Product Documentation

解決された問題

Jun 19, 2017

XenApp/XenDesktop 7.6 LTSR Cumulative Update 4には、XenAppおよびXenDesktop 7.6 LTSRとCumulative Update 1Cumulative Update 2Cumulative Update 3に含まれていたすべての修正に加えて、以下の新しい修正が含まれています。

Citrix Director

  • Citrix Directorを使用してCitrixユーザープロファイルをリセットしようとすると、失敗して次のエラーメッセージが表示される場合があります。

    「リセット処理を開始できませんでした。」

    この問題は、Citrix Directorがユーザー名とドメイン名を一緒に送信せず、ユーザー名のみを送信すると発生します。これによって、Citrix Broker Serviceが、Desktop Delivery Controllerドメインでユーザーを検出できなくなるためです。

    [#LC6681]

Citrix Studio

  • カタログにマシンを追加したときにMicrosoft管理コンソールが応答しなくなることがありました。

    [#LC5334]

  • 複数のファイルタイプに関連付けられた特定のサードパーティ製アプリケーションを含むApp-Vパッケージの公開に失敗し、次のエラーメッセージが表示されることがあります。

    「パラメーター'ExtensionName'の引数を検証できません。引数の文字数28文字は長すぎます。引数の文字数を短くして16文字以下にし、もう一度コマンドを実行してください。」

    この問題は、App-VパッケージをCitrix Studioに追加しようとすると発生します。

    [#LC6507]

  • アクセスポリシー「IncludedClientIPFilterEnabled」が有効に設定されている場合、Citrix Studioで[デリバリーグループの編集]をクリックすると、次のエラーメッセージが表示されることがあります。

    「ユーザー構成が手動で変更されたため、Studioでは変更できません。」

    [#LC6620]

  • 仮想マシンをCitrix StudioのCitrix Provisioning Servicesカタログに追加しようとすると、次のエラーメッセージが表示される場合があります

    「マシン”仮想マシン名”はマシンカタログに追加済みです。」

    [#LC6944]

コントローラー

  • Configuration Logging Serviceのメモリ消費量が増大して、Delivery Controllerが応答しなくなる場合があります。

    [#LC6480]

  • Machine Creation Serviceによって作成された仮想マシンを削除しようとすると、Citrix Studioが応答しなくなる場合があります。

    [#LC6581]

  • アクセスポリシー「IncludedClientIPFilterEnabled」が有効に設定されている場合、Citrix Studioで[デリバリーグループの編集]をクリックすると、次のエラーメッセージが表示されることがあります。

    「ユーザー構成が手動で変更されたため、Studioでは変更できません。」

    [#LC6620]

  • MCSカタログからマシンを正常に削除した後で、次の失敗したタスクに関する通知がCitrix Studioの[ログ]タブに表示されます。
    「Locking pool catalog_name」

    [#LC6653]

  • Citrix Studioのマシンカタログノードで、コンテンツの選択後の表示に数分かかることがあります。

    [#LC6756]

  • 仮想マシンをCitrix StudioのCitrix Provisioning Servicesカタログに追加しようとすると、次のエラーメッセージが表示される場合があります

    「マシン”仮想マシン名”はマシンカタログに追加済みです。」

    [#LC6944]

  • マシンを既存のMachine Creation Servicesカタログに追加しようとすると、複数のストレージで新しいマシンを受け入れるためのラウンドロビン方式を使用しないことがあります。

    [#LC7456]

HDX MediaStream Flashリダイレクト

  • 互換性リストポリシーの構成後、クライアントでFlashコンテンツが正しくリダイレクトされないことがあります。

    [#LC6892]

  • Qumu.comのFlashコンテンツがロードできずWebサイトが動的にブラックリストに追加され、次のエラーメッセージが表示されます。「クライアントのFlash Playerでクライアントデバイスから直接Flashコンテンツをフェッチできませんでした。Webブラウザーページが更新され、可能な場合は、サーバー側のFlashレンダリングが使用されます。」

    [#LC6934]

  • Microsoft Internet Explorerで互換表示がオンになっていると、Flashコンテンツがある特定のサードパーティWebサイトが機能しないことがあります。

    [#LC7513]

Provisioning Services

サーバー

  • Provisioning Services構成ウィザードで[既存のファームに参加する]をクリックしてProvisioning Servicesサーバーを構成しようとすると、SQL Serverのデフォルトのインスタンスを使用するときに失敗することがあります。

    [#LC6579]

