XenCenter

ソフトウェアのアップデートとアップグレードについて

XenCenterでは、[通知]ビューの[アップデート]タブで、利用可能なXenServerおよびXenCenterのアップデートとアップグレードを通知します。アップグレードとは、XenServerの次期メジャーバージョンへの更新を指します。アップグレードにより、新しい機能や技術を追加したり、サポートされなくなったリリースを置き換えたりします。アップデートとは、XenServerのメジャーバージョンを更新するものですが、次期メジャーバージョンに更新するものではありません。

XenCenterでは、デフォルトでXenServerとXenCenterのアップデートやアップグレードが自動的にチェックされ、新しいアップデートやバージョンが利用可能になるとメッセージが表示されます。これらのアップデートをすべてインストールすることをお勧めします。必要に応じて、XenServerおよびXenCenterの新しいアップデートやバージョンのリリースについて確認することができます。これを行うには、[通知] > > [アップデート] の順に選択して、[更新] をクリックします。

XenServerのアップデートの適用

XenServerのバージョンに対するアップデートは、Hotfixまたは累積更新プログラムとして提供されます。Hotfixは通常、特定の問題を解決するための修正プログラムを提供します。累積更新プログラムには、累積されたバグ修正プログラムに加えて、機能の向上や拡張が含まれることもあります。アップデートは各サーバーに簡単にインストールできます。詳しくは、「サーバーのアップデート」を参照してください。

XenServerの新しい最新リリースもアップデートとして提供されます。最新リリースをXenServerの以前の最新リリースにアップデートとして適用することができます。このアップデートにより、XenServerのより新しいバージョンに移行できます。

XenCenterのバージョンアップデート

XenCenterのアップデートは XenCenterSetup.exeファイルとして提供され、XenCenterのダウンロードマネージャを使ってダウンロードおよびインストールできます。詳しくは、「XenCenterのアップデート」を参照してください。

サーバーのXenServerのアップグレード

サーバー上で動作するXenServerをアップグレードするには、[プールのローリングアップグレード]ウィザードを使用します。このウィザードでは、実行されている仮想マシンの中断を最小限に抑えながら、リソースプール内のすべてのサーバーを順次アップグレードできます。アップグレード対象のサーバー上で実行中の仮想マシンは、自動的にほかのサーバー上に移行されます。このウィザードを使用して、スタンドアロンサーバーをアップグレードすることもできます。「サーバーのアップグレード」を参照してください。

ソフトウェアのアップデートとアップグレードについて