XVAとしてのエクスポート

[エクスポート] ウィザードを使用して、単一の仮想マシンをXVAファイルとしてエクスポートできます。ただし、エクスポートする仮想マシンをシャットダウンまたは一時停止状態にしておく必要があります。

注: CPUの種類が異なる別のホストからエクスポートした仮想マシンをインポートしても、正しく実行できない場合があります。たとえば、Intel VTが有効なCPUが搭載されたサーバー上で作成してエクスポートしたWindows仮想マシンは、AMD-VのCPUが搭載されたサーバーにインポートしても実行できない可能性があります。

手順

  1. エクスポートする仮想マシンを選択して、 [VM] メニューの [エクスポート] を選択します。
  2. ウィザードの最初のページで、ファイル名およびエクスポート先を指定して、 [形式] ボックスの一覧から [XVAファイル(*.xva)] を選択し、 [次へ] をクリックします。
  3. [仮想マシン] ページで、エクスポートする仮想マシンが選択されていることを確認します。XVAファイルとしてエクスポートする場合、この一覧で選択できる仮想マシンは1つのみです。 [次へ] をクリックして続行します。
  4. ウィザードの最後のページで、エクスポート内容を確認します。エクスポートしたXVAファイルを検証するには、 [完了時にエクスポートを検証する] チェックボックスをオンにします。 [完了] をクリックしてエクスポートを実行し、ウィザードを閉じます。

    仮想マシンの仮想ディスクのサイズ、ネットワーク帯域幅、およびXenCenterホストのディスクインターフェイスの性能によっては、仮想マシンのエクスポートに時間がかかる場合があります。処理の進行状況は、[XenCenter]ウィンドウの下部のステータスバーおよび [通知] ビューの [イベント] ページに表示されます。

    進行中のエクスポートをキャンセルするには、 [通知] ビューの [イベント] ページでエクスポート処理を選択し、 [キャンセル] をクリックします。

XVAとしてのエクスポート

In this article