ライセンス概要 - XenServer 6.2.0

インストールした直後のXenServerは、ライセンスが適用されていない状態で動作します。この状態でも、XenCenterを使用したHotfixの適用を除き、機能や動作に制限はありません。ただし、Citrixからのサポートを得るには、XenServerのライセンスが必要です。

XenServerのライセンスは、サーバー上のCPUソケットごとに必要で、プール内のすべてのサーバーに適用する必要があります。ライセンス済みのサーバーとそうでないサーバーを同一プール内で混在させた場合、ライセンスが適用されていない状態として動作します。XenServer 6.2.0でのライセンスの管理については、「 XenServer 6.2.0ライセンスの管理 」を参照してください。

XenServerエディションのライセンス

XenServerでは、ほかのCitrix製品と同じライセンス処理が行われます。XenServerでは、ライセンスサーバーが必要です。XenServerのサポート契約を購入すると、.LIC ライセンスキーが送付されます。このライセンスキーを、以下のいずれかのライセンスサーバーにインストールします。

  • Citrixライセンスサーバーソフトウェアが動作するWindowsサーバー
  • LinuxベースのCitrixライセンスサーバー仮想アプライアンス

重要: XenServer Per-Socket Edition 6.2を使用するには、Citrixライセンスサーバーがバージョン11.6.1以降である必要があります。

ライセンスの有効期限

XenServer Per-Socket Editionのライセンスの有効期限が切れると、以下のようになります。

  • XenServerがライセンス適用前の状態に戻りますが、すべての機能を使用できます。
  • XenCenterに Citrix XenServer Per-Socket Editionが[期限切れ] と表示されます。
  • XenCenterでHotfixなどの更新プログラムを適用できなくなります。
  • 新しいライセンスを購入するまで、XenServerに関するCitrixのテクニカルサポートを受けることができなくなります。

ライセンスの猶予期間

Citrix V6ライセンスシステムには、タイムアウト機能が組み込まれています。ライセンスサーバーのハードウェアまたはソフトウェアの問題、ネットワーク障害などの理由で XenServerホストがライセンスサーバーと通信できない場合、30日間の猶予期間に入ります。この期間中、XenServerホストは通常どおり動作します。XenServerホストがスタートアップライセンスをチェックアウトすると、XenServerとライセンスサーバー間で5分ごとに「ハートビート」メッセージが交換されます。このメッセージにより、両者が正しく動作していることが確認されます。XenServerまたはライセンスサーバーでこのメッセージの送受信の失敗が検出されると、XenServerがライセンス猶予期間に入り、キャッシュ済みのライセンス情報に基づいて動作するようになります。この猶予期間は30日間で、これが経過するとXenServerが接続を受け入れなくなります。XenServerとライセンスサーバーとの通信が再確立されると、猶予期間はリセットされます。XenServerが猶予期間に入るためには、ライセンスサーバーとの接続が少なくとも1回確立されている必要があります。