Product Documentation

XenApp Secure Browser

May 16, 2016

アプリケーションのWebへの移行が進むにつれて、Webベースのアプリケーションに対応するために、ユーザーは複数のベンダーおよびバージョンのブラウザーを使用する必要があります。  アプリケーションを社内でホストしていると、多くの場合、組織はリモートユーザーにアクセスを提供するために複雑なVPNソリューションをインストールして構成する必要があります。 一般的なVPNソリューションには、クライアント側のエージェントが必要ですが、このエージェントもさまざまなオペレーティングシステムで維持する必要があります。 

XenApp Secure Browserを使用すると、ユーザーにWebベースのアプリケーションのエクスペリエンスをシームレスに提供することができます。ホストしているWebベースのアプリケーションは、ユーザーが希望するローカルブラウザーに表示されます。  たとえば、ユーザーがブラウザーにMozilla Firefoxを希望しても、アプリケーションが対応しているのはMicrosoft Internet Explorerのみという場合があります。  XenApp Secure Browserを使用すると、Internet Explorerに対応するアプリケーションが、Firefoxブラウザーのタブに表示されます。

XenApp Secure Browser Editionの展開

Citrixは、XenApp Secure Browser用のLifecycle Managementブループリントを活用して展開を簡素化することをお勧めします。  XenApp Version 7.8の発売の一環として、すべての既存のXenAppおよびXenDesktopのお客様は、有効なソフトウェアメンテナンス(SWM)またはSubscription Advantage(SA)を所有している場合、Citrix Lifecycle ManagementのDeployエディションを利用できます。 

XenApp Secure Browserブループリントには、以下のタスクを自動化するスクリプトが含まれています。

  • CitrixライセンスサーバーおよびStoreFrontを含むXenAppのインストール
  • XenAppデリバリーサイトの作成
  • 既存ドメインへのプロビジョニングされたマシンの追加

Citrix Lifecycle Managmentブループリントの使用

Citrix Lifecycle Managmentブループリントを使用するには

  1. Workspace Cloudのホームページから[サービス]に移動します。[Lifecycle Managementの試用を申請]をクリックします。 試用を申請すると、試用サービスを利用できるようになった時点でメールでの通知を受信します。 通常、これには5~10分程度かかります。
  2. 試用を申請した際に受信したメールで[管理]をクリックし、[Lifecycle Managementの概要]ページを表示します。
  3. Citrixのダウンロードサイトから、Citrix XenApp Secure Browser Edition 7.8 ISOをダウンロードします。 

Secure Browser Edition 7.8 ISOのダウンロード後、以下を検討します。

XenApp Secure Browserの手動インストール

XenApp Secure Browser Version 7.8を手動でインストールするには

  1. Citrixのダウンロードサイトから、Citrix XenApp Secure Browser Edition 7.8 ISOをダウンロードします。
  2. XenAppのさまざまなコンポーネントのインストールの手順に従います。
  3. インストール後、次の追加手順を実行して、Secure Browserエディションのエディションとライセンスモードを構成します。

a. Delivery Controllerで、タスクバーの青色のアイコンをクリックするか、[スタート]ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]>[アクセサリ]>[Windows PowerShell]>[Windows PowerShell]の順に選択して、PowerShellセッションを起動します。  

:64ビットシステムでは、64ビット版が起動します。 32ビット版と64ビット版の両方がサポートされます。

b. Asnp Citrix*と入力し、Enterキーを押してCitrix固有のPowerShellモジュールをロードします。

:「Asnp」はAdd-PSSnapinを表します。

c. Get-ConfigSiteコマンドレットを実行して、現在のサイト設定とライセンスモードを確認します。

d. Set-ConfigSite -ProductCode XDT -ProductEdition BASを実行して、ライセンスモードをXenApp Secure Browserエディションに設定します。

e. Get-BrokerSiteコマンドレットを実行して、XenApp Secure Browserのエディションとライセンスモードが正しく設定されていることを確認します。

注意

インストールの完了後、『XenApp Secure Browser展開ガイド』で指定した構成手順を使用して、Webappデリバリー用の環境をさらに最適化します。