vAppの管理

XenServerのvAppは、関連する複数の仮想マシンを単一の管理対象として論理的にグループ化したものです。vAppに含まれる仮想マシンは同一サーバー上で動作する必要はなく、通常の規則に従ってリソースプール内で移行されます。

vAppの起動時に、そのvAppに含まれる各仮想マシンが特定の順序に基づいて起動します。このため、ほかの仮想マシンに依存する仮想マシンが常に後から起動するように設定できます。つまり、ソフトウェアのアップデート時など、システム全体の再起動が必要な場合に、管理者が依存関係を考慮しながら順番に仮想マシンを起動する必要はありません。

[vAppの管理]ダイアログボックスの使用

XenCenterの [vAppの管理] ダイアログボックスでは、リソースプール内で定義されているvAppを表示して、それらを変更、起動、停止、およびエクスポートしたり、新しいvAppを作成したりできます。一覧でvAppを選択すると、そのvAppに含まれているすべての仮想マシンがダイアログボックス右側に表示されます。

   
コントロール 機能
A 新規vApp [新規vApp] ウィザードを開きます。詳しくは、「vAppの作成」を参照してください。
A 削除 選択したvAppを削除します。vAppを削除しても、そのvAppに追加されている仮想マシンは削除されません。
A プロパティ 選択したvAppの [プロパティ] ダイアログボックスを開きます。このダイアログボックスでは、vAppの名前や説明を変更したり、仮想マシンを追加または削除したり、仮想マシンの起動順序および起動間隔を変更したりできます。詳しくは、「vAppの変更」を参照してください。
A 開始 選択したvAppのすべての仮想マシンを起動します。このとき、各仮想マシンに設定されている起動順序および起動間隔が適用されます。詳しくは、「vAppの起動とシャットダウン」を参照してください。
A シャットダウン 選択したvAppのすべての仮想マシンをシャットダウンします。詳しくは、「vAppの起動とシャットダウン」を参照してください。
A インポート [インポート] ウィザードを開いて、OVF/OVAパッケージをvAppとしてインポートします。詳しくは、「vAppのエクスポートとインポート」を参照してください。
A エクスポート [エクスポート]ウィザードを開いて、選択したvAppをOVF/OVAパッケージとしてエクスポートします。詳しくは、「vAppのエクスポートとインポート」を参照してください。

vAppの管理