ストレージリポジトリの削除

XenCenterを使用して、ストレージリポジトリを一時的または恒久的に削除できます。

  • 接続の解除 :ストレージリポジトリの接続を解除すると、ストレージデバイスとプールまたはサーバーの間の関連付けが削除され、仮想ディスクにアクセスできなくなります。仮想ディスクの内容と、仮想ディスクにアクセスするために仮想マシンで使用されるメタ情報は保持されます。保守などのためにストレージリポジトリを一時的にオフラインにする必要があるときに 接続を解除 します。接続を解除したストレージリポジトリは後で再接続できます。詳しくは、「ストレージリポジトリの再接続」を参照してください。
  • 接続の消去 :ストレージリポジトリの接続を 消去 すると、ストレージリポジトリ上の仮想ディスクの内容は保持されますが、仮想ディスクにアクセスするために仮想マシンで使用される情報は完全に削除されます。このストレージリポジトリは、 リソース ペインからも削除されます。

    [接続の消去]操作は取り消せません。

  • 接続の破棄 :ストレージリポジトリの接続を 破棄 すると、そのストレージリポジトリの内容が完全に削除され、リソースペインにそのストレージリポジトリが表示されなくなります。

    [破棄]操作は取り消せません。ストレージリポジトリの破棄方法については、『 XenServer管理者ガイド 』を参照してください。

注: 実行中の仮想マシンの仮想ディスクを格納しているストレージリポジトリは削除できません。

ストレージリポジトリの接続を解除するには

  1. リソース ペインでストレージリポジトリを選択して、 [ストレージ] タブをクリックします。
  2. すべての仮想マシンに接続されている仮想ディスクの一覧が表示されます。
  3. 仮想マシンから仮想ディスクの接続を解除します。詳しくは、「仮想ディスクの接続解除」を参照してください。
  4. リソース ペインでストレージリポジトリを選択して、次のいずれかを行います。
    • リソース ペインで右クリックして、 [接続解除] を選択します。
    • [ストレージ] メニューの [接続解除] を選択します。
  5. [はい] をクリックして確定します。

ストレージリポジトリの接続を消去するには

iSCSIなど、一部の種類のストレージリポジトリでは、ストレージリポジトリを消去する前に接続を解除する必要があります。

重要:

ストレージリポジトリの接続の消去操作は取り消せません。そのストレージリポジトリ上の仮想ディスクを仮想マシンに接続するための情報は、完全に削除されます。

ストレージリポジトリを消去するには、以下の手順に従います。

  1. リソースペインでストレージリポジトリを選択して、次のいずれかを行います。
    • リソース ペインで右クリックして、 [接続の消去] を選択します。
    • [ストレージ] メニューの [接続の消去] を選択します。
  2. [消去する] をクリックして確定します。

ストレージリポジトリの削除