仮想マシンの保護と回復について

重要: 仮想マシンの保護と回復機能(VMPR)は、XenServerバージョン6.2.0以降では削除されています。VMPRの機能を使用するアプリケーションやコードなどは、XenServerバージョン6.2.0以降では使用できません。ただし、仮想マシンのスナップショット機能やこれに依存するVMPR以外の機能は削除されていません。

仮想マシンの保護と回復(VMPR)機能では、重要なサービスを提供する仮想マシンを保護するためのシンプルな手段が提供されます。この機能では、定期的にスナップショットが自動作成されるように設定できます。

仮想マシンの保護と回復機能では、リソースプールレベルで保護ポリシーを作成し、特定の仮想マシンのスナップショット作成のスケジュールを定義します。このポリシーを有効にすると、指定した時刻、曜日、または週に仮想マシンのスナップショットが作成されます。また、作成されるスナップショットが、リモートのCIFSまたはNFS共有に自動的にアーカイブされるように設定することもできます。

仮想マシンの用途に応じていくつかの保護ポリシーを作成して、異なるスケジュールを定義できます。1つの仮想マシンに同時に複数の保護ポリシーを割り当てることはできません。

XenCenterには、仮想マシンの保護と回復機能を使用するためのいくつかのツールが用意されています:

  • VMPRポリシーを作成するには、[新規VM保護ポリシー] ウィザードを使用します。
  • リソースプールのVMPRポリシーを有効/無効化、変更、および削除するには、[VM保護ポリシー] ダイアログボックスを使用します。
  • 保護ポリシーを変更するには、[VM保護ポリシー] ダイアログボックスから[プロパティ]ダイアログボックスを開きます。
  • 作成済みのスナップショットから仮想マシンを回復するには、[スナップショット] タブでそのスナップショットを選択し、スナップショットへの復元を行います。
  • アーカイブ済みのスナップショットから仮想マシンを回復するには、そのスナップショットをインポートし、カスタムの仮想マシンテンプレートを作成して、そのテンプレートから仮想マシンを作成します。

仮想マシンの保護と回復について