Product Documentation

サイトの作成

Mar 25, 2016

サイトとは、XenAppまたはXenDesktopの展開環境に名前を付けたものを指します。 サイトは、Delivery Controllerなどのコアコンポーネント、VDA(Virtual Delivery Agent)、ホストへの接続(使用している場合)、およびそのサイトで作成されたマシンカタログやデリバリーグループで構成されます。 コアコンポーネントをインストールしたら、最初のマシンカタログやデリバリーグループを作成する前に、サイトを作成します。

サイトの作成ウィザードを開始する前に、このアーティクルを確認してください。これには、サイトを実際に作成する前に完了しておく必要があるタスクと、考慮する必要がある決定事項が含まれています。

サイトの作成ウィザード

Studioが起動していない場合は起動します。 サイトの作成ウィザードを開始する手順が自動的に表示されます。 ウィザードページには、以下の構成領域が含まれます。

サイトの種類と名前

サイトには、以下の2種類があります。いずれかを選択します。

  • アプリケーションとデスクトップを配信するサイト。 アプリケーションおよびデスクトップの配信サイトを作成する場合は、完全展開サイト(推奨)または空のサイトのいずれかを選択できます。 空のサイトには一部の構成のみが含まれ、通常Citrix製品の管理に慣れた管理者がこのオプションを選択します。
  • リモートPCアクセスサイト。 リモートPCアクセスサイトは、特定のユーザーにオフィスにある自分のコンピューターへのセキュアなリモートアクセスを提供します。

ここでアプリケーションとデスクトップを配信するサイトを作成しても、リモートPCアクセス展開を後で追加できます。 また、ここでリモートPCアクセス展開を選択しても、完全展開を後で追加できます。

サイトの名前を入力します。 サイトの作成後、この名前がStudioのナビゲーションペイン([Citrix Studio(<サイト名>)])の上部に表示されます。

データベース

[データベース]ページには、サイトのセットアップ、監視、および構成ログデータベースに関する選択が含まれます。 データベースセットアップでの選択肢および要件について詳しくは、「データベース」を参照してください。

デフォルトのSQL Server Express Editionインストールを使用しない場合、サイトを作成する前に、SQL Serverソフトウェアがマシンにインストールされていることを確認してください。「システム要件」には、サポートされているバージョンが一覧にされています。

サイトにDelivery Controllerを追加する必要があり、既に別のサーバーでControllerソフトウェアをインストールしている場合、サイトの作成ウィザードのこのページからサイトにDelivery Controllerを追加することができます。 データベースをセットアップするスクリプトを生成する予定の場合、スクリプトを生成する前にControllerを追加します。

ライセンス管理

既存のライセンスを使用するか、ライセンスファイルを後から追加できる30日間無料のお試し版ライセンスを使用するかを決定します。 サイトの作成ウィザード内で、ライセンスファイルをダウンロードしたりライセンスサーバーに追加したりすることもできます。 詳しくは、ライセンスのドキュメントを参照してください。

ライセンスサーバーのアドレスを、<name>:[<port>]の形式で指定します。 名前()は、完全修飾ドメイン名(FQDN)、NetBIOS、またはIPアドレスにする必要があります。FQDNが推奨されます。 ポート番号()を入力しない場合は、デフォルトの27000が使用されます。 [接続]をクリックします。 ライセンスサーバーに接続されるまでは、ウィザードの次のページに進めません。

電源管理(リモートPCアクセスのみ)

後述の「リモートPCアクセス」セクションを参照してください。

ホスト接続、ネットワーク、およびストレージ

ハイパーバイザー上またはクラウドサービス上で仮想マシンを使用してアプリケーションおよびデスクトップを提供する場合、サイトを作成する前にホスト環境をセットアップします (後述の「情報ソース」を参照してください)。

ホストへの最初の接続は、サイトの作成ウィザードで作成します。後でこの接続を変更したり、追加接続を作成したりすることができます。 仮想化ホストを使用しない場合、または専用ブレードPC上でホストされるユーザーデスクトップをStudioで管理する場合は、接続の種類として[なし]を選択します。

リモートPCアクセスサイトを構成しており、Wake on LAN機能を使用する予定の場合、ホストの種類として[Microsoft System Center Configuration Manager]を選択します。

ホスト上の仮想マシンを作成するツールとして、MCS(Machine Creation Service)を使用するか、そのほかのツールを使用するかを指定します。

接続の種類とツールを選択した後、ウィザードの後続ページで、ストレージ情報、および接続で使用されるネットワークを指定します。これらが、接続のリソースを構成します。 サイトの作成後、Studioでは、接続に対応するストレージとネットワークの組み合わせがリソース名により識別されます。

  • ホスト上で共有ストレージを使用するか、ローカルストレージを使用するかを指定します。 共有ストレージは、選択したネットワーク経由で使用します。 共有ストレージをXenServerと共に使用する場合は、IntelliCache機能を有効にしてストレージデバイス上の負荷を減らすことができます。詳しくは、「接続」を参照してください。
  •  デスクトップOSマシンを作成する場合、Personal vDiskを使用するかどうかを指定し、使用するストレージを選択します。 Personal vDiskでは、仮想マシンと同じストレージか、または別のストレージを使用することができます。 詳しくは、「Personal vDisk」を参照してください。
  • 仮想マシンが使用する、使用可能なネットワークを選択します。

接続の種類の情報ソース

VMware

Microsoft Hyper-V

Microsoft Azure

Amazon Web Services(AWS)