ターゲット デバイス

  • Provisioning Servicesターゲットデバイスで重大な例外が発生しブルースクリーンが表示されることがあります。

    [#LC6604]

  • Provisioning Servicesコンソールでターゲットデバイスを再起動またはシャットダウンしようとすると、失敗することがあります。

    [#LC6814]

  • Provisioning Servicesターゲットデバイスで重大な例外が発生し、停止コード0x000000fとともにブルースクリーンが表示されることがあります。

    [#LC6990]

  • この修正は、Provisioning Servicesターゲットデバイスのメモリリークの問題に対応します。

    [#LC7409]

セッション レコーディング

管理

  • 次の2つの場合、「Installation failed」というエラーが表示される場合があります。このメッセージは無視できますが、表示されないようにするには、Session Recordingコンポーネントを再インストールする前にマシンを再起動します。[#544579]

    • Session Recordingコンポーネントをアンインストールしてから、マシンを再起動せずに再インストールしました。
    • インストールが失敗してロールバックが発生したため、マシンを再起動せずSession Recordingコンポーネントを再インストールしようとしました。


    [#LC6979]

StoreFront

  • セッションの起動に失敗して、次のエラーメッセージが表示されることがありました。

    「ICAファイルに無効な署名のないパラメーターが含まれています。」

    新しいADMXファイルをアップグレードするか、置き換える前に、ICAファイルの署名関連ポリシー[ICAファイルの署名を有効にします]を[構成されていません]に設定します。

    :参照番号#LC5338は、StoreFront 3.0.4000、StoreFront 3.9以降のバージョンで機能します。

    [#LC5338]

  • キャッシュされたドメインコントローラーがオフの場合、別のドメインコントローラーが使用可能であってもユーザーはStoreFrontにログオンできません。

    [#LC6358]

  • StoreFrontテーマの変更後、Citrix Receiver for Windowsのアイコンの色が変更されません。

    [#LC6435]

  • 正しく機能していないXML Brokerが1つでもある場合、ログオン後にアプリとデスクトップがユーザーに表示されません。次のエラーメッセージが表示されます。
    「現在、使用可能なアプリケーションやデスクトップはありません。」

    [#LC6928]

  • StoreFrontコンソールで[変更の伝達]を選択して変更をサーバーグループ全体に適用しようとすると、失敗して次のエラーメッセージが表示されることがあります。
    「いくつかのサーバーで伝達処理に失敗しました。」

    [#LC7428]

  • この修正は、Firefoxの問題に対応します。詳しくは、Knowledge CenterのCTX221551を参照してください。

    [#LC7473]

Universal Print Server

クライアント

  • 印刷スプーラーサービスが応答しなくなり、ユニバーサル印刷が機能しなくなることがあります。この問題は、スプーラーサービスからの応答を待機中に、トランザクションがタイムアウトになった場合に発生します。

    [#LC5209]

VDA for Desktop OS

HDX 3D Pro

  • VDAでHDX 3D Proエージェントを使用する場合、新しいデスクトップセッションを開始すると、ピクセルが2行欠落することがあります。

    [#LC6409]

印刷

  • プリンターリダイレクトで断続的にエラーが発生することがあります。

    [#LC5320]

セキュリティの問題

  • この修正は、VDA内部コンポーネントをアップデートします。

    [#LC6904]

セッション/接続

  • ユーザープロファイルが存在しないVDAにログオンすると、ログオンが完了するまでの間に表示されるWindowsのようこそ画面のあとに黒い画面が表示される場合があります。

    [#LC2397]

  • Citrix Receiver for MacでWebカメラを使用してCisco WebEx会議内のビデオを送信しようとすると、予期せずCisco WebEx会議が終了する場合があります。

    [#LC5518]

  • マップされたクライアントドライブからファイルを読み取るとき、ファイルの長さがクライアントセッションの外部で変更されていると、古いキャッシュ済みのファイルの長さが返されることがあります。また、削除された文字の代わりにNull文字が挿入されます。

    この修正を有効にするには、以下のレジストリ値を「0」に設定します。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\picadm\Parameters
    名前:CacheTimeout
    種類:REG_DWORD
    値:デフォルト値は60秒です。CacheTimeOutが「0」に設定されている場合、ファイルの長さは直ちに再ロードされます。「0」に設定されていない場合は、定義されたタイムアウトが経過した後にロードされます。

    [#LC6314]

  • ローカルアプリケーションアクセスが有効な場合、インタラクティブなログオン時の免責事項ポリシーを使用すると、黒または灰色の画面が45秒間表示されることがあります。

