XenCenter

仮想マシンのシャットダウン

サーバーリソースを解放したり、仮想マシンネットワークハードウェアや仮想ディスクストレージを再構成したりするなど、さまざまな理由で仮想マシンのシャットダウンが必要になることがあります。仮想マシンのコンソールまたはXenCenterを使用して、仮想マシンをシャットダウンできます。XenCenterでは2つの方法で仮想マシンをシャットダウンできます:

  • ソフトシャットダウンでは、仮想マシンを通常の方法でシャットダウンします。実行中のプロセスは個別に停止されます。
  • 強制シャットダウンでは、仮想マシンを強制的にシャットダウンします。物理サーバーの電源プラグを抜くのと同等です。実行中のプロセスを必ずしもシャットダウンしないため、この方法で仮想マシンをシャットダウンするとデータが失われる可能性があります。ソフトシャットダウンができない場合に限り、強制シャットダウンを使用します。

HVMモードで実行中の(つまりXenServer Toolsが未インストールの)仮想マシンは、強制シャットダウンでのみシャットダウンできます。これを避けるには、すべてのHVM仮想マシンにXenServer Toolsをインストールする必要があります。

ソフトシャットダウンを実行するには

リソースペインで仮想マシンを選択して、ツールバーのAltテキスト[シャットダウン] をクリックします。

または、次のいずれかを行います:

  • リソースペインで右クリックして、[シャットダウン] を選択します。
  • [VM] メニューの [シャットダウン] を選択します。

コンソールの浮動ウィンドウから仮想マシンをシャットダウンすることもできます。Altテキストをクリックして [シャットダウン] をクリックします。

仮想マシンのコンソールに、実行中プロセスの停止と共にシャットダウンメッセージが表示されます。シャットダウンが完了すると、リソースペインでその仮想マシンの状態インジケータがAltテキストに変わります。

強制シャットダウンを実行するには

リソースペインで仮想マシンを選択して、ツールバーのAltテキスト[強制シャットダウン] をクリックします。

または、次のいずれかを行います:

  • リソースペインで右クリックして、[強制シャットダウン] を選択します。
  • [VM] メニューの [強制シャットダウン] を選択します。

コンソールの浮動ウィンドウから仮想マシンを強制シャットダウンするには、Altテキストをクリックして [強制シャットダウン] をクリックします。

シャットダウンが完了すると、リソースペインでその仮想マシンの状態インジケータがAltテキストに変わります。

仮想マシンのシャットダウン