Product Documentation

アプリケーションの管理

Mar 25, 2016

デリバリーグループへのアプリケーションの追加

ヒント:

  • リモートPCアクセスのデリバリーグループにアプリケーションを追加することはできません。
  • アプリケーションは、少なくとも1つのデリバリーグループに属する必要があります。
  • アプリケーションのプロパティは、デリバリーグループへの追加時、または後で変更できます。
  • 新規アプリケーションをデリバリーグループに追加すると、デフォルトでは「アプリケーション」という名前のフォルダー内に表示されます。 別のフォルダーを指定することもできます。
  • アプリケーションの追加時に、そのフォルダー内に同じ名前のアプリケーションが既に存在する場合、追加するアプリケーションの名前を変更するよう指示するメッセージが表示されます。 名前の変更を拒否すると、アプリケーションはサフィックス付きで追加され、そのアプリケーションフォルダー内で名前が一意になります。
  • アプリケーションの追加ウィザードを使用して、1つまたは複数のデリバリーグループからアプリケーションを削除することはできません。 これは、別の処理になります。
  • アプリケーションを複数のデリバリーグループに追加する場合、そのすべてのデリバリーグループのアプリケーションを見ることができる十分な権限を有していなければ、表示上の問題が発生する可能性があります。  そのような問題が発生した場合は、より上位の権限を持つ管理者に相談するか、または自身の権限を拡張して、アプリケーションを追加したデリバリーグループをすべて含めるようにします。
  • 2つのアプリケーションを同じ名前で同じユーザーに公開する場合は、Studioで[アプリケーション名(ユーザー用)]ボックスに別の名前を入力します。これを行わないと、ユーザーのReceiverに同じ名前が2つ表示されます。
  • 代替手段:以下の手順により、アプリケーションを1つまたは複数のデリバリーグループに追加できます。 デリバリーグループの作成時に(または後でデリバリーグループを選択し、次に[操作]ペインで[アプリケーションを追加]を選択して)アプリケーションを追加することもできますが、アプリケーションはそのデリバリーグループにのみ追加されます。 

1つまたは複数のアプリケーションを追加するには、以下の手順に従います。

手順1:Studioのナビゲーションペインで[アプリケーション]を選択し、次に[操作]ペインで[アプリケーションを追加]を選択します。 アプリケーションの追加ウィザードが開きます。

手順2:アプリケーションを追加する1つまたは複数のデリバリーグループを選択します。

手順3:[アプリケーション]ページで[追加]ボックスをクリックしてアプリケーションのソースを一覧表示し、ソースを選択します。

  • [スタート]メニューから:選択したデリバリーグループで使用されるマシンカタログのマスターイメージから作成されたマシンで検出されたアプリケーション。
  • 手動で定義:実行可能ファイルのパス、作業ディレクトリ、オプションのコマンドライン引数、管理者およびユーザー用の表示名を入力するアプリケーション。
  • 既存:過去にサイトに追加された、おそらく別のデリバリーグループのアプリケーション (このソースは、ほかにデリバリーグループがない場合、またはすべてのアプリケーションが削除されている場合は選択できません)。
  • App-V:App-Vパッケージのアプリケーション。

あるアプリケーションのソースが選択できない、または無効な場合、そのアプリケーションを選択できないか、またはメッセージが表示されます。 たとえば、これまでどのデリバリーグループにもアプリケーションが追加されていない場合、[既存]のソースを選択することはできません。 同様に、あるアプリケーションが、選択したデリバリーグループのマシン上でサポートされるセッションタイプとの互換性を備えていない場合、そのアプリケーションを選択できないか、またはメッセージが表示されます。

手順4:選択したソースで検出されたアプリケーションが表示されます。 追加するアプリケーションを選択または指定し、[OK]をクリックします。

手順5:[概要]ページの内容を確認し、[完了]をクリックします。

アプリケーションの複製、有効化/無効化、名前変更、および削除

アプリケーションを複製して、パラメーターまたはプロパティが異なる別のバージョンを作成することができます。 アプリケーションを複製すると、一意のサフィックスを使用してアプリケーション名が自動的に変更され、元のアプリケーションに隣接して配置されます。