    [#LC6518]

  • iOSのマルチタッチ機能が有効な場合、サーバーのアイドルタイマーがリセットされません。

    [#LC6743]

  • 仮想チャネルの数が32を超えると、EUEM(エンドユーザー状況監視)はメトリックスの収集を停止します。

    :この修正では、仮想チャネルに設定された制限を削除します。

    [#LC6768]

  • デリバリーグループで「アプリケーションの残留」が構成されていると、セッションを再接続したときに公開アプリケーションの表示に失敗することがあります。

    [#LC7405]

  • 複数のモニターを使用しているときに公開デスクトップセッションを再接続すると、ウィンドウの配置が維持されないことがあります。

    [#LC7644]

スマートカード

  • スマートカードの取り出しによってユーザーセッションをロックするよう構成されている場合でも、スマートカードリーダーの取り出しでユーザーセッションがロックされないことがあります。

    [#LC7411]

システムの例外

  • tdica.sysでバグチェックコード0x7Eによる重大な例外エラーが発生し、VDAでブルースクリーンが表示されることがあります。

    [#LC6553]

  • vd3dk.sysでバグチェックコード0X00000050による重大な例外エラーが発生し、VDAでブルースクリーンが表示されることがあります。

    [#LC6833]

  • VDAのwdica.sysでブルースクリーンエラーが発生することがあります。

    [#LC6883]

  • セッションのシャットダウン中にpicadm.sysでバグチェックコード0x7Fによる重大な例外エラーが発生し、VDAでブルースクリーンが表示されることがあります。

    [#LC7545]

  • サービスホスト(svchost.exe)プロセスで、アクセス違反が発生して、予期せずに終了する場合があります。この問題は、scardhook64.dllモジュールに障害がある場合に発生します。

    [#LC7580]

ユーザー エクスペリエンス

  • この修正により、高品質なオーディオを使用して短時間再生されるサウンドのサポートが強化されます。

    • この修正はWindows Server 2008 R2が実行されているセッションには影響しません。
    • この修正を有効にするには、Citrix Receiver 4.4 for Windows Long Term Service Release(LTSR)CU5以降のバージョン、およびXenAppおよびXenDesktop 7.6 LTSR CU4以降のVDAバージョンを使う必要があります。


    [#LC5842]

  • USBデバイスがVDAのバージョン7.6.300でリダイレクトされると、デバイスのインスタンスパス名の末尾に文字が追加されることがあります。この問題を解決するには、次のレジストリキーに製品ID(PID)またはベンダーID(VID)を追加します。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\icausbb\Parameters
    名前:DeviceInstanceIDOption
    種類:REG_DWORD
    値:0(デフォルト値)1、2。

    • 「DeviceInstanceIDOption」が「0」(デフォルト値)に設定され、デバイスのVID/PIDペアが「UsingSerialNumberDevices」に設定されている場合、シリアル番号をインスタンスIDとして使用します。その他のデバイスは、「serial_number+Bus_number+port_number」をインスタンスIDとして使用します。
    • 「DeviceInstanceIDOption」が「1」に設定され、デバイスのVID/PIDペアが「UsingSerialNumberDevices」に設定されている場合、「serial_number+Bus_number+port_number」をインスタンスIDとして使用します。その他のデバイスは、シリアル番号をインスタンスIDとして使用します。
    • 「DeviceInstanceIDOption」が「2」に設定されている場合、すべてのデバイスがシリアル番号をインスタンスIDとして使用します。
    • その他すべての値は無効となり、「0」と見なされます。


    [#LC6212]

  • Webブラウザーでビデオを再生すると、セッションが応答しなくなることがあります。

    [#LC6259]

  • マルチモニター環境では、外部モニターをWindowsの「メインディスプレイ」として定義し、コントロールパネルのディスプレイ設定でこれをノートブックまたはタブレットのセカンダリモニターの右に配置します。外部モニターに表示される公開アプリケーションを起動し、このアプリケーションを外部モニターに接続されたタブレットモニターまたはノートブックモニターに移動すると、タブレットやノートブックの開閉時に公開アプリケーション画面が黒く表示されることがあります。

    これを修正するには、VDAで次のレジストリキー値を設定します。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\Ica\Thinwire
    名前:EnableDrvTw2NotifyMonitorOrigin
    種類:REG_DWORD
    値:1(有効化)および0(無効化。デフォルト値)。デフォルトでは、レジストリ値は設定されていません。

