仮想マシンの再起動

XenCenterで仮想マシンを再起動する方法には、以下の2種類があります。

  • ソフト再起動 では、仮想マシンのシャットダウンと再起動が順番に行われます。
  • 強制再起動 では、シャットダウン手順を実行せずに強制的に仮想マシンを再起動します。これは、物理サーバーの電源プラグを抜いてから電源を入れるのと同等の操作です。

重大なエラーなどが発生し、強制的にシステムを起動する場合に限り、最終手段として強制再起動を使用します。

HVMモードで実行中の(XenServer Toolsが未インストールの)仮想マシンは、強制再起動でのみ再起動できます。これを避けるには、すべてのHVM仮想マシンに XenServer Toolsをインストール する必要があります。

仮想マシンを完全に再起動するには

リソース ペインで仮想マシンを選択して、ツールバーの A 再起動] をクリックします。

または、次のいずれかを行います。

  • リソース ペインで右クリックして、 [再起動] を選択します。
  • [VM] メニューの [再起動] を選択します。

仮想マシンがシャットダウンされ、再起動されます。このプロセスが完了すると、 リソース ペインでその仮想マシンの状態インジケータが A に変わります。

強制再起動を実行するには

リソース ペインで仮想マシンを選択して、ツールバーの A 強制再起動] をクリックします。

または、次のいずれかを行います。

  • リソース ペインで右クリックして、 [強制再起動] を選択します。
  • [VM] メニューの [強制再起動] を選択します。

仮想マシンが直ちにシャットダウンされ、再起動されます。このプロセスが完了すると、 リソース ペインでその仮想マシンの状態インジケータが A に変わります。

仮想マシンの再起動