XenCenter

ライセンスの概要 - XenServer 7.0

XenServer 7.0には、以下の2種類の商用エディションが用意されています:

  • Standard
  • Enterprise

Standard Editionはエントリレベルの商品で、Enterprise Editionで提供される高度な機能は使用できませんが、強固で高性能な仮想化プラットフォームに必要なさまざまな機能を備えています。Citrixの包括的なサポートおよび保守サービスも提供されます。

Enterprise Editionは最上位レベルの商品で、サーバー、デスクトップ、およびクラウドワークロード用に最適化されています。Standard Editionに加えて、Enterprise Editionには以下の機能があります。

  • Windows UpdateメカニズムによるI/Oドライバーのインストールおよびアップデート
  • 管理エージェントの自動更新
  • SMBストレージのサポート
  • BitDefenderハイパーバイザーレベルの内観のサポート
  • 動的ワークロードバランス機能
  • NVIDIA vGPU、Intel GVT-gによるGPU仮想化
  • VMware vSphereからXenServerへの変換ユーティリティ
  • Intelセキュアメジャーブート(TXT)
  • プールリソースデータのエクスポート
  • インメモリ読み取りキャッシュ

注:

XenAppまたはXenDesktopを既に購入されている場合は、引き続きXenServerを使用する権限があります。つまり、Enterprise Editionに含まれているすべての機能を使用できます。インメモリ読み取りキャッシュ機能は、XenAppおよびXenDesktop Platinumのユーザーのみが利用できます。

Citrixライセンスサーバー

XenServerでは、ほかのCitrix製品と同じライセンス処理が行われます。このため、ライセンスサーバー上に有効なライセンスをインストールする必要があります。ライセンスサーバーは、Citrixライセンスサーバーからダウンロードできます。使用するエディションのライセンスをご購入いただくと、.LICライセンスキーが送付されます。このライセンスキーを、以下のいずれかのライセンスサーバーにインストールします:

  • Citrixライセンスサーバーソフトウェアが動作するWindowsサーバー
  • LinuxベースのCitrixライセンスサーバー仮想アプライアンス

重要:

Citrix XenServer 7.0を使用するには、Citrixライセンスサーバー11.12.1以降が必要です。

XenServerサーバーにライセンスを割り当てると、XenServerがCitrixライセンスサーバーと通信して、必要なライセンスを要求します。これに成功したらライセンスがチェックアウトされ、ホストがライセンス化されるライセンスについての情報がライセンスマネージャに表示されます。

ライセンスを要求または適用するときに、XenServerのバージョンおよびライセンスの種類に関する情報がCitrix社に送信される場合があります。そのほかの情報(システムのユーザーの情報、環境で実行される仮想マシンの情報、XenServer環境の情報など)は収集されません。ライセンス処理に付随してシトリックス社により収集される情報は、シトリックス社での個人情報保護ポリシーに基づいて慎重に処理されます。詳しくは、http://www.citrix.com/privacyを参照してください。

XenServerエディションのライセンス

XenServerは部分的ライセンスをサポートしていません。プール内のすべてのホストがライセンス化される必要があります。異なるライセンスの種類でライセンス化されるホストがあるXenServerを実行している場合、一番低いライセンスがあるホストで使用できる機能がプール内のすべてのメンバーに適用されます。ライセンス済みのサーバーとそうでないサーバーを同一プール内で混在させた場合、ライセンスが適用されていない状態として動作します。XenServer 7.0のライセンス管理については、「XenServer 7.0ライセンスの管理」を参照してください。

Standard EditionからEnterprise Editionへのアップグレードがサポートされています。XenServerのライセンスについて詳しくは、『XenServerインストールガイド』を参照してください。XenServerのライセンスをアップグレードまたは購入するには、シトリックスWebサイトにアクセスしてください。

ライセンスの有効期限

ライセンスの有効期限が近くなると、XenCenterに通知が表示されます。ライセンスの有効期限が切れる前に、ライセンスを購入してください。XenServerライセンスの有効期限が切れると、

  • XenCenterライセンスマネージャーに、ライセンスの状態として「非ライセンス」が表示されます。
  • 新しいライセンスを購入するまでそのエディションの機能を使用できなくなり、またそのリソースプールの任意のサーバーで問題が生じてもシトリックスのテクニカルサポートを受けることができなくなります。

ライセンスの猶予期間

Citrixライセンスシステムには、タイムアウト機能が組み込まれています。XenServerサーバーがスタートアップライセンスをチェックアウトすると、XenServerとライセンスサーバー間で5分ごとに「ハートビート」メッセージが交換されます。このメッセージにより、両者が正しく動作しており、接続が維持されていることが確認されます。ライセンスサーバーのハードウェアまたはソフトウェアの問題、ネットワーク障害などの理由でXenServerサーバーがライセンスサーバーと通信できなくなると、30日間の猶予期間に入ります。この間、XenServerはキャッシュ済みのライセンス情報に基づいて通常どおり動作します。この猶予期間は30日間で、これが経過するとXenServerが非ライセンス状態になります。XenServerとライセンスサーバーとの通信が再確立されると、猶予期間の残り時間はリセットされます。

ライセンスの概要 - XenServer 7.0