ディスクイメージ形式(VHDとVMDK)

[インポート] ウィザードを使用すると、ディスクイメージを仮想マシンとしてリソースプールや特定のサーバー上にインポートできます。

この形式では、OVFメタデータがない仮想ディスクイメージをインポートできます。以下の状況でこのウィザードを使用します。

  • OVFメタデータを持たないディスクイメージをインポートする場合。
  • OVFパッケージで定義されていない仮想ディスクをインポートする場合。
  • OVFアプライアンスの作成をサポートしないプラットフォームから移行する場合(古いプラットフォームやイメージなど)。
  • OVF情報を持たないVMwareアプライアンスをインポートする場合。
  • OVF情報を持たない単独の仮想マシンをインポートする場合。

OVFメタデータが使用可能な場合は、単独のディスクイメージではなく、OVFメタデータを含んでいるアプライアンスパッケージをインポートすることをお勧めします。 OVFメタデータ により、ディスクイメージから仮想マシンを再構成するために必要な情報(仮想マシンに関連付けられているディスクイメージ数、プロセッサ、ストレージ、およびメモリ要件など)が提供されます。この情報がない場合、仮想マシンの再構成手順が複雑になるため、インポートエラーが発生しやすくなります。

役割ベースのアクセス制御(RBAC)が実装されたXenServer環境では、プール管理者の役割を持つユーザーだけがディスクイメージをインポートできます。RBACの役割について詳しくは、「役割ベースのアクセス制御(RBAC)の概要」を参照してください。

サポートされるディスクイメージ形式

XenCenterの [インポート] ウィザードでは、以下の形式のディスクイメージをインポートできます。

   
形式 説明
VHD(Virtual Hard Disk:仮想ハードディスク) VHDは、Microsoft社がOpen Specification Promiseに基づいて策定した一連の仮想ディスクイメージ形式です。ファイル拡張子は .vhd です。XenCenterでは動的VHD形式で仮想ディスクが作成されます。これはシンディスクとしてプロビジョニングされる仮想ディスクイメージで、使用時にのみ領域が割り当てられます。
VMDK(Virtual Machine Disk:仮想マシンディスク) VMDKは、VMware社が策定した一連の仮想ディスクイメージ形式です。ファイル拡張子は、 .vmdk です。XenCenterでは、ストリーム最適化のモノリシックフラットVMDK形式をインポートできます。ストリーム最適化のVMDKは、VMwareおよびVirtual Boxのハイパーバイザー用OVFパッケージで使用される形式です。モノリシックフラットVMDKは、VMware管理クライアントでのダウンロードで一般的に使用される仮想ディスク形式です。

オペレーティングシステムの修復機能の使用

XenCenterのオペレーティングシステムの修復機能では、XenServer以外のハイパーバイザーで作成された仮想マシンの互換性の問題を解決できます。このような仮想マシンをインポートする場合は、XenServer上で正しく起動するように、オペレーティングシステムの修復機能を使用する必要があります。

詳しくは、「仮想マシンのインポートとエクスポートについて」を参照してください。

ディスクイメージ形式(VHDとVMDK)