ヒント:

  • あるアプリケーションを1つのデリバリーグループで複製し、別のデリバリーグループに追加できるようにしていた場合、アプリケーションの追加ウィザードを使用してアプリケーションを1つまたは複数のデリバリーグループに追加するか、またはアプリケーションのプロパティからデリバリーグループメンバーシップを変更することができます。
  • アプリケーションを削除すると、アプリケーションはデリバリーグループから削除されますが、マシンカタログで使用されるマスターイメージからは削除されません(マスターイメージがソースの場合)。 アプリケーションを削除する操作は、デリバリーグループからアプリケーションを削除する操作とは異なります。以下を参照してください。
  • アプリケーションを有効化/無効化する操作は、デリバリーグループを有効化/無効化する操作とは異なります。「デリバリーグループの編集」を参照してください。

アプリケーションを複製、有効化、無効化、または削除するには、以下の操作を実行します。

  1. Studioのナビゲーションペインで[アプリケーション]を選択します。
  2. アプリケーションを選択し、[操作]ペインで目的のタスクを選択します。

デリバリーグループからのアプリケーションの削除

アプリケーションは、少なくとも1つのデリバリーグループに関連付けられる(属する)必要があります。 アプリケーションをデリバリーグループから削除するとデリバリーグループへのアプリケーションの関連付けが削除される場合、代わりにアプリケーションを削除するオプションが提供されます。 その場合、アプリケーションを削除しないことを選択すると、アプリケーションを別のデリバリーグループに追加し、元のデリバリーグループから削除することができます。

  1. Studioのナビゲーションペインで[デリバリーグループ]を選択します。
  2. デリバリーグループを選択します。 中央ペインの下部で[アプリケーション]タブを選択し、削除するアプリケーションを選択します。
  3. [操作]ペインの[アプリケーションの削除]を選択します。

アプリケーションプロパティの変更

アプリケーションのプロパティを変更するには、次の手順に従います。

  1. Studioのナビゲーションペインで[アプリケーション]を選択します。
  2. アプリケーションを選択し、[操作]ペインで[アプリケーションプロパティの編集]を選択します。
  3. 変更するプロパティを含むページを選択します。 変更を完了したら、ページで[OK]または[適用]をクリックします ([OK]をクリックすると、変更が適用され、[アプリケーションプロパティの編集]ダイアログボックスは閉じます。[適用]をクリックすると、変更が適用され、ダイアログボックスは閉じずに開いたままとなります)。

プロパティ

選択するページ

Receiverのカテゴリ/フォルダー

デリバリー

コマンドライン引数

Location

デリバリーグループへの関連付け

グループ

説明

識別

ファイル拡張子

ファイルタイプの関連付け

ファイルタイプの関連付け

ファイルタイプの関連付け

アイコン

デリバリー

StoreFront用のキーワード

識別

制限(後述の説明を参照)

デリバリー

名前

識別

実行可能ファイルのパス

Location

ユーザーのデスクトップにショートカットを表示するかどうか

デリバリー

特定のユーザーに表示するかどうか

表示の制限

作業ディレクトリ

Location

 

使用中のアプリケーションに変更内容を反映させるには、ユーザーがそのセッションからログオフする必要があります。

アプリケーション制限の設定

アプリケーションの使用を管理するため、アプリケーション制限を設定します。 たとえば、アプリケーション制限を使用して、アプリケーションに同時にアクセスするユーザーの数を管理することができます。 同様に、アプリケーション制限を使用して、リソースの消費量が大きいアプリケーションの同時インスタンスの数を管理することもできます。これによってサーバーパフォーマンスを維持し、サービスの質の低下を防ぐことができます。