    [#LC7760]

ユーザー インターフェイス

  • コネクションセンターを使用して、データを保存せずにシームレスなセッションからログオフすると、画面が黒くなり、以下のようなメッセージが表示されます。

    「プログラムを閉じる必要があります」。2つのオプション[ログオフを強制する]または[キャンセル]から選択してください。このときに、[キャンセル]オプションが動作しません。

    この修正をインストールすると、[キャンセル]オプションが正常に動作するようになります。

    [#LC6075]

  • タッチパネルでの操作に最適化されたデスクトップを使用すると、URLショートカットのアイコンが空白で表示されることがあります。

    [#LC6663]

その他

  • 切断されたデスクトップセッションへの再接続試行が失敗することがあります。

    [#LC6677]

  • SHAppBarMessage APIが「ABM_GETSTATE」メッセージの場合、シームレスセッションで実行されると正しい値を返さないことがあります。

    [#LC7579]

VDA for Server OS

印刷

  • プリンターリダイレクトで断続的にエラーが発生することがあります。

    [#LC5320]

セッション/接続

  • ユーザープロファイルが存在しないVDAにログオンすると、ログオンが完了するまでの間に表示されるWindowsのようこそ画面のあとに黒い画面が表示される場合があります。

    [#LC2397]

  • Citrix Receiver for MacでWebカメラを使用してCisco WebEx会議内のビデオを送信しようとすると、予期せずCisco WebEx会議が終了する場合があります。

    [#LC5518]

  • VDA for Server OSのログオンプロセス中、「ようこそ」画面のまま約2分間が応答しなくなることがあります。この問題は、最新の対話型ログオン情報をActive Directoryグループポリシーオブジェクト(GPO)で構成した場合に発生します。

    [#LC5709]

  • セッションに再接続すると、別の公開アプリケーションウィンドウが開くことがあります。

    [#LC5786]

  • VDA for Server OSが応答しなくなることがあります。その結果、ユーザーセッションがログオフに失敗する場合があります。

    [#LC6117]

  • マップされたクライアントドライブからファイルを読み取るとき、ファイルの長さがクライアントセッションの外部で変更されていると、古いキャッシュ済みのファイルの長さが返されることがあります。また、削除された文字の代わりにNull文字が挿入されます。

    この修正を有効にするには、以下のレジストリ値を「0」に設定します。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\picadm\Parameters
    名前:CacheTimeout
    種類:REG_DWORD
    値:デフォルト値は60秒です。CacheTimeOutが「0」に設定されている場合、ファイルの長さは直ちに再ロードされます。「0」に設定されていない場合は、定義されたタイムアウトが経過した後にロードされます。

    [#LC6314]

  • Microsoft Internet Explorer 11はセッションに割り当てられた仮想IPループバックアドレスを使用しないことがあります。

    [#LC6622]

  • iOSのマルチタッチ機能が有効な場合、サーバーのアイドルタイマーがリセットされません。

    [#LC6743]

  • 仮想チャネルの数が32を超えると、EUEM(エンドユーザー状況監視)はメトリックスの収集を停止します。

    :この修正では、仮想チャネルに設定された制限を削除します。

    [#LC6768]

  • Delivery Controllerの接続が切断されると、XenAppサーバーでアクティブなセッションが切断されることがあります。この問題は、VDAが「事前起動」から「アクティブ」へ正しく移行するセッションの状態を追跡できない時に発生します。そのため、Delivery Controllerが再起動されると、VDAのリソースをクリアしようとし、アプリケーションがアクティブにもかかわらず、事前起動状態のセッションが切断されるかログオフされます。

    [#LC6819]

  • 公開アプリケーションのウィンドウモードでセッションを起動し、それが6台以上のモニターでデスクトップに展開されると、タスクバーまたはスクリーンが灰色表示になることがあります。

    [#LC6862]

  • Google Chromeをデフォルトのブラウザーに設定した後、アプリケーション内のURLをクリックすると、引き続きMicrosoft Internet Explorerがデフォルトのブラウザーとみなされる場合があります。

    [#LC6948]

  • Electrolysis(e10s)機能を有効にすると、Mozilla Firefoxの64ビット版が予期せず終了することがあります。詳しくは、Knowledge CenterのCTX224067を参照してください。

    [#LC6982]

  • デリバリーグループで「アプリケーションの残留」が構成されていると、セッションを再接続したときに公開アプリケーションの表示に失敗することがあります。

    [#LC7405]

