仮想ネットワークインターフェイスプロパティの変更

仮想ネットワークインターフェイスのプロパティを変更するには、次のいずれかを実行して[仮想インターフェイスプロパティ]ダイアログボックスを開きます。

  • 仮想マシンの [ネットワーク] タブをクリックし、仮想ネットワークインターフェイスを選択して [プロパティ] をクリックします。
  • [新規VM] ウィザードの [ネットワーク] ページで、 [プロパティ] をクリックします。

[仮想インターフェイスプロパティ]ダイアログボックスでは、ネットワークの場所、MACアドレス、およびQoS上限値(入出力優先度)を変更できます。

   
ネットワーク 仮想ネットワークインターフェイスのネットワークの場所です。
MACアドレス 仮想ネットワークインターフェイスのMACアドレスは、自動的に生成されるものを使用したり、「XY:XX:XX:XX:XX:XX」形式(Xは任意の16進数値でYは2、6、A、またはEのいずれか)で指定したりできます。
QoS制限を有効にする ネットワーク最大転送レートについて、入出力優先度のQoS(Quality of Service:サービス品質)を設定するには、このチェックボックスをオンにして、キロバイト毎秒単位で値を入力します。 メモリリソースが少ないときにこの方法で入出力を調整すると、メモリ処理が低速になり、クラッシュを防止することでシステムの安定化に役立ちます。 vSwitchコントローラが設定されたリソースプールでは、このQoSオプションを使用できません。QoSを設定するには、vSwitchコントローラを使用する必要があります。

仮想ネットワークインターフェイスプロパティの変更

In this article