新規テンプレートの作成

XenCenterでは、次の方法でカスタムテンプレートを作成できます。

  • 既存のテンプレートをコピーする。詳しくは、「仮想マシンとテンプレートのコピー」を参照してください。
  • 既存の仮想マシンをテンプレートに変換する。
  • 仮想マシンのスナップショットを新しいテンプレートとして保存する。
  • 既存のテンプレートまたはスナップショットからXVAファイルとしてエクスポートされたテンプレートをインポートする。

既存の仮想マシンをテンプレートに変換するには

この方法でテンプレートを新規に作成する場合、仮想マシンのディスクの内容が新しいテンプレートにコピーされ、元の仮想マシンが削除されることに注意してください。また、vAppに追加されている仮想マシンは、テンプレートに変換できません。

  1. 仮想マシンをシャットダウンします。手順については、「仮想マシンのシャットダウン」を参照してください。
  2. リソース ペインで仮想マシンを右クリックして[テンプレートへの変換]を選択します。
  3. [変換] をクリックして確定します。 変換の進行状況は、[XenCenter]ウィンドウの下部のステータスバーおよび [通知] ビューの [イベント] ページに表示されます。

変換が完了すると、 リソース ペインから仮想マシンが削除され、新しいカスタムテンプレートとして表示されます。この新しいカスタムテンプレートをほかのテンプレートと同じように使用して、新しい仮想マシンを作成できます。

スナップショットのコピーを新しいテンプレートとして保存するには

  1. [スナップショット] タブでスナップショットを選択し、右クリックして [スナップショットからテンプレートを作成] を選択します。
  2. 新しいテンプレートの名前を入力して、 [OK] をクリックします。

作成されたテンプレートは、 リソース ペイン(および [新規VM] ウィザードの [テンプレート] ページ)にカスタムテンプレートとして表示されます。

XVAファイルからテンプレートをインポートするには

仮想マシンのテンプレートやスナップショットは、XVAファイルとしてエクスポートできます。XenCenterの [インポート] ウィザードでは、XVAファイルをテンプレートとしてインポートできます。このウィザードを開くには、 [ファイル] メニューの [インポート] をクリックします。ウィザードの最初のページで、インポートするテンプレートのXVAファイルを選択します。後は、XVAファイルから仮想マシンをインポートするときと同じ手順に従って操作します。詳しくは、「XVAからのインポート」を参照してください。

インポートの進行状況は、[XenCenter]ウィンドウの下部のステータスバーおよび [通知] ビューの [イベント] ページに表示されます。テンプレートのサイズ、およびXenCenterとサーバーの間のネットワーク接続の速度と帯域幅によって、インポート処理に時間がかかる場合があります。新しくインポートしたテンプレートが使用できるようになると、 リソース ペインにカスタムテンプレートとして表示されます。新しいテンプレートの設定プロパティは、エクスポート元のテンプレートの設定プロパティと同じです。設定プロパティを変更するには、テンプレートの [プロパティ] ダイアログボックスを使用します。