仮想マシンとテンプレートのコピー

既存の仮想マシンやテンプレートをコピー(複製またはクローン)して、新しい仮想マシンを作成できます。XenCenterでは、プール内およびプール間で仮想マシンやテンプレートをコピーできます。

XenServerには、仮想マシンやテンプレートをコピーする方法として2つのメカニズムが用意されています。1つは完全コピーであり、もう1つは高速複製です。

  • 完全コピー: 仮想マシンディスクの完全なコピーが作成されます。
  • 高速複製(コピーオンライトモード): 既存の仮想マシンから新しい仮想マシンへのディスクのコピーをハードウェアレベルで行い、変更のあったブロックのみがディスクに書き込まれます。このモードは、ファイルバック仮想マシンのみをサポートしています。コピーオンライトモードはディスクのスペースを節約し、高速複製ができるように設計されていますが、通常のディスクパフォーマンスをわずかに低下させる場合があります。

仮想マシンのコピー

重要:

  • Windows仮想マシンを複製する前にWindowsユーティリティの sysprep を使用して、セキュリティID(SID)がほかのマシンのものと重複しないようにする必要があります。推奨されるシステムの準備作業をせずに仮想マシンを複製すると、SIDの重複などの問題を引き起こすことがあります。仮想マシンの複製方法および sysprep の実行方法について詳しくは、『 XenServer仮想マシンユーザーガイド 』を参照してください。
  • Windows仮想マシンを複製する場合は、『 XenServer仮想マシンユーザーガイド 』の説明に従って sysprep ユーティリティを実行します。
  • 仮想マシンが実行中の場合は、まず シャットダウン します。

プール内で仮想マシンをコピーするには

  1. リソース ペインで仮想マシンを選択して、 [VM] メニューの [VMのコピー] を選択します。
  2. [コピー先] ページで、 [プール内] を選択します。
  3. [名前とストレージ] ページで、新しい仮想マシンの名前と、任意でわかりやすい説明を入力します。
  4. コピーモードとして、 [高速複製] または [完全コピー] を選択します。
  5. コピーモードとして [完全コピー] を選択した場合は、複製される仮想ディスクの配置先ストレージリポジトリを選択します。仮想マシンをローカルドライブから共有ストレージに移動する場合は、ここで共有ストレージリポジトリを選択する必要があります。
  6. [完了] をクリックします。

別のプールに仮想マシンをコピーするには

  1. リソース ペインで仮想マシンを選択して、 [VM] メニューの [VMのコピー] を選択します。
  2. [コピー先] ページで、 [プール間] を選択し、 [次へ] をクリックします。
  3. [移行先] ボックスの一覧から、スタンドアロンサーバーまたはプールを選択します。
  4. [ホームサーバー] ボックスの一覧で仮想マシンのホームサーバーを選択して、 [次へ] をクリックします。
  5. [ストレージ] ページで、コピーした仮想マシンの仮想ディスクを配置するストレージリポジトリを選択して、 [次へ] をクリックします。
    • [すべての仮想ディスクを同一SR上に移行する] オプションがデフォルトで選択され、移行先プールのデフォルトの共有ストレージリポジトリが表示されます。
    • [仮想ディスクの移行先SRを指定する] をクリックして、 [ストレージリポジトリ] ボックスの一覧でストレージリポジトリを選択します。このオプションでは、移行する仮想マシンの仮想ディスクごとに異なるストレージリポジトリを選択できます。
  6. [ネットワーク] ページでは、選択した仮想マシンの仮想ネットワークインターフェイスを、移行先プールまたはスタンドアロンサーバーのネットワークに割り当てます。 [ターゲットネットワーク] ドロップダウンリストでオプションを指定し、 [次へ] をクリックします。
  7. 仮想マシンの仮想ディスクのライブマイグレーションで使用される移行先プールのストレージネットワークを選択して、 [次へ] をクリックします。

    注: パフォーマンス上の理由から、管理ネットワークを仮想マシンのコピーで使用しないことをお勧めします。

  8. 選択した内容を確認し、 [完了] をクリックして仮想マシンのコピーを実行します。

テンプレートのコピー

プール内でテンプレートをコピーするには

  1. リソース ペインでテンプレートを選択して、 [テンプレート] メニューの [テンプレートのコピー] を選択します。
  2. [コピー先] ページで、 [プール内] を選択します。
  3. [名前とストレージ] ページで、新しいテンプレートの名前と、任意でわかりやすい説明を入力します。
  4. コピーモードとして、 [高速複製] または [完全コピー] を選択します。
  5. コピーモードとして [完全コピー] を選択した場合は、複製される仮想ディスクの配置先ストレージリポジトリを選択します。
  6. [完了]をクリックします。

別のプールにテンプレートをコピーするには

  1. リソース ペインでテンプレートを選択して、 [テンプレート] メニューの [コピー] を選択します。
  2. [コピー先] ページで、 [プール間] を選択し、 [次へ] をクリックします。
  3. [移行先] ボックスの一覧から、スタンドアロンサーバーまたはプールを選択します。
  4. [ホームサーバー] ボックスの一覧で仮想マシンのホームサーバーを選択して、 [次へ] をクリックします。
  5. [ストレージ] ページで、コピーしたテンプレートの仮想ディスクを配置するストレージリポジトリを選択して、 [次へ] をクリックします。
    • [すべての仮想ディスクを同一SR上に移行する] オプションがデフォルトで選択され、移行先プールのデフォルトの共有ストレージリポジトリが表示されます。
    • [仮想ディスクの移行先SRを指定する] をクリックして、 [ストレージリポジトリ] ボックスの一覧でストレージリポジトリを選択します。このオプションでは、移行する仮想マシンの仮想ディスクごとに異なるストレージリポジトリを選択できます。
  6. [ネットワーク] ページでは、選択したテンプレートの仮想ネットワークインターフェイスを、移行先プールまたはスタンドアロンサーバーのネットワークに割り当てます。 [ターゲットネットワーク] ドロップダウンリストでオプションを指定し、 [次へ] をクリックします。
  7. テンプレートの仮想ディスクのコピーで使用される移行先プールまたはスタンドアロンサーバーのストレージネットワークを選択して、 [次へ] をクリックします。

    注: パフォーマンス上の理由から、管理ネットワークを仮想マシンのコピーで使用しないことをお勧めします。

  8. 選択した内容を確認し、 [完了] をクリックしてテンプレートのコピーを開始します。

仮想マシンとテンプレートのコピー