  • CTX140427
  • AWSのドキュメント
  • Studioでの接続の作成時には、APIキーおよび秘密キーの値を入力する必要があります。 AWSでこれらの値を含んでいるキーファイルをエクスポートしてから、値をインポートすることができます。 また、リージョン、アベイラビリティゾーン、仮想プライベートクラウド名、サブネットアドレス、ドメイン名、セキュリティグループ名、および資格情報も必要になります。
  • AWSコンソールから取得するルートAWSアカウント用の資格情報ファイルでは、標準的なAWSユーザーのものとは異なる形式が使用されています。 このため、このファイルをStudioで使用してAPIキーと秘密キーの情報を入力することはできません。 AWS IAM形式の資格情報ファイルを使用してください。

Citrix CloudPlatform

  • CTX140428を参照してください。
  • Citrix CloudPlatformのドキュメント
  • Studioでの接続の作成時には、APIキーおよび秘密キーの値を入力する必要があります。 CloudPlatformでこれらの値を含んでいるキーファイルをエクスポートしてから、値をインポートすることができます。

Citrix XenServer

  • Citrix XenServerのドキュメント
  • 接続の作成時には、VMパワー管理者以上の権限を持つアカウントの資格情報を指定する必要があります。
  • XenServerとの通信をHTTPSで保護することをお勧めします。 HTTPSを使用するには、XenServerにインストールされたデフォルトのSSL証明書を置き換える必要があります。詳しくは、CTX128656を参照してください。
  • 高可用性機能で使用されるハイパーバイザーを選択することもできます(XenServerの高可用性が有効な場合)。  プールマスターに障害が生じてもXenServerとの通信が中断されないように、([Edit High Availability]から)プール内のすべてのサーバーを選択することをお勧めします。 
  • XenServerでvGPUがサポートされる場合は、GPUの種類およびグループ、またはGPUパススルーを選択することができます。 選択した項目で専用のGPUリソースが使用可能かどうか画面に表示されます。

追加の機能

追加の機能を選択してサイトをカスタマイズできます。 情報の入力が必要な項目のチェックボックスをオンにすると、構成ボックスが開きます。

AppDNA統合

今後AppDiskを使用する予定であり、AppDNAを既にインストール済みの場合、この機能を選択すると、AppDiskのアプリケーションを分析し、互換性問題を確認し、修復操作を実行してそれらの問題を解決できます。 詳しくは、「AppDisks」を参照してください。

App-V公開

App-VサーバーにあるMicrosoft App-Vパッケージのアプリケーションを使用する場合は、この機能を選択します。 このチェックボックスをオンにすると、App-V Management serverのURLと、App-V公開サーバーのURLおよびポート番号の入力を求められます。

ネットワーク共有上にあるApp-Vパッケージのアプリケーションのみを使用する場合は、この機能を選択する必要はありません。

この機能は、後でStudioから有効/無効にする、または構成することもできます。 詳しくは、「App-V」を参照してください。

リモートPCアクセス

Wake on LAN機能を使用している場合、サイトを作成する前にMicrosoft System Center Configuration Managerの構成手順を完了します。 詳しくは、「Microsoft System Center Configuration Manager」を参照してください。

リモートPCアクセスサイトを作成する場合:

  • Wake on LAN機能を使用している場合、Microsoft System Center Configuration Managerのアドレス、資格情報、および接続情報を[電源管理]ページで指定します。
  • [ユーザー]ページで、ユーザーまたはユーザーグループを指定します。自動的にすべてのユーザーを追加するデフォルトの機能はありません。 また、ウィザードの[マシンアカウント]ページでマシンアカウント(ドメインおよびOU)情報も指定します。

ユーザー情報を追加するには、[ユーザーの追加]をクリックします。 ユーザーおよびユーザーグループを選択し、[ユーザーの追加]をクリックします。

マシンアカウント情報を追加するには、[マシンアカウントの追加]をクリックします。 マシンアカウントを選択し、[マシンアカウントの追加]をクリックします。 [組織単位の追加]をクリックします。 ドメインおよび組織単位を選択して、サブフォルダー内の項目を含めるかどうかを指定します。 [組織単位の追加]をクリックします。

注:リモートPCアクセスサイトの作成時には、リモートPCユーザーマシンアカウントという名前のマシンカタログが自動的に作成されます。これには、サイトの作成ウィザードで追加したすべてのマシンアカウントが含まれています。  リモートPCユーザーデスクトップという名前のデリバリーグループが、自動的に作成されます。これには、追加したすべてのユーザーおよびユーザーグループが含まれています。

ヒント

  • サイトの作成ウィザードで、Citrixのカスタマーエクスペリエンス向上プログラムに参加するかどうかを確認するメッセージが表示されます。 このプログラムに参加すると、統計情報や使用状況情報が匿名でCitrixに送信されます。詳しくは、http://more.citrix.com/XD-CEIPを参照してください。
  • サイトの作成ウィザードの最終ページには、指定した情報がまとめられています。 内容を変更する場合は、[戻る]をクリックします。 終了したら、[作成]をクリックするとサイト作成が開始されます。
  • サイトを作成する管理者には、そのサイトのすべての管理タスクの実行権限が設定されます。詳しくは、「管理権限の委任」を参照してください。

サイト構成のテスト

テスト結果は、HTML形式のレポートで確認できます。

サイトの作成後にテストを実行するには、ナビゲーションペインの上部で[Citrix Studio(サイト<サイト名>)]を選択し、中央のペインで[サイトのテスト]をクリックします。