システムの例外

  • リモートデスクトッププロトコル(RDP)セッションで、特定のサードパーティ製アプリケーションが起動できないことがあります。

    [#LC4141]

  • ターミナルサービスをホストするサービスホストプロセス(Svchost.exe)が予期せず終了することがあります。この問題は、RPM.dllモジュールに障害がある場合に発生します。

    [#LC6277]

  • tdica.sysでバグチェックコード0x7Eによる重大な例外エラーが発生し、VDAでブルースクリーンが表示されることがあります。

    [#LC6553]

  • VDAのwdica.sysでブルースクリーンエラーが発生することがあります。

    [#LC6883]

  • セッションのシャットダウン中にpicadm.sysでバグチェックコード0x7Fによる重大な例外エラーが発生し、VDAでブルースクリーンが表示されることがあります。

    [#LC7545]

  • サービスホスト(svchost.exe)プロセスで、アクセス違反が発生して、予期せずに終了する場合があります。この問題は、scardhook64.dllモジュールに障害がある場合に発生します。

    [#LC7580]

ユーザー エクスペリエンス

  • この修正により、高品質なオーディオを使用して短時間再生されるサウンドのサポートが強化されます。

    • この修正はWindows Server 2008 R2が実行されているセッションには影響しません。
    • この修正を有効にするには、Citrix Receiver 4.4 for Windows Long Term Service Release(LTSR)CU5以降のバージョン、およびXenAppおよびXenDesktop 7.6 LTSR CU4以降のVDAバージョンを使う必要があります。


    [#LC5842]

  • USBデバイスがVDAのバージョン7.6.300でリダイレクトされると、デバイスのインスタンスパス名の末尾に文字が追加されることがあります。この問題を解決するには、次のレジストリキーに製品ID(PID)またはベンダーID(VID)を追加します。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\icausbb\Parameters
    名前:DeviceInstanceIDOption
    種類:REG_DWORD
    値:0(デフォルト値)1、2。

    • 「DeviceInstanceIDOption」が「0」(デフォルト値)に設定され、デバイスのVID/PIDペアが「UsingSerialNumberDevices」に設定されている場合、シリアル番号をインスタンスIDとして使用します。その他のデバイスは、「serial_number+Bus_number+port_number」をインスタンスIDとして使用します。
    • 「DeviceInstanceIDOption」が「1」に設定され、デバイスのVID/PIDペアが「UsingSerialNumberDevices」に設定されている場合、「serial_number+Bus_number+port_number」をインスタンスIDとして使用します。その他のデバイスは、シリアル番号をインスタンスIDとして使用します。
    • 「DeviceInstanceIDOption」が「2」に設定されている場合、すべてのデバイスがシリアル番号をインスタンスIDとして使用します。
    • その他すべての値は無効となり、「0」と見なされます。


    [#LC6212]

  • Webブラウザーでビデオを再生すると、セッションが応答しなくなることがあります。

    [#LC6259]

  • マルチモニター環境では、外部モニターをWindowsの「メインディスプレイ」として定義し、コントロールパネルのディスプレイ設定でこれをノートブックまたはタブレットのセカンダリモニターの右に配置します。外部モニターに表示される公開アプリケーションを起動し、このアプリケーションを外部モニターに接続されたタブレットモニターまたはノートブックモニターに移動すると、タブレットやノートブックの開閉時に公開アプリケーション画面が黒く表示されることがあります。

    これを修正するには、VDAで次のレジストリキー値を設定します。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\Ica\Thinwire
    名前:EnableDrvTw2NotifyMonitorOrigin
    種類:REG_DWORD
    値:1(有効化)および0(無効化。デフォルト値)。デフォルトでは、レジストリ値は設定されていません。

    [#LC7760]

ユーザー インターフェイス

  • コネクションセンターを使用して、データを保存せずにシームレスなセッションからログオフすると、画面が黒くなり、以下のようなメッセージが表示されます。

    「プログラムを閉じる必要があります」。2つのオプション[ログオフを強制する]または[キャンセル]から選択してください。このときに、[キャンセル]オプションが動作しません。

    この修正をインストールすると、[キャンセル]オプションが正常に動作するようになります。

    [#LC6075]

  • タッチパネルでの操作に最適化されたデスクトップを使用すると、URLショートカットのアイコンが空白で表示されることがあります。

    [#LC6663]

その他

  • SHAppBarMessage APIが「ABM_GETSTATE」メッセージの場合、シームレスセッションで実行されると正しい値を返さないことがあります。

    [#LC7579]