サーバーの接続状態の保存

すべての管理対象サーバーの資格情報(ユーザー名とパスワード)をXenCenterセッションの終了後も保持して、次回以降のXenCenterセッション開始時に自動的に再接続できます。この機能を有効にすると、各セッションの終了時にすべての管理対象サーバーの接続状態がXenCenterに保存され、次のセッションの開始時に接続の復元が試行されます。以前のセッションの終了時にサーバーが接続していた場合は自動的に再接続され、資格情報の入力ダイアログボックスは開きません。以前のセッションの終了時にサーバーが切断していた場合は、自動的に再接続されることはありません。

自動再接続機能が無効な場合は、XenCenterを開くたびに、各サーバーのユーザー名とパスワードを入力して管理対象サーバーに再接続する必要があります。

注: システム管理者は認証情報の保存を無効に設定することができます。そのため、この機能を使用できない場合があります。

マスターパスワードを設定すると、資格情報を保護できます。各セッションの開始時にこのマスターパスワードを入力すると、管理対象サーバーへの接続が復元されます。

自動再接続を有効または無効にするには

  1. XenCenterの [オプション] ダイアログボックスを開きます。これを行うには、 [ツール] メニューの [オプション] を選択します。
  2. [保存と復元] ページで、 [接続状態を保存してセッション開始時に復元する] チェックボックスをオンまたはオフにします。

マスターパスワードの使用

XenCenterでサーバーへの自動再接続を有効するときに、保存した管理対象サーバーの資格情報を保護するマスターパスワードを設定することもできます。XenCenterセッションを開始するときにサーバーに再接続するには、マスターパスワードの入力が必要になります。マスターパスワードの設定、変更、および無効化を行うには、XenCenterの [オプション] ダイアログボックスの [保存と復元] ページを使用します。

紛失したり忘れたりしたマスターパスワードは、復元できません。マスターパスワードがわからなくなった場合は、各サーバーに手作業で接続し、新しいマスターパスワードを設定する必要があります。

マスターパスワードを設定するには:

  1. XenCenterの [オプション] ダイアログボックスを開きます。これを行うには、 [ツール] メニューの [オプション] を選択します。
  2. [保存と復元] ページを開きます。
  3. [接続状態を保存してセッション開始時に復元する] チェックボックスがオンになっていることを確認します。
  4. [マスターパスワード] で、 [マスターパスワードを要求する] チェックボックスをオンにして、マスターパスワードを入力および確認入力し、 [OK] をクリックします。パスワードの大文字と小文字は区別されます。

マスターパスワードを変更するには:

  1. XenCenterの [オプション] ダイアログボックスを開きます。これを行うには、 [ツール] メニューの [オプション] を選択します。
  2. [保存と復元] ページを開きます。
  3. [マスターパスワード] で、 [マスターパスワードの変更] をクリックします。
  4. 現在のマスターパスワードを入力し、新しいパスワードを入力および確認入力し、 [OK] をクリックします。

マスターパスワードを削除するには:

  1. XenCenterの [オプション] ダイアログボックスを開きます。これを行うには、 [ツール] メニューの [オプション] を選択します。
  2. [保存と復元] ページを開きます。
  3. [マスターパスワード] で、 [マスターパスワードを要求する] チェックボックスをオフにします。
  4. 現在のマスタパスワードを入力および確認入力し、 [OK] をクリックします。

サーバーの接続状態の保存