XVAからのインポート

XenCenterの [インポート] ウィザードでは、ローカルマシン上にXVA形式(拡張子 .xva のファイル)またはXVA Version 1形式(拡張子 ova.xml のファイルおよび関連ファイル)としてエクスポート済みの仮想マシン、テンプレート、およびスナップショットをインポートできます。

XVAファイルやova.xmlファイルからの仮想マシンのインポートでは、ホームサーバーを指定したりストレージやネットワークを設定したりするなど、実質的に [新規VM] ウィザードで新しい仮想マシンを作成する場合と同じ手順が必要になります。これらの手順については、「新規仮想マシンの作成」を参照してください。

重要: CPUの種類が異なる別のホストからエクスポートした仮想マシンをインポートしても、正しく実行できない場合があります。たとえば、Intel VTが有効なCPUが搭載されたサーバー上で作成してエクスポートしたWindows仮想マシンは、AMD-VのCPUが搭載されたサーバーにインポートしても実行できない可能性があります。

手順

  1. インポート ウィザードを開きます。これを行うには、以下のいずれかの操作を行います。
    • リソース ペインでプールまたはホストを右クリックして、 [インポート] を選択します。
    • [ファイル] メニューの [インポート] を選択します。
  2. ウィザードの最初のページで、XVAファイル(またはova.xmlファイル)を選択して [次へ] をクリックします。 [ファイル名] ボックスにURL(http、https、file、ftp)を入力した場合は、 [次へ] をクリックすると [パッケージのダウンロード] ダイアログボックスが開きます。ここでは、ファイルのダウンロード先となるXenCenterホスト上のフォルダーを指定します。
  3. [ホームサーバー] ページでは、インポートする仮想マシンのホームサーバーを指定します。
    • ホームサーバーを指定しない場合は、一覧からインポート先のリソースプールを選択して [次へ] をクリックします。
    • リソースプールの特定のサーバーをホームサーバーとして指定する場合(またはスタンドアロンサーバー上にインポートする場合)は、サーバーを選択して [次へ] をクリックします。
  4. [ストレージ] ページでは、インポートする仮想ディスクの格納先となるストレージリポジトリを選択して [次へ] をクリックします。
  5. [ネットワーク] ページでは、インポートする仮想マシンの仮想ネットワークインターフェイスを、インポート先プールのネットワークに割り当てます。このページの一覧に表示されるネットワークおよびMACアドレスは、エクスポートされた元の仮想マシンのファイル内に定義されています。仮想ネットワークインターフェイスをターゲットネットワークに割り当てるには、 [マップするネットワーク] 列のドロップダウンリストでネットワークを選択します。

    [次へ] をクリックして続行します。

  6. [インポート] ウィザードの最後のページでは、選択した設定内容を確認できます。 インポート処理が終了して仮想マシンがプロビジョニングされた後にその仮想マシンが自動的に起動するようにするには、 [インポート後にVMを起動する] チェックボックスをオンにします。
  7. [完了] をクリックしてインポートを実行し、ウィザードを閉じます。

    インポートの進行状況は、[XenCenter]ウィンドウの下部のステータスバーおよび [通知] ビューの [イベント] ページに表示されます。

    仮想マシンの仮想ディスクのサイズ、ネットワーク帯域幅、およびXenCenterホストのディスクインターフェイスの性能によっては、インポートに時間がかかる場合があります。新しくインポートした仮想マシンが利用できるようになると、 リソース ペインに表示されます。

XVAからのインポート

In this article