隠しオブジェクト

ネットワーク、物理ネットワークインターフェイス、および仮想マシンは、 HideFromXenCenter=true キーをそのオブジェクトの other_config パラメーターに追加することで、XenServerで非表示にできます。たとえば、一般のユーザーが直接使用すべきでない仮想マシンがXenCenterに表示されないように設定できます。このキーを追加したオブジェクトは 隠しオブジェクト になり、XenCenterに表示されなくなります。

XenCenterで隠しオブジェクトを表示するには、 [表示] メニューで [隠しオブジェクト] を選択します。隠しオブジェクトを非表示にするには、 [表示] メニューで [隠しオブジェクト] を選択解除します。

HideFromXenCenter キーによるオブジェクトのフラグ付けについて詳しくは、『 XenServerソフトウェア開発キットガイド 』を参照してください。

隠しオブジェクト

In this article