リソースプールの要件

リソースプールは、同種または異種混在型のサーバーの集合で、最大サーバー数は64です。新しいリソースプールを作成したり、既存のリソースプールにサーバーを追加したりする前に、プールのすべてのサーバーが以下の要件を満たしていることを確認してください。

ハードウェア要件

XenServerのリソースプール内のすべてのサーバーが、以下の互換性のあるCPUを搭載している必要があります。

  • すべてのサーバーのすべてのCPUが、同じベンダー(IntelまたはAMD)のものである。
  • HVM仮想マシンを実行する場合は、すべてのCPUで仮想化が有効になっている。

そのほかの要件

上記のハードウェア要件に加えて、リソースプールに追加するサーバーは以下の要件を満たしている必要があります。

  • 一貫したIPアドレス(サーバー上の静的IPアドレスまたは静的DHCPリース)を保持している。これは、共有NFSまたはiSCSIストレージを提供するサーバーにも当てはまります。
  • システムの時計がプールマスターの時計と同期している(Network Time Protocolを使用している場合など)。
  • 既存のほかのリソースプールに属していない。
  • プールに追加するサーバー上に実行中または一時停止状態の仮想マシンがない。また、仮想マシンのシャットダウンやエクスポートなど、処理中の操作がない。
  • 共有ストレージが構成されていない。
  • 管理インターフェイスのボンディングが設定されていない。ボンディングが設定されている場合は、そのサーバーの管理インターフェイスを再構成して、物理NIC上に戻します。必要な場合は、サーバーをプールに追加した後で、ボンディングを再設定できます。詳しくは、「IPアドレスの設定」を参照してください。
  • 実行するXenServerのバージョンおよびパッチレベルが、プールの既存のサーバーと同じである。
  • プールの既存のサーバーと同じサプリメンタルパックがインストールされている。サプリメンタルパックは、XenServerのコントロールドメイン(dom0)にアドオンソフトウェアをインストールするときに使用されます。プールでのユーザーエクスペリエンスを一貫させるため、すべてのサーバーに同じサプリメンタルパックの同じリビジョンをインストールする必要があります。
  • プール内の既存のサーバーと同じXenServer ライセンスがある必要があります。たとえば、XenServer Enterprise Editionまたはそのほかのライセンスを持つサーバーが含まれている既存のリソースプールには、XenServer Standardライセンスを持つサーバーを追加できません。プールに追加した任意のサーバーのライセンスを変更できます。ただし、そのプールで一番低いレベルのライセンスにより、すべてのプールメンバーで使用できる機能が決定されます。ライセンスについて詳しくは、「XenServerライセンスについて」を参照してください。

同種型プール

同種型リソースプールは同一CPUのサーバーの集合です。上述のプール要件に加えて、同種型リソースプールに追加するサーバー上のCPUは、ベンダー、モデル、および機能が既にプールの既存のCPUと同じである必要があります。

異種混在型プール

XenServerでは、種類の異なるハードウェアを使って異種混在型のリソースプールを作成できるため、新しいハードウェアによる環境の拡張が簡単に行えます。異種混在型のリソースプールを作成するには、マスキングまたはレベリングと呼ばれる技術をサポートするIntel社(FlexMigration)またはAMD社(Extended Migration)のCPUが必要です。これらの機能では、CPUを実際とは異なる製造元、モデル、および機能のものとして見せかけることができます。これにより、異なる種類のCPUを搭載したホストでプールを構成しても、ライブマイグレーションがサポートされます。異種混在型プールに追加するサーバーは以下の要件を満たしている必要があります。

  • プールに追加するサーバーのCPUが、プール内の既存のサーバーと同一ベンダー(AMDまたはIntel)のものである必要があります。ただし、ファミリ、モデル、およびステッピング数などは異なっていても構いません。
  • プールに追加するホストのCPUが、Intel FlexMigrationまたはAMD Enhanced Migrationをサポートしている必要があります。

XenServerでは、異種混在型プールのサポートが簡素化されました。XenServer 6.5以前のバージョンでは、プールと機能セットが異なる新しいプールメンバーは、プールに追加する前にユーザーによってCPUをマスクする必要があります。XenServer 7.0以降、(CPUが同じベンダーファミリからのものである限り)基になるCPUの種類に関係なく、既存のリソースプールにサーバーを追加できます。プールの機能セットは、以下が行われるたびに動的に計算されます。

  • 新しいサーバーをプールに追加した場合
  • プールメンバーをプールから除外した場合
  • プールメンバーが再起動の後に再接続した場合

プールの機能セットにおける変更は、プールで実行中の仮想マシンには影響しません。実行中の仮想マシンは、開始時に適用された機能セットを引き続き使用します。この機能セットは起動時に固定され、移行、一時停止、および再開操作中も継続されます。機能の劣るサーバーがプールに追加されてプールのレベルが低下する場合、実行中の仮想マシンはプール内の新しく追加されたサーバーを除く任意のサーバーに移行できます。仮想マシンをプール内またはプール間で別のサーバーに移動または移行しようとすると、移行チェックが実行され、移行先サーバーの機能セットに対して仮想マシンの機能セットが比較されます。機能セットに互換性があることがわかった場合は、仮想マシンの移行が許可されます。これによって、仮想マシンで使用しているCPU機能に関係なく、仮想マシンをプール間で自由に移動できるようになります。ワークロードバランス(WLB)を使用して、仮想マシンを移行するのに最適な移行先サーバーを選択すると、互換性のない機能セットが使用されているサーバーは、移行先サーバーとして推奨されません。

注: プールの新しい機能セットを使用して実行中の仮想マシンを更新するには、 仮想マシンの電源をオフにしてから開始する必要があります。XenCenterで「再起動」をクリックするなどして仮想マシンを再起動しても、仮想マシンの機能セットは更新されません。

共有プールストレージ

リソースプールには、1つ以上の共有ストレージリポジトリを設定します。これはリソースプールにおける厳格な技術的要件ではありませんが、共有ストレージリポジトリを設定すると、仮想マシンの実行サーバーを動的に選択したり、サーバー間で仮想マシンを動的に移行したりすることが可能になります。

共有リポジトリを設定するまで、リソースプールを作成しないことをお勧めします。共有ストレージを追加したら、ローカルストレージ上にディスクを持つ仮想マシンを共有ストレージに移動できます。

共有ストレージリポジトリを持つサーバーがプールマスターとして動作する場合、そのリポジトリがプールの共有ストレージリポジトリになります。プールマスタに共有ストレージリポジトリがない場合は、そのリソースプールで使用される共有ストレージリポジトリを作成する必要があります。詳しくは、「新しいストレージリポジトリの作成」を参照してください。