DRの構成

XenCenterの [障害回復の設定] ダイアログボックスを使用して、プール内のすべての仮想マシンやvAppについての設定情報であるプールメタデータの格納先ストレージリポジトリを指定します。このメタデータは、管理者がプールの仮想マシンやvAppの設定を変更するたびに更新されます。

プライマリプールで障害回復を設定するには

  1. プライマリサイトでフェイルオーバー対象のリソースプールを選択し、 [プール] メニューから [障害回復][設定] の順に選択します。
  2. プールメタデータの格納先として、最大で8つのストレージリポジトリを選択できます。これらのストレージでは、プールの回復情報を保持する新規LUN用にいくらかの容量が必要になります。

    注: XenServerの障害回復機能で使用できるストレージは、HBA上のLVMまたはiSCSI上のLVMである必要があります。

  3. [OK] をクリックします。

    重要: プールメタデータおよび仮想マシンの仮想ディスクで使用されるストレージが、実務環境(プライマリサイト)からバックアップ環境(セカンダリサイト)に複製されるまで、XenServer障害回復環境の設定は完了しません。ストレージの複製(ミラー化など)は、使用するストレージソリューションにより行われ、その方法はデバイスによって異なります。XenCenterでストレージを複製することはできません。

DRの構成

In this article