XenCenter

仮想ディスクの削除

次の条件がすべて満たされる場合は、仮想マシンをシャットダウンせずに仮想ディスクを削除できます:

  • 仮想マシンが一時停止状態でない。
  • 仮想マシンにXenServer Toolsがインストールされている。
  • 仮想ディスクがシステムディスクではない。
  • 仮想ディスクが非アクティブ化されている。「非アクティブ化」とは「アンプラグ」と同義で、『XenServer管理者ガイド』やCLIでは「unplug」という語が使用されている場合があります。

これらのいずれかの条件が満たされない場合は、仮想マシンをシャットダウンしてから仮想ディスクを削除する必要があります。

重要:

仮想ディスクを削除すると、そのディスクは完全に削除され、保存されているデータも破棄されます。

手順:

  1. 仮想マシンの [ストレージ] タブの一覧で仮想ディスクを選択して、[非アクティブ化] をクリックし、さらに [削除] をクリックします。
  2. [OK] をクリックして削除を確定します。
仮想ディスクの削除