サプリメンタルパックのインストール

サプリメンタルパックは、コントロールドメイン(Dom0)内にソフトウェアをインストールすることによっての機能を修正および拡張するために使用されます。たとえば、OEMパートナーがXenServerをSNMPエージェントのインストールが必要な管理ツールスイートと共に出荷しようとする場合、または最新のハードウェアをサポートするドライバーを提供する場合があります。ユーザーはサプリメンタルパックを最初のXenServerインストール時に、またはインストール後いつでも追加できます。また、サプリメンタルパックをXenServerのインストールリポジトリに追加して自動工場インストールを可能にするOEMパートナー用のファシリティも存在します。詳しくは、『 XenServer Supplemental Packs & the DDK Guide 』を参照してください。

XenCenterを使ってサプリメンタルパックをインストールするには

  1. サプリメンタルパック( filename.iso )をコンピューター上の把握しやすい場所にダウンロードします。サプリメンタルパックはXenServerのダウンロードページから入手できます。
  2. XenCenterで、 [ツール] メニューの [アップデートのインストール] を選択します。
  3. [はじめに] ページの注意事項を確認して、 [次へ] を選択して続行します。
  4. [アップデートの選択] ページで、 [参照] をクリックしてサプリメンタルパックを追加し、 [次へ] をクリックして続行します。
  5. [サーバーの選択] ページで、サプリメンタルパックを適用するプールまたはサーバーを選択し、 [次へ] をクリックします。 これによりサプリメンタルパックがプールのデフォルトのSRまたはサーバーにアップロードされます。

    注: プールのデフォルトのストレージリポジトリ(SR)が共有されていない、または十分な領域がない場合は、XenCenterにより十分な領域がある別の共有SRにサプリメンタルパックがアップロードされます。十分な領域がある共有SRがない場合は、各サーバーのローカルストレージにサプリメンタルパックがアップロードされます。

  6. [アップロード] ページにはアップロード状況が表示されます。SRに十分な領域がない場合は、エラーが表示されます。 [詳細] をクリックして内容を確認し、アップロードに必要な領域を解放するために必要な操作を行います。
  7. ファイルのアップロードに成功したら、XenCenterにより一連の事前チェックが実行され、サプリメンタルパックを選択したサーバーに適用できるかどうかが判断されてその結果が表示されます。アップデート事前チェックにより問題が見つかった場合は、表示される解決処置に従ってください。 [すべて解決] をクリックすると、XenCenterにより問題の解決が試行されます。
  8. [アップデートモード] を選択します。画面の説明を参照して、適切なモードを選択してください。 ここで [キャンセル] をクリックすると、アップデートのインストールウィザードが変更を元に戻してSRからサプリメンタルパックが削除されます。
  9. [アップデートのインストール] をクリックすると、インストールが開始されます。アップデートのインストールウィザードにはアップデートの進行状況が表示され、プール内の各サーバーをアップデートする間にXenCenterが実行する主な操作が表示されます。
  10. サプリメンタルパックのインストールが完了したら、 [完了] をクリックしてウィザードを終了します。 新しくインストールされたサプリメンタルパックがホストまたはプールの [一般] タブの [アップデート] に表示されます。

CLIを使ったサプリメントパックのインストールについて詳しくは、『 XenServer Supplemental Packs & the DDK Guide 』を参照してください。

サプリメンタルパックのインストール