SMBストレージ

SMBサーバーは一般的なWindows共有ファイルシステムのインフラストラクチャで、仮想ディスクのストレージリポジトリサブストレートとして使用できます。SMB サーバー の仮想マシンイメージは、SMBターゲット上の、シンプロビジョニングされたVHDファイルとして格納されます。SMB サーバー は共有ストレージリポジトリのため、SMB サーバー に仮想ディスクを持つ仮想マシンは、リソースプール内のどのサーバーでも起動でき、サーバー間でいつでも移行できます。

注: SMBストレージは、XenServer Enterprise Editionユーザー、またはXenApp/XenDesktop権限によりXenServerにアクセスするユーザーが使用できます。ライセンスについて詳しくは、「XenServerライセンスについて」を参照してください。

SMBストレージリポジトリを設定するには

  1. [新規ストレージリポジトリ] ウィザードを開きます。これを行うには、ツールバーの [新規ストレージ] をクリックします。
  2. 物理ストレージの種類として、 [SMB/CIFS] をクリックし、 [次へ] をクリックします。
  3. [名前] ページでは、作成するストレージリポジトリの名前を入力します。デフォルトでは、選択したオプションに基づいて説明が自動生成されます。独自の説明を作成するには、 [SR設定から説明を自動生成する] チェックボックスをオフにして、 [説明] ボックスに説明を入力します。 [次へ] をクリックして続行します。
  4. [場所] ページでは、ストレージターゲットの詳細を指定します。
    • 共有名 サーバーのIPアドレスまたはDNS名とパスです。 \\server\path 形式で共有名を入力します。ここで、 はサーバーのDNS名またはIPアドレスで、 はフォルダーやファイルの名前またはパスです。 指定したパスがプール内のすべてのサーバーにエクスポートされるようにSMBサーバーを設定する必要があります。
    • ユーザー名とパスワード (オプション) 別のユーザー名を使用してSMBサーバーに接続する場合は、ログインユーザー名とパスワードを入力します。
  5. 指定した場所に既存のSMBストレージリポジトリがあるかどうかスキャンするには、 [スキャン] をクリックします。
  6. [新規ストレージリポジトリ]ウィザードでは、未接続の既存のストレージリポジトリが一覧表示されます。ボックスの一覧でストレージリポジトリを選択し、新しいストレージリポジトリとして接続できます。 [既存のSRを再接続する] をクリックしてボックスの一覧からストレージリポジトリを選択し、 [完了] をクリックします。
  7. 既存のストレージリポジトリが見つからない場合は、 [完了] をクリックして新しいストレージリポジトリの設定を完了し、ウィザードを閉じます。

SMBストレージ