重要:この機能により、(Citrix ReceiverやStoreFrontなどからの)Controllerを介したアプリケーション起動数が制限されます。これ以外の方法で起動されて実行されるアプリケーションの数は、制限されません。 すなわち、アプリケーション制限は、同時使用を管理する管理者をサポートし、あらゆるシナリオに適用されるわけではありません。 たとえば、Controllerがリース接続モードである場合は、アプリケーション制限を適用できません。

デフォルトでは、同時に実行できるアプリケーションインスタンスの数に制限はありません。 以下の2つのアプリケーション制限設定があり、そのいずれかまたは両方を設定できます。

  • デリバリーグループのすべてのユーザーによるアプリケーションの最大同時インスタンス数
  • デリバリーグループの1人のユーザーにつき1つのアプリケーションインスタンス

制限が設定されている場合、設定された制限を超過するアプリケーションインスタンスをユーザーが起動しようとすると、エラーメッセージが生成されます。

アプリケーション制限の使用例

  • 同時インスタンスの最大数の制限。 デリバリーグループで、アプリケーションAlphaの同時インスタンスの最大数を15に設定しました。 その後、このデリバリーグループのユーザーが、このアプリケーションの15インスタンスを同時に実行しています。 このデリバリーグループのユーザーがAlphaを起動しようとすると、エラーメッセージが生成され、Alphaは起動しません。起動すると、先に設定した、アプリケーションの同時インスタンス数の制限値(15)を超過することになるためです。
  • 1ユーザーにつき1インスタンスのアプリケーション制限。 別のデリバリーグループで、1ユーザーにつき1インスタンスのオプションをアプリケーションBetaに対して有効にしました。 ユーザーTonyが、アプリケーションBetaを正常に起動しました。 当日のその後、このアプリケーションはTonyのセッションで引き続き実行中でしたが、TonyはBetaの別のインスタンスを起動しようとしました。 しかし、起動すると1ユーザーにつき1インスタンスの制限を超過することになるため、エラーメッセージが生成され、Betaは起動しません。
  • 同時インスタンスの最大数および1ユーザーにつき1インスタンスの制限。 別のデリバリーグループで、同時インスタンスの最大数を10に設定し、1ユーザーにつき1インスタンスのオプションをアプリケーションDeltaに対して有効にしました。 その後、このデリバリーグループの10人のユーザーがそれぞれDeltaのインスタンスを実行している場合、このデリバリーグループの別のユーザーがDeltaを起動しようとすると、エラーメッセージが生成され、Deltaは起動しません。 現在の10人のDeltaユーザーのいずれかがこのアプリケーションの2つ目のインスタンスを起動しようとしても、エラーメッセージが生成され、2つ目のインスタンスは起動しません。

アプリケーションインスタンスがControllerを介さない方法(Controllerがリース接続モードの場合など)でも起動し、設定された制限を超過している場合、アプリケーションを使用中のユーザーがインスタンスを終了し、実行中のインスタンス数が制限を超過しなくなるまで、追加のインスタンスを起動することはできません。 制限を超過した分のインスタンスが強制的にシャットダウンされることはなく、ユーザーがインスタンスを終了するまで継続できます。

セッションローミングを無効にする場合、1ユーザーにつき1インスタンスのアプリケーション制限も無効にしてください。 1ユーザーにつき1インスタンスのアプリケーション制限を有効にする場合、新規デバイスでの新規セッションを許可する2つの値は、どちらも設定しないでください。 ローミングについて詳しくは、「セッション」を参照してください。

アプリケーション制限を設定するには、以下の手順に従います。

  1. Studioのナビゲーションペインで[アプリケーション]を選択し、アプリケーションを選択します。
  2. [操作]ペインの[アプリケーションプロパティの編集]を選択します。
  3. [デリバリー]ページで、次のいずれかのオプションを選択します。 操作を終了したら、[OK]または[適用]をクリックします ([OK]をクリックすると、変更が適用され、[アプリケーションプロパティの編集]ダイアログボックスは閉じます。[適用]をクリックすると、変更が適用され、ダイアログボックスは閉じずに開いたままとなります)。
  • アプリケーションの無制限使用を許可します。 インスタンスの同時実行数に制限はありません。 これがデフォルトの設定です。
  • アプリケーションの制限を設定します。 以下の2種類の制限があります。いずれかまたは両方を指定します。
    • 同時に実行できるインスタンスの最大数の指定
    • 1ユーザーにつき1アプリケーションインスタンスの制限

