タグの使用

リソースにタグを追加すると、それを基にリソースを分類したり検索したりできます。XenCenterで追加するタグはそのリソースに関連付けるキーワードまたはラベルであり、XenCenterでのリソース表示をアプリケーション、設置場所、コストセンター、所有者、ライフサイクルの状態など、目的に応じて分類して表示できます。

必要に応じてさまざまなタグを作成でき、数に制限はありません。タグを作成してリソースに関連付けたら、それらを指定してリソースを検索できます。たとえば、札幌支社に配置されているすべてのWindows 7テスト仮想マシンを検索できるようにタグを設定できます。

現在リソースに適用されているタグを表示する、または新しいタグを追加するには、そのリソースの [全般] タブをクリックします。

新しいタグを作成するには

  1. リソース ペインでリソースを選択して、 [全般] タブの [プロパティ] をクリックします。
  2. [プロパティ] ダイアログボックスの [全般] ページで、 [タグの編集] をクリックします。
  3. [タグの編集]ダイアログボックスの [新規タグ] ボックスにタグを入力して、 [作成] をクリックします。
  4. タグが作成され、選択したリソースに自動的に適用されます。タグの適用を解除するには、[タグの編集]ダイアログボックスでそのタグのチェックボックスをオフにします。
  5. [OK] をクリックします。
  6. [プロパティ] ダイアログボックスで [OK] をクリックして変更を適用します。

タグを削除するには

  1. ナビゲーションペインの [属性ビュー] をクリックして、 [オブジェクトのタグ] を選択します。 リソースペインにタグによってグループ化されたリソースが表示されます。
  2. 削除するタグを右クリックして、 [タグの削除] を選択します。 タグが削除され、そのタグが適用されていたすべてのリソースから、そのタグの適用が解除されます。

リソースにタグを付けるには

既存のタグをリソースに追加するには、リソースペインのタグまでリソースをドラッグします。リソースペイン内でリソースをほかのタグにドラッグしたり、 [検索] タブの検索結果をリソースペインのタグにドラッグしたりできます。

既存のタグの適用や新しいタグの作成は、 [タグの編集] ダイアログボックスからも行えます。

  1. リソース ペインで、タグを付けるプール、サーバー、ストレージリポジトリ、仮想マシン、またはテンプレートを選択して、 [全般] タブの [プロパティ] をクリックします。
  2. [プロパティ] ダイアログボックスの [全般] ページで、 [タグの編集] をクリックします。
    • 選択したリソースに新しいタグを適用するには、 [タグの編集] ダイアログボックスの [新規タグ] ボックスにタグを入力して、[作成]をクリックします。
    • 選択したリソースに既存のタグを適用するには、 [タグの編集] ダイアログボックスの一覧でそのタグのチェックボックスをオンにして [OK] をクリックします。
  3. [プロパティ] ダイアログボックスで [OK] をクリックして変更を適用します。

リソースのタグ付けを解除するには

リソースのタグ付けを解除するには、ナビゲーションペインの [属性ビュー] をクリックして、 [オブジェクトのタグ] をクリックします。リソースを右クリックして、 [オブジェクトのタグ解除] を選択します。

タグ付けの解除は、 [タグの編集] ダイアログボックスでも行えます。

  1. リソースペインで、タグ付けを解除するプール、サーバー、ストレージリポジトリ、仮想マシン、またはテンプレートを選択して、 [全般] タブの [プロパティ] をクリックします。
  2. [プロパティ] ダイアログボックスの [全般] ページで、 [タグの編集] をクリックします。
  3. [タグの編集] ダイアログボックスの一覧で、そのタグのチェックボックスをオフにして [OK] をクリックします。
  4. [プロパティ] ダイアログボックスで [OK] をクリックして変更を適用します。