ISOストレージ

仮想マシンのインストールイメージなどの共有ISOライブラリを作成する場合に便利です。ISOファイル形式のCDイメージを格納するためのストレージリポジトリとして、以下の2種類のISOストレージを作成できます。

  • NFS ISO ストレージリポジトリは、NFS共有上のISOファイルとして格納されたCDイメージで使用します。
  • Windowファイル共有(SMB/CIFS) ストレージリポジトリは、Windows(SMB/CIFS)共有上のISOファイルとして格納されたCDイメージで使用します。

ISOストレージリポジトリを設定するには

  1. 新規ストレージリポジトリ ウィザードを開きます。これを行うには、ツールバーの [新規ストレージ] をクリックします。
  2. ストレージの種類として、[ISOライブラリ][Windowファイル共有(SMB/CIFS)] または [NFS ISO] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  3. [名前] ページでは、作成するストレージリポジトリの名前を入力します。デフォルトでは、選択したオプションに基づいて説明が自動生成されます。独自の説明を作成するには、[説明を自動生成する] チェックボックスをオフにして、[説明] ボックスに説明を入力します。

    [次へ] をクリックして続行します。

  4. [場所] ページでは、ISOストレージターゲットの詳細を指定します。
    • 共有名: server:/path (NFS)または \\server\sharename (SMB/CIFS)などのように共有名を入力します。ここで、server はサーバーのDNS名またはIPアドレスで、sharename または path はフォルダーやファイルの名前またはパスです。

異なるユーザー名を使用する(SMBストレージリポジトリのみ):別のユーザー名を使用してSMBサーバーに接続する場合は、このチェックボックスをオンにしてからログインユーザー名とパスワードを入力します。

NFSのバージョン (NFSストレージリポジトリのみ):ストレージリポジトリによって使用されるNFSバージョンを選択します。

注: 基礎となるストレージアレイがNFSv4をサポートしない場合、共有のマウントにはNFSv3が使用されます。

[完了] をクリックして新しいストレージリポジトリの設定を完了し、ウィザードを閉じます。

ISOストレージ