アプリケーションフォルダーの管理

新規アプリケーションをデリバリーグループに追加すると、デフォルトでは「アプリケーション」という名前のフォルダー内に表示されます。  デリバリーグループの作成時、アプリケーションの追加時、またはその後で、別のフォルダーを指定することもできます。

ヒント:

  • 「アプリケーション」フォルダーの名前を変更したり、「アプリケーション」フォルダーを削除したりすることはできません。ただし、「アプリケーション」フォルダー内のすべてのアプリケーションを、作成済みの別のフォルダーに移動することは可能です。
  • フォルダー名は、1~64文字とすることができます。 スペースを使用できます。
  • フォルダーは5レベルまで入れ子にできます。
  • アプリケーションを含まない空のフォルダーを使用できます。
  • フォルダーは、移動したり作成時に別の場所を指定したりしない限り、Studioでアルファベット順に表示されます。
  • 親フォルダーが異なる限り、同じ名前の子フォルダーを作成できます。 同様に、保存先フォルダーが異なる限り、同じ名前のアプリケーションを作成できます。
  • フォルダー内のアプリケーションを表示するには、[アプリケーションの表示]権限が必要です。また、フォルダー内のアプリケーションを削除したり、フォルダー内のアプリケーション名を変更したり、アプリケーションが含まれるフォルダーを削除したりするには、フォルダーに含まれるすべてのアプリケーションに対する[アプリケーションプロパティの編集]権限が必要です。
  • 以下の手順の多くでは、Studioの[操作]ペインを使用した操作が求められます。 また、右クリックメニューやドラッグアンドドロップも使用できます。 たとえば、意図しない場所にフォルダーを作成または移動した場合は、正しい場所にドラッグアンドドロップできます。

アプリケーションのフォルダーを管理するには、Studioのナビゲーションペインで[アプリケーション]を選択します。 次の一覧を参考にしてください。

  • すべてのフォルダー(サブフォルダーを除く)を表示するには、フォルダー一覧の上にある[すべて表示]をクリックします。
  • フォルダーを最上位レベルに作成する(サブフォルダーにしない)場合は、「アプリケーション」フォルダーを選択します。 「アプリケーション」フォルダー以外の既存のフォルダー内に新しいフォルダーを作成するには、その既存のフォルダーを選択します。 次に、[操作]ペインの[フォルダーの作成]を選択します。 名前を入力します。
  • フォルダーを移動するには、フォルダーを選択し、[操作]ペインの[フォルダーの移動]を選択します。 サブフォルダーを持つフォルダーを除き、一度に複数のフォルダーを移動することはできません。 ヒント:フォルダーを最も容易に移動する方法は、ドラッグアンドドロップです。
  • フォルダー名を変更するには、名前を変更するフォルダーを選択し、[操作]ペインの[フォルダー名の変更]を選択します。 名前を入力します。
  • フォルダーを削除するには、削除するフォルダーを選択し、[操作]ペインの[フォルダーの削除]を選択します。 アプリケーションやサブフォルダーを含んでいるフォルダーを削除すると、それらのアプリケーションやサブフォルダーも削除されます。 アプリケーションを削除すると、そのアプリケーションの割り当てがデリバリーグループから削除されます。マシンからアンインストールされることはありません。
  • アプリケーションをフォルダーに移動するには、1つまたは複数のアプリケーションを選択します。 次に、[操作]ペインの[アプリケーションの移動]を選択します。 移動先のフォルダーを選択します (デリバリーグループの作成ウィザードでアプリケーションを別のフォルダーに移動するには、ウィザードの[アプリケーション]ページで[変更]を選択し、フォルダーを選択または作成します)。