント接続を確立するときに、ほんの短い間だけサイトの動作が中断されます。サイト全体がアップグレードされるまでは、アップグレード済みのControllerでは要求を処理できません。
  • サイトにControllerが1つしかない場合、アップグレード中はサイトが動作しなくなります。

手順5. 既にアップグレードしたControllerとは別のマシンにStudioがインストールされている場合は、そのマシン上でインストーラーを実行します。

手順6. アップグレードしたStudioを使ってサイトデータベースをアップグレードします。詳しくは、後述の「データベースとサイトのアップグレード」を参照してください。

手順7. アップグレードしたStudioのナビゲーションペインで、[Citrix Studio(サイト名)]を選択し、[よく使用するタスク]タブの[残りのDelivery Controllerのアップグレード]を選択します。

手順8. アップグレードが完了したら、Studioをいったん閉じてから再度開きます。

手順9. [よく使用するタスク] ページの [サイト構成] セクションで、[登録の実行] を選択します。Controllerを登録すると、サイトで使用できるようになります。

手順10. アップグレードの完了時に [完了] を選択すると、Citrixの利用統計情報プログラムに登録するかどうかを選択できるページが表示されます。このプログラムでは、使用環境に関する情報が収集されます。収集された情報は、弊社製品の品質、信頼性、およびパフォーマンスの向上のために使用させていただきます。

手順11. コンポーネント、データベース、およびサイトのアップグレードが完了したら、新しくアップグレードされたサイトをテストします。Studioのナビゲーションペインで、[Citrix Studio(サイト名)]を選択し、[よく使用するタスク] タブの [サイトのテスト] を選択します。これらのテストはデータベースのアップグレード後に自動的に実行されますが、必要に応じて再実行できます。

手順12. Machine Creation Servicesを使用しておりアップグレード後のVDAを使用する必要がある場合:アップグレードと環境のテスト後に、マスターイメージで使用するVDAを更新します(まだ更新していない場合)。これらのVDAを使用するマスターイメージを更新します。次に、これらのマスターイメージを使用するマシンカタログを更新し、さらにこれらのカタログを使用するデリバリーグループをアップグレードします。

注:

手順7~9は、Dbschemaのアップグレードを求めるメッセージが表示されない限り、アップグレード時は任意です。

データベースとサイトのアップグレード

コアコンポーネントとVDAをアップグレードしたら、アップグレードしたStudioを使ってデータベースとサイトの自動または手動アップグレードを開始します。

  • データベースの自動アップグレードでは、SQL Serverデータベーススキーマを更新できる権限(db_securityadminまたはdb_ownerデータベースロールなど)がStudioユーザーに必要です。
  • Studioユーザーにこれらの権限がない場合は、データベースの手動アップグレードによってスクリプトが生成され、StudioユーザーはStudioが生成したスクリプトをいくつか実行します。データベース管理者は、SQL Server Management Studioなどのツールを使ってその他のスクリプトを実行します。SQLスクリプトを手動で実行する場合は、SQLCMDユーティリティあるいはSQLCMDモードのSQL Management Studioのいずれかを使って実行する必要があります。これ以外の場合は不正確なエラーが生じることとなります。

重要: データベースをアップグレードする前にバックアップすることを強くお勧めします。手順については、CTX135207を参照してください。

データベースのアップグレード中は製品サービスが無効になります。その間はControllerでサイトへの接続要求を仲介できなくなるため、慎重な計画が必要です。

データベースのアップグレードが完了し、製品サービスが有効になると、Studioにより環境と構成がテストされてHTMLレポートが生成されます。問題が見つかった場合は、データベースのバックアップを復元できます。問題を解決した後で、データベースのアップグレードを再試行します。

データベースとサイトの自動アップグレード

アップグレードしたStudioを起動します。[サイトの自動アップグレードを開始する]を選択して準備内容を確認すると、データベースとサイトのアップグレードが開始されます。

データベースとサイトの手動アップグレード

この方法ではスクリプトを生成して実行します。

手順1. アップグレードしたStudioを起動します。手動によるサイトのアップグレードを選択した後、データベースのバックアップを作成したことを確認するようプロンプトが表示されます。次に、スクリプトとアップグレード手順のチェックリストが生成され、表示されます。

手順2. 以下のスクリプトを順番に実行します。

  • DisableServices.ps1:製品サービスを無効にするために、Controller上のStudioユーザーが実行するPowerShellスクリプト。
  • UpgradeSiteDatabase.sql:サイトデータベースがあるサーバー上でデータベース管理者が実行するSQLスクリプト。
  • UpgradeMonitorDatabase.sql:監視データベースがあるサーバー上でデータベース管理者が実行するSQLスクリプト。
  • UpgradeLoggingDatabase.sql:構成ログデータベースがあるサーバー上でデータベース管理者が実行するSQLスクリプト。このスクリプトは、このデータベースが変更された場合にのみ実行します(Hotfixの適用後など)。
  • EnableServices.ps1:製品サービスを有効にするために、Controller上のStudioユーザーが実行するPowerShellスクリプト。

手順3. チェックリストのタスクを完了したら、[アップグレードを完了する] を選択します。

Dbschemaのアップグレード

環境を新しいCUに更新すると、一部のデータベーススキーマがアップグレードされます。このプロセスでアップグレードされるデータベーススキーマについては、次の表を参照してください:

dbschema-update

用語の定義:

  • サイト=サイトデータストア。 サイトデータストアに対してDbschemaの更新が行われます。
  • モニター=モニターデータストア。モニターデータストアに対してDbschemaの更新が行われます。
  • 構成=構成テーブル。 Desktop Studioのバージョン、ライセンスサーバーのバージョン、またはその両方が構成テーブルで更新されます。