ホームサーバー

ホームサーバー とは、プール内の仮想マシンにリソースを提供するサーバーを指します。仮想マシンのホームサーバーを指定すると、常にそのサーバー上での起動が試行されます。ホームサーバー上でその仮想マシンを起動できない場合は、同じプール内のほかのサーバーが自動的に選択されます。

  • [新規VM] ウィザードで仮想マシンのホームサーバーを指定するには、 [VMをこのサーバーに配置する] をクリックして、一覧からサーバーを選択します。
  • ホームサーバーを指定しない場合は、 [ホームサーバーを指定しない] をクリックします。これにより、最適なサーバー上のリソースを使用して仮想マシンが起動します。

BIOSカスタマイズ済みの仮想マシンを作成する場合、BIOS文字列のコピー元のOEMサーバーが自動的にホームサーバーとして設定されます。

仮想マシンのホームサーバーを変更するには、仮想マシンの[プロパティ]ダイアログボックスを使用します。詳しくは、「仮想マシンプロパティの変更」を参照してください。

ワークロードバランス機能(WLB)および仮想GPUに関する注意事項

以下のセクションでは、ホームサーバーの指定が有効にならない場合のシナリオを示します。

  • ワークロードバランス機能(WLB)が有効なリソースプールでは、仮想マシンの起動、再起動、再開、および移行にホームサーバーは使用されません。代わりに、XenServerリソースプールの負荷測定基準と最適化の推奨項目に基づいて、最適なサーバー上で仮想マシンが起動、再起動、再開、および移行されます。
  • 仮想マシンに仮想GPUが割り当てられている場合、ホームサーバーの指定は有効になりません。代わりに、サーバーの指定はユーザーが設定した仮想GPU配置ポリシーに基づきます。

ホームサーバー