NICの構成

XenServerでは、関連するネットワーク、仮想ネットワークインターフェイス、サーバーネットワーク、およびボンディング設定に基づいて、NICが必要に応じて自動的に管理されます。 [NIC] タブでは、使用可能なNICを表示したり、NICボンディングを作成したり、NICに特定の機能を割り当てたりできます。

NICをボンディングして複数の物理NICを1つのNICのように使用することによって、サーバーの耐障害性を向上させることができます。NICボンディングにより、仮想マシンとネットワークの間に単一の高性能チャネルを作成できます。以下の3つのボンディングモードがサポートされています。

アクティブ/アクティブモード
このモードにより、ボンディングされた物理NICによる仮想マシントラフィックの負荷分散が提供されます。ボンディング内の一方のNICに障害が発生した場合、ホストサーバーのネットワークトラフィックは自動的に他方のNIC経由で転送されます。
アクティブ/パッシブ(Active-Backup)モード
このモードにより、フェイルオーバー機能が提供されます。ボンディングされたNICのうち一方のみがアクティブになり、そのNICに障害が発生した場合のみ2つ目のNICが使用されます。
LACP(Link Aggregation Control Protocol)モード
このモードでは、ボンディングされたNIC間でトラフィックが分散されるアクティブ/アクティブボンディングが提供されます。Linuxブリッジ環境でのアクティブ/アクティブボンディングとは異なり、LACPボンディングではすべての種類のトラフィック負荷が分散されます。

注: XenCenterでLACPボンディングのオプションを表示したりLACPボンディングを作成したりするには、ネットワークスタックとしてvSwitchを設定する必要があります。また、IEEE 802.3ad標準をサポートするスイッチを使用する必要があります。このスイッチには、ホスト上のLACPボンディングごとに個別のLAG(リンクアグリゲーショングループ)が設定されている必要があります。LAGの作成について詳しくは、『 XenServer管理者ガイド 』を参照してください。

XenCenterを使用して個別のNICをボンディングする場合、新しいNICが作成されます。これを ボンドマスター と呼び、ボンディングを構成する各NICを NICスレーブ と呼びます。このNICボンディングをXenServerのネットワークに接続して、仮想マシンのトラフィックやサーバー管理に使用できます。XenCenterでNICボンディングを作成するには、サーバーの [NIC] タブまたは [ネットワーク] タブ(新規ネットワークウィザードで[ボンディングしたネットワーク]を選択)を使用します。

使用可能なNICの表示

サーバーの [NIC] タブでは、各NICについて次のデバイスプロパティが表示されます。

   
NIC 物理ネットワークインターフェイスカード(NIC)または内部仮想ネットワークを示します。
MAC NICのMAC(Media Access Control:メディアアクセス制御)アドレスです。
接続状態 NICの接続状態(接続または切断)です。
速度 NICのデータ転送レートです。
二重 NICの二重モード(全二重モードまたは半二重モード)です。
ベンダー、デバイス NICベンダーとデバイス名です。
PCIバスのパス パススルーデバイスのPCIバスのパスです。

XenServerホストに新しいイーサネットコントローラなどの物理インターフェイスを追加した後で、 [NIC] タブの一覧にそのNICが表示されない場合があります。この場合、 [NIC] タブの [再スキャン] をクリックします。これにより、XenServerにより新しいNICが検出されます。

新しいNICボンディングを作成するには

  1. ボンディングを構成するNIC(NICスレーブ)が使用中でないことを確認します。対象のNICスレーブを仮想ネットワークインターフェイスとして使用している仮想マシンがある場合は、それらの仮想マシンをすべてシャットダウンします。その後で仮想マシンの仮想ネットワークインターフェイスを適切なネットワークに再接続する必要があります。
  2. リソース ペインでサーバーを選択して、 [NIC] タブの [ボンディングの作成] をクリックします。
  3. ボンディングするNICを選択します。一覧で、ボンディングに追加するNICのチェックボックスをオンにします。最大で4つのNICを選択できます。ボンディングに追加しないNICのチェックボックスはオフにします。ネットワークスタックとしてvSwitchを使用する場合は、最大で4つのNICを使用してボンディングを作成できます。Linuxブリッジネットワークスタックの場合、ボンディングを構成できるNICは2つまでです。
  4. [ボンディングモード] で、ボンディングの種類を指定します。
    • トラフィックが両方のNICに均等に分散されるアクティブ/アクティブモードを指定するには、 [アクティブ/アクティブ] をクリックします。このモードでは、ボンディング内の一方のNICに障害が発生した場合、ホストサーバーのネットワークトラフィックが自動的に他方のNIC経由で転送されます。
    • トラフィックが一方のNICのみで転送されるアクティブ/パッシブモードを指定するには、 [アクティブ/パッシブ] をクリックします。このモードでは、ボンディングされたNICのうち一方のみがアクティブになり、そのNICがネットワークから切断されるなど、障害が発生した場合のみ2つ目のNICが使用されます。

    • 送信元の仮想マシンのMACアドレスに基づいてトラフィックの送信NICが選択されるLACPボンディングを作成するには、 [LACP - 送信元のMACアドレスによる負荷分散] をクリックします。同一ホスト上でいくつかの仮想マシンが動作する環境では、このオプションによるトラフィック分散を使用します。仮想インターフェイス(VIF)の数がNICよりも少ない場合、このハッシュアルゴリズムは適していません。トラフィックを複数のNICに分散できないため、適切な負荷分散は提供されません。

    • 送信元のIPアドレスとポート番号、および送信先のIPアドレスとポート番号に基づいてトラフィックがNIC間で分散されるLACPボンディングを作成するには、 [LACP - 送信元/送信先のポートとIPによる負荷分散] をクリックします。このオプションは、VIFの数がNICよりも少ない環境で仮想マシンからのトラフィック負荷を分散させる場合に適しています。

      注: LACPボンディングは、vSwitchでのみ使用できます。アクティブ/アクティブモードおよびアクティブ/パッシブモードのボンディングは、vSwitchおよびLinuxブリッジの両方で使用できます。

      XenServerでのNICボンディングのサポートについて詳しくは、『 XenServer管理者ガイド 』を参照してください。

  5. ジャンボフレームを使用する場合は、 MTU (Maximum Transmission Unit)の値を1500から9216の範囲で指定します。
  6. [新規VM] ウィザードで作成する新しい仮想マシンにこのボンディングネットワークを自動的に追加するには、[このネットワークを新規VMに自動的に追加する]チェックボックスをオンにします。
  7. [作成] をクリックします。NICボンディングが作成され、ダイアログボックスが閉じます。

新しいボンディングが作成されると、管理インターフェイスおよびセカンダリインターフェイスがボンドスレーブからボンドマスターに移動します。

ボンディング上に管理インターフェイスを持つサーバーはリソースプールに追加できないことに注意してください。プールに追加するには、サーバーの管理インターフェイスを再設定して物理NIC上に戻す必要があります。

NICボンディングの削除

サーバーのNICボンディング設定を削除する場合、次の要件に注意してください。

  • ボンディングを作成するときのように、ボンディングを削除する前に、そのボンディングを使用する仮想ネットワークインターフェイスを持つすべての仮想マシンをシャットダウンする必要があります。NICボンディングを削除した後で、これらの仮想ネットワークインターフェイスを適切なネットワークに再接続します。
  • ボンディングを削除する前に、 [管理インターフェイス] ダイアログボックスを使用して管理インターフェイスを別のNICに移動します。そうしないと、XenCenterを含めサーバーへの接続が切断されます。

ボンディングを削除するには

  1. リソース ペインでサーバーを選択して、 [NIC] タブをクリックします。
  2. [ボンディングの削除] をクリックします。

特定機能専用のNICの設定

NICにIPアドレスを割り当てて、ストレージやそのほかの種類のネットワークトラフィックなど、特定の機能専用にできます。詳しくは、「IPアドレスの設定」を参照してください。