スナップショットからの仮想マシンの回復

スナップショットから仮想マシンを回復するには

重要: 仮想マシンの保護と回復機能(VMPR)は、XenServerバージョン6.2.0以降では削除されています。VMPRの機能を使用するアプリケーションやコードなどは、XenServerバージョン6.2.0以降では使用できません。ただし、仮想マシンのスナップショット機能やこれに依存するVMPR以外の機能は削除されていません。

スケジュールで自動作成したスナップショットを使って仮想マシンを回復するには、スナップショットへの 復元 を行います。

  1. 仮想マシンを選択し、[スナップショット] タブをクリックします。
  2. デフォルトでは、スケジュールによるスナップショットが表示されません。これらが表示されるように設定するには、[表示] をクリックして [スケジュールによるスナップショット] を選択します。
  3. 復元するスナップショットを選択して、[復元] をクリックします。
  4. 仮想マシンの現在の状態を別のスナップショットとして保存するには、[現在のスナップショットを作成してから復元する]チェックボックスをオンにします。
  5. [はい] をクリックします。選択したスナップショットの状態に仮想マシンが復元されます。

アーカイブされたスナップショットから仮想マシンを回復するには

アーカイブされたスナップショットを使って仮想マシンを回復するには、以下の手順に従います:

  1. アーカイブされたスナップショットを格納しているCIFSまたはNFS共有をローカルにマウントします。
  2. [インポート] ウィザードを使用して、拡張子.xvaのファイルとしてアーカイブされているスナップショットをインポートします。詳しくは、「 XVAからのインポート 」を参照してください。これにより、カスタムの仮想マシンテンプレートが作成されます。
  3. [新規VM] ウィザードを使用して、作成された仮想マシンテンプレートから仮想マシンを作成します。詳しくは、「 新規仮想マシンの作成 」を参照してください。

    アーカイブ先のフォルダおよびファイルの名前について詳しくは、「 アーカイブの命名規則 」を参照してください。