高可用性の構成

リソースプールの高可用性を有効にするには、 [高可用性の設定] ウィザードを使用します。このウィザードでは、手順を追って高可用性を設定できます。また、使用可能なリソースと、管理者が指定する高可用性再起動優先度に基づいて、最大許容障害数が算出されます。

[高可用性の構成] ウィザードを開くには、XenCenterでリソースプールを選択して、 [高可用性] タブの [高可用性の構成] をクリックします。

または、次のいずれかを行います。

  • [プール] メニューの [高可用性] を選択します。
  • リソース ペインでプールを右クリックし、 [高可用性] を選択します。

リソースプールの高可用性を設定するには

  1. 「高可用性の要件」 に記載されている高可用性の要件が満たされていることを確認します。
  2. [高可用性の構成] ウィザードの最初のページで [次へ] をクリックします。これにより、プールのハートビートストレージリポジトリとして使用可能なiSCSI、ファイバチャネル、またはNFSの共有LUNが検出されます。適合するストレージリポジトリが見つからない場合は、適切な新しいストレージを設定するまでウィザードを続行できません。
  3. [ハートビートSR] ページで、一覧からストレージリポジトリを選択して [次へ] をクリックします。
  4. [高可用性プラン] ページで、一覧から仮想マシンを選択して、仮想マシンの起動オプションを選択します。詳しくは、「仮想マシンの再起動設定」を参照してください。 複数の仮想マシンを選択するには、選択範囲の最初の仮想マシンをクリックしてスクロールします。そして、Shiftキーを押しながら選択範囲の最後の仮想マシンをクリックします。一覧内で連続しない複数の仮想マシンを選択するには、最初の仮想マシンをクリックし、Ctrlキーを押しながら追加の仮想マシンをクリックします。

    次のオプションを設定します。

    • 高可用性再起動優先度 :各仮想マシンの再起動優先度を選択します。
      • [再起動] を選択した仮想マシンは、プール内のリソースが不足している場合を除いて再起動が保証されされます。
      • 仮想マシンの自動再起動が不可欠でない場合は、 [可能なら再起動] を選択します。
      • 仮想マシンを自動的に再起動しない場合は、 [再起動しない] を選択します。
    • 起動順序 :高可用性による回復処理での仮想マシンの起動順序を指定します。起動順序として0を指定すると、その仮想マシンが最初に起動します。次に1を指定した仮想マシンが起動し、2、3と続きます。
    • 次のVM起動までの間隔 :起動順序の値でグループ化される仮想マシンの起動間隔を指定します。たとえば、15秒を設定した場合、起動順序0の仮想マシンが起動した後、15秒後に起動順序1の仮想マシンが起動します。
  5. また、 [高可用性プラン] ページの [サーバー障害の制限] で、この高可用性プランで許可するサーバー障害数を設定することもできます。ここでは、XenServerにより算出される最大許容障害数([最大]で示される)と同じまたはより小さい値を設定します max 。 max が0の場合、プールがオーバーコミット状態であることを示します。この場合、仮想マシンの再起動優先度を変更するかプールのリソースを増やさないと、ウィザードの次のページに進めません。詳しくは、「プールの最大許容障害数を増やすには」を参照してください。設定が完了したら [次へ] をクリックします。
  6. ウィザードの最後のページで、高可用性の設定内容を確認できます。前のページに戻って設定を変更するには [戻る] をクリックします。 [完了] をクリックすると、高可用性が有効になり、ウィザードが閉じます。

高可用性の構